氷と太陽の魔法【冬の釧路川】ダイヤモンドダストカヌーの魅力とは?

Tags:

公開日:2015/1/22

Pocket

ダイヤモンドダストカヌーメインイメージダイヤモンドダストを観たことがある人?と、お聞きして、我こそはと手を挙げた人は本当に珍しいのではないでしょうか?まずは皆さんの想像力との勝負になりますね。

ダイヤモンドダストがキラキラと輝く中、真冬に北海道でカヌーを楽しむ。そんな聞いただけではありえないような、そんな体験をご紹介いたします。きっと行きたくなくこと、間違いなしです!

1.釧路川で楽しむカヌーの基本情報

釧路川カヌーのエリアについて

釧路川でカヌーを体験する場合、主に2地点に分けられます。

ひとつは、釧路川の上流の湖、屈斜路湖(くっしゃろこ)から始まる釧路川・源流エリア、もうひとつは、ラムサール条約登録の日本最大の湿地を下る釧路湿原エリア。

前者は、両岸を原生林に囲まれた細い川を下る神秘さとスリリングさ、後者は、人が入ることができない釧路湿原をカヌーだから入れる貴重さや野生動物との出会いを楽しむことができ、両者それぞれの魅力があります。

釧路川カヌーのシーズンについて

釧路川カヌーのシーズンは大きく分けて2つ、4月~11月頃のグリーンシーズン、12月~3月頃のウインターシーズンに分かれます。

4~11月頃は時期により変わる木々や植物、鳥や野生動物などの豊かな自然を楽しめ、12~3月頃は厳寒の釧路川ならではの冬の幻想的な世界を体験することができる、それぞれの魅力があります。

その中で今回は、屈斜路湖から始まる釧路川・源流エリアを起点とする、厳寒の「ダイヤモンドダストカヌー」の体験の様子をご紹介いたします。

2.冬の釧路川、ダイヤモンドダストカヌー

ダイヤモンドダストとは?

diamonddust-and-sun-and-blueskyマイナス10℃以下になると空気中の水分が凍りだします。

往々にして朝晩になるのですが朝陽などの光が差し込むとき、その空気中の氷の結晶の粒に光が当たりキラキラ煌きます。まるで自分を取り囲むものすべてが輝いているような錯覚すら覚えます。

とくに太平洋側の十勝や釧路地方などは晴天が多いので毎日のようにこの現象に出会うことができます。寒い日にくれる氷と太陽の魔法の世界です。

『氷点下の夢と魔法の王国』をさらに実感するには。

diamonddust-and-tree大自然の魔法の中でも出逢う確率の高いダイヤモンドダストですが、その魔法をさらに高める自然の神秘、それが、木々にまとわりつく凍った蒸気の結晶、霧氷です。

川沿いには霧氷が連なり、霧氷並木を創っています。さらに川面は朝日を浴びてキラキラ輝きます。そう、空気中だけではなく、横眼にも足元も「キラキラ」の中に入っていけるフロートがダイヤモンドダストカヌーなのです。

と言っても、キーンと冷えた朝に長くカヌーなどはとてもできませんので要領よく体験できる場所。それが屈斜路湖からしばらくの釧路川となります。

屈斜路湖

diamonddust-kanue-setting
from-kanue-viewスターとは湖から。でもこの湖も川口を除きほとんどの部分が結氷状態で、アイスフロートになります。湖上の氷にちょっと挨拶をしてから下ることになります。

この時、運が良ければ薄い氷面にこそ実は美しいフロストフラワーが咲きます。阿寒湖でもなかなかいくに行けない氷面の端。絶好のポイントにあっさりチャレンジするところからスタートです。
フロストフラワーのアップ画像※フロストフラワーとは、厳寒の冬の朝に湖の氷の上に水蒸気が造りだす、華のように見える氷の結晶。くわしくは こちら の記事を合わせてご覧ください。

湖から滑り出す

artistic-ice-kushiro-river釧路川に入ると河岸にも氷の魔法が様々なアート展を催してくれます。まさかの氷アート。いよいよ目線にあるすべてがきらめいていることに気が付きます。ちゃぷんちゃぷんという風と波のいたずらがこれほどのものを創るとは。。感動的です。

いよいよダイヤモンドダストの真ん中に

diamonddust-kanue-image3ほどなく森や木々に太陽が見え隠れし出すと、その進みに合わせて光が射した瞬間にダイヤモンドダストがキラキラ、キラキラと輝き出します。

木漏れ日のトリックがダイヤモンドダストをより一層引き立たせます。そのたびに水面もキラキラ、キラキラと輝き出し、周りの霧氷もそのリズムに合わせるようにキラキラと。

水面を滑るカヌーの中で、ジンジンと冷え込む寒さも忘れて、光り輝く世界に、ただただ心を打たれます。

釧路川源流下ること50分

diamonddust-kanue-image2そろそろ底冷えがしんしんと伝わってくる頃には、ダイヤモンドダストなんてもう飽きたわ、と思いかけてくる、その一方で、これを当たり前のように捉えている自分のすごいことにもしみじみ気づいてくる。このカヌーのツアーがまるで輝き過ぎて何不自由なく生きて来た時間のようでとても愛おしくも思えてくる。

光輝く時間を過ごせたことに感謝。この大自然に対して畏敬以外の言葉は見つからない。

diamonddust-kanue-image1

rebirth バナー

3.釧路川カヌーを楽しむ注意点

服装について

服装は春~秋シーズンと冬シーズンでは大きく異なります。

春~秋シーズンは動きやすく乾きやすい服装+寒くない程度の防寒着であればOKです。雨が降る場合はショップによって雨具を用意するところもありますので、確認してください。

また、冬シーズンは十分に温かい服装を用意し、服の上に着るドライスーツ(川に落ちても濡れない強力なウェットスーツ)が用意されますので、それを着て実施、となります。

なお、春~秋、冬のいずれのシーズンも、カヌーから落ちるということはまずありません(暴れない限り)。

kushiro-shitugen-fall

時間・費用について

費用は時間によって異なりますが、60分~2時間程度のツアーで、6,000~12,000円程度のものが多いです。但し1名で参加する場合は割増料金がかかる場合が多いです。

また、カヌーにトレッキング・自然観察や昼食などが加わった、半日や1日ツアーなどのツアーもあります。各実施会社を比較して、自分の希望・目的にあったツアーを見つけましょう!

AIR DOでいくひがし北海道ツアー

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
冬のダイヤモンドダストカヌーのお問い合わせは
ツーリズムてしかが TEL:015-483-2101
http://www.tourism-teshikaga.co.jp/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.