観光情報詳細

  1. 北海道観光情報
  2. 富良野エリア

世界的に知られる青く輝く神秘の池

美瑛青い池Blue pond in Biei

おすすめ度
★★★★★

ベストシーズン:

美瑛青い池

美瑛青い池とは

丘陵地帯が広がる美瑛町には、十勝岳連峰を背景に山の恵みを受けて誕生した神秘的な場所が多く存在し、「美瑛青い池」もその一つ。
1988年の十勝岳噴火後、火山砂防工事のため堰(えん)堤を建設し、そこに川の水が溜まって偶然誕生したのがこの池のはじまり。
当初は立ち入りが禁止され、隠れた存在だったが、2010年に立ち入りが可能となってから瞬く間にその美しさがクチコミで広がり、今では多くの観光客が訪れる人気スポットになっている。

青い池の水が青い理由は、近くの温泉からアルミニウムを含んだ水が流れ込み、それが空の青色をまんべんなく反射、温泉成分に含まれる硫黄や石灰成分などが川底の石や砂を白くし、水の青さを一層引き立てているとされている。

数年前に世界的なパソコンメーカーの製品で壁紙として採用されたため、青い池の知名度は日本だけでなく世界に知れわたり、国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪れるようになった。
夏のハイシーズンは混み合うことが多く、付近の駐車場も収容台数が少ないため、時間的な余裕は取っておきたい。
見学可能期間は、雪解けの春から11月頃の積雪前までで、冬季は閉鎖される。

青い池の周囲には観光スポットが多く、コバルトブルーの澄んだ水がしぶきを上げる「白ひげの滝」や、爽快なドライブが楽しめる「白樺街道」、十勝岳の大パノラマを見ることができる「十勝岳展望台」などがある。
また、大自然に抱かれた「白金温泉」があり、宿泊や日帰り入浴が可能。

アクセス

青い池へはJR「旭川駅」から白金温泉行きのバスを利用、「白金青い池入口」で下車(旭川から約1時間10分)し、バス停から徒歩5分程度。

美瑛青い池の詳細データ

スポット名 美瑛青い池
住所 〒071-0235
北海道上川郡美瑛町白金
定休日 冬季
電話 0166-92-4321
価格 0円

富良野エリア一覧に戻る

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.