食べるの記事コンテンツはここから

六花亭の個性的なお菓子を愛でよう。

六花亭
六花亭と言えばマルセイバターサンドとストロベリーチョコホワイトが有名ですが、その2つ以外にも「六花亭らしい」個性的なお菓子がたくさん。

思わず手に取ってしまう可愛い見た目や、ほっこりするようなネーミングの数々。

今回は、六花亭の個性的でかわいいお菓子をただただ愛でていきたいと思います。

<もくじ>
1.六花亭のかわいいお菓子たち
1-1.十勝六花
1-2.□△〇
1-3.うんとこせーどっこいしょ
1-4.いつものアレ
1-5.六花の森
1-6.ひとつ鍋
1-7.べこ餅
1-8.おかげさま
2.六花亭札幌本店
3.おわりに

1.六花亭のかわいいお菓子たち

六花亭札幌本店ではお菓子を1個単位で買えるので、いろんな種類を買ってみましたよ。

1-1.十勝六花

十勝六花パッケージ
十勝六花は六花亭創業85周年を記念して作られたお菓子。外装は六花亭のアイコンとも言える北海道の山野草のイラストがパステルカラーで描かれています。
十勝六花
なかはサクサクのパイ。粒砂糖の甘みとパイの香ばしさがマッチ!

1-2.□△〇

□△〇
「□△〇」ですが読み方は「まるさんかくしかく」。こちらもおなじみの山野草パターンがベースになっており、その上に潔く書かれた「□△〇」がおしゃれですね。

□=ピンク=苺クランチチョコ、△=ベージュ=くるみ、〇=グリーン=抹茶のクッキーが入っています。

1-3.うんとこせーどっこいしょ

うんとこせーどっこいしょ
六花亭の個性が光るネーミングの逸品。どんな思いが込められているのか想像するのも楽しいですね。
うんとこせーどっこいしょ
もちもちした生地の上部には「六花」の焼印。中は意外にもブルーベリーのフィリング。
うんとこせーどっこいしょを食べた同僚が「一番おいしいの選んじゃったかも!」との事。

1-4.いつものアレ

いつものアレ
こちらもネーミングセンスが光る逸品。
いつものアレ
チョコガナッシュを挟んだバターケーキをパイ生地で包んだお菓子。洋菓子ってちょっと特別な感じがしますよね。おやつが「いつものアレ」だったらテンションあがるな~。

1-5.六花の森

六花の森
六花の森は、北海道の山野草をモチーフにしたチョコレート詰め合わせ。
六花の森
ブローチにしたい位かわいいチョコ!味もホワイト・パッションフルーツ・ストロベリーの3つあって、ポイっと食べられる手軽さがgoodです。

1-6.ひとつ鍋

ひとつ鍋
むかしに読まれた俳句から名づけられた、なんとも渋い逸品です。店頭では鍋がいっぱい並んでいてかわいかったですよ。
ひとつ鍋
鍋の中にはあんこと餅。私は小倉あんを選びましたが、他にこしあんと白あんもあります。

1-7.べこ餅

べこ餅
白と黒と言えば牛だよね!って事で牛=べこ餅。名前のまま・見たままほんのりした甘みが特徴のお餅です。
べこ餅
噛むごとに黒糖の風味がます、味わい深い和菓子。ここはあえて温かい麦茶と合わせてみるのがいいかも。

1-8.おかげさま

おかげさま
パリッとした最中の間にナッツのジャンドゥーヤ(ナッツ味のチョコって感じです)を挟んだお菓子。
おかげさま
濃厚なジャンドゥーヤと最中の歯ざわりが楽しいです♪

2.六花亭札幌本店

今回お菓子を買ったのは六花亭札幌本店。札幌駅からは歩いて5分ほど。近代的なビルだなーと思ったら六花亭でした。
六花亭札幌本店
冒頭でも述べたように六花亭のお菓子を1つずつ買えるほか、喫茶室や限定のスイーツなんかも販売していますよ。
六花亭札幌本店
直営店ならではのグッズも充実です。

札幌市中央区北4条西6丁目3-3
六花亭札幌本店 TEL:011-261-6666
1階 店舗  営業時間 10:00~19:00
2階 喫茶室 営業時間 10:30~18:00

3.おわりに

いかがでしたでしょうか?バターサンド以外にも個性がひかるお菓子たくさんあります。
1種類ごと箱買いするのは大変ですが、直営店なら個買いもできちゃうのでいろいろ試すことができますよ。
とは言っても、あれこれ見ているうちにかごいっぱいになってしまう事間違い無し!

