函館・道南・奥尻エリア函館・道南・奥尻エリア

函館エリアの観光スポット道南エリアの観光スポット

函館・道南・奥尻エリアの記事コンテンツはここから

【函館】明治・大正のロマンを感じさせる古民家カフェ3選

hakodate_kominnka1

函館の観光スポットが多く点在するエリア・西部地区にはたくさんの歴史的な建造物が並んでいます。函館区旧公会堂やハリストス正教会など有名な建造物も多いのですが、町並みを歩いていると古い民家が多いことに気がつきます。

その古民家の多くは市の文化財に登録されていて、外観などを建築当時のまま保っているものばかりです。そんな古い民家の落ち着いた雰囲気を感じられるようにと、古民家を再利用したカフェが函館にはたくさんあります。今回はそんなカフェの中から3つをご紹介します。
続きを読む

【函館】イカすニモカ導入記念!市電と函館バスでめぐる観光スポット

函館 市電 観光イメージ
2017年3月25日から函館の市電と函館バスにICカード「ICAS nimoca(イカすニモカ)」が導入されました。

いままでも市電が1日乗り放題の「市電1日乗車券」や、市電と函館バスが乗り放題の「1日乗車券」「2日乗車券」など、観光に便利な乗車券はありましたが、少しだけ市電やバスに乗りたいというときには割高になってしまうことも。

しかし今回の「ICAS nimoca(イカすニモカ)」導入で、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを市電・函館バスでも使えるようになりました!

今回はさらに便利に観光することができるようになった市電・函館バスで、訪ねることができる観光スポットをご紹介します。
続きを読む

函館市の隣町「七飯町」で美しい自然を楽しもう【観光・みどころ】

七飯アイキャッチ道南の有名な観光地といえば函館市ですが、函館市内の北、約15キロに位置する隣町「七飯町(ななえちょう)」はご存知ですか?

日本で初めて西洋りんごが栽培された地として、また2012年にラムサール条約に登録されたことで知られる大沼などで街の名が知られるようになりましたが、他にもまだまだ見どころが満載です。

そこで今回は道南を代表する秀峰駒ヶ岳や、放牧された牛たちの姿など北海道らしい自然や味覚を満喫できる6つのスポットをご紹介します♪
続きを読む

「ランチパスポート2017」で函館のランチを楽しもう!

ランパス

函館地区では2回目の発売となる、ランパス。ランパスとは「ランチパスポート」という名前の書籍のことで、購入者は本に載っているランチメニューを500円で食べることができるのでとってもお得!

値段は500円でも本来なら700円や800円、中には1000円以上するものも!またお店によってはランチ以外もOKというところもあるので、要チェックです。

なお、ランパスは1冊980円(税抜)。1店につき3回まで使え、有効期限は発売日から3ヶ月間です。そのお得感から、発売初日にはもう売り切れの書店が続出。

そんな大人気のランチパスポート北海道・函館2017。掲載店舗80店の中から5店をピックアップしてお届けします。
続きを読む

名産のカキに新幹線ビュースポット!知内町(しりうちちょう)に行ってみよう

知内アイキャッチ

東京から新幹線で約4時間、青函トンネルを抜けて北海道に上陸すると最初に現れるのが知内町(しりうちちょう)です。

道内最南端の新幹線停車駅「JR木古内駅」から車で15分程の知内は、東側に津軽海峡を臨み、三方を山岳に囲まれた自然豊かな町。そんな知内の名産は「カキ」と「ニラ」です。

その美味しさを広めようと2016年1月にオープンしたのが「かき小屋知内番屋」。津軽海峡で育った肉厚のカキや味も品質も全道一のニラを使った様々な料理を堪能頂けます。

また北海道新幹線の開業に伴い、2016年11月に新設された「新幹線展望塔」も併せてご紹介。新幹線の開業から一年が経ち、ますます活気づく知内町の最新スポット情報をお届けします。
続きを読む

3/25公開!映画「PとJK」の函館ロケ地を解説します!

PとJK青柳町電停
2017年3月25日に公開した映画「PとJK」。この映画は累計230万部を突破した人気少女漫画の実写化で、警察官と女子高生が送る結婚生活を描いたピュアなラブストーリーです。

実はその「PとJK」が撮影されたほとんどのシーンは、北海道函館市でのロケだったということをご存知でしたか?しかも、函館の綺麗な街や異国情緒溢れる洋風な建物など、どのシーンでもこの街の良さを最大限に引き出してくれています。

そこで今回は、「PとJK」の中でも印象的なロケ地を6か所に厳選してお届け!映画をまだ見ていない人も、まずはロケ地をチェックしてストーリーだけでなく細かい部分まで映画を楽しめるように予習しましょう☆

続きを読む

函館市内から函館空港へのアクセスマニュアル

函館空港

2017年2月19日、函館空港と成田空港の間にLCCのバニラエアが就航し、さらに東京からのアクセスがよくなった函館。そんな飛行機での旅で必ず立ち寄るのが函館空港です。

函館空港は函館市内にあるのですが、多くの旅人が目的地としている観光スポットからは少し離れたところにあります。

函館に着いた時には空港発のシャトルバスやタクシーを利用するので、あまり距離などは気にならないと思うのですが、帰りは自力で空港まで行かなくてはいけませんよね。

そこで今回は函館空港までのアクセス方法と所要時間、料金などをスポット別にご紹介します!
続きを読む

函館初のLCCバニラエア!その魅力とポイントとは?

バニラエア画像提供:バニラエア

料金の安さから世界的に話題になっているLCC。LCCとはLow cost carrierの略で、格安航空会社と訳されます。国際便だけではなく、国内便でもすでに運航しているLCCですが、2017年2月19日、ついに函館空港にも就航しました。

函館初となるLCCはバニラエア。LCCの魅力は何といっても運賃の安さ。電車でちょっと郊外へ行くような金額で首都圏から北海道の函館市へと、しかも1時間40分ほどで行くことがきるんです。そんなバニラエアについて、函館空港就航便を解説していきます。

続きを読む

函館の新名所「キラリス函館」で、函館の魅力を再発見しよう!

キラリスアイキャッチ

2016年にオープンしたキラリス函館。市電函館駅から徒歩1分、JR函館駅からも徒歩3分という好立地に立つ大型の複合施設が、函館の新たなランドマークとして注目されています。

地上16階建てのビルには、観光に便利なお土産ショップや飲食店のほか、函館市が運営する体験型の公益施設も併設されていて、地元民、観光客を問わず子供から大人まで楽しめる工夫がいっぱい。

そこで今回は、函館の新たなランドマーク、キラリス函館について詳しくご紹介。話題のお店から最先端の科学を駆使して函館を体験できる施設まで、函館観光の思い出になる新名所をご案内します。
続きを読む

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.