釧路倶楽部|釧路リバーサイドの景観が楽しめるカフェレストラン

釧路倶楽部 釧路川 夜景

夏季の平均気温が20度ほどの北海道、釧路。
夏は涼しく、冬は比較的雪が少ない釧路では、長期滞在者数が7年連続で北海道1位になっております。

今回は、そんな長期滞在の方の交流の場としても人気の高いカフェレストラン、釧路倶楽部にお邪魔しました。

グルメに加え、釧路の夕日、夕焼け、ロマンチックな夜景も楽しめるお店です。
それではご紹介してまいりましょう。
続きを読む

グルメのお供に♪北海道で飲みたい日本酒7選

NHKの連続テレビ小説で一躍有名になった余市「ニッカウヰスキー」をはじめ、全国的に知られるメーカー「サッポロビール」。

北海道のお酒というと洋酒のイメージが強いかもしれません。

で・す・が、最近米どころとしても名高い北海道には、美味しい日本酒もたくさんあるんですよ。

そこで今回はお土産にオススメな日本酒を7つピックアップ。
併せて、それぞれの酒造の特徴についてもご紹介します。
続きを読む

新千歳空港でしか食べられない!空港限定のテイクアウトスイーツ5選

新千歳空港限定スイーツ5選

”限定”という言葉に妙に弱いのは人間の性。

北海道限定は数あれど今回は【新千歳空港限定】さらに【テイクアウトスイーツ】に絞って調べてきました。

北海道限定・新千歳空港限定の”お土産”ってのは種類豊富にあるんですが、「テイクアウト専用」だから持ち運びが難しい=新千歳空港にいたからこそ食べられるスイーツ!

旅の思い出にひとつお試しになってはいかがでしょうか?
続きを読む

一足早い秋を楽しむ!層雲峡の魅力をご紹介

日本で一番早く秋がやってくる、大雪山。
層雲峡はそんな大雪山国立公園にある峡谷です。

起伏に富んでいる地形にたくさんの木々がはえ、ほかの地域に先立って美しい紅葉が堪能できます。

また国内だけでなく、海外からもたくさんの観光客がやってくる温泉地でもあるんですよ。

今回はそんな層雲峡の紅葉スポットをはじめ、特徴や魅力を一挙にご紹介します!
続きを読む

純国産ワインをとことん味わう!おたるワインギャラリー

おたるワイン北海道小樽市に本社を置く、北海道ワイン。

創業以来、国産ぶどうにこだわってワインを作り続け、今なお多くの人に愛されています。

そんな北海道ワインの歴史を知り、ワインの奥深さを存分に味わえるスポットが「おたるワインギャラリー」。

今回は小樽市郊外に位置する「おたるワインギャラリー」をじっさいに訪問し、醸造所内の見学ツアーに参加してきました!
続きを読む

釧路の新スポット!釧之助本店の魅力と楽しみ方をご紹介

釧之助 本店全国屈指の水揚げ量を誇る北海道、釧路。旬の魚介類が1年を通して水揚げされています。

そんな港町の釧路に2018年夏、魚に特化した新たな観光スポット「釧之助(せんのすけ)本店」が誕生しました!

販売コーナーだけでなく、新鮮な魚を味わうことができるレストランや水族館なども併設された、巨大複合店になっています。

それでは、早速ご紹介していきましょう。
続きを読む

地域の魅力が盛りだくさん♪道の駅あっさぶ!

道の駅あっさぶ外観北海道南西部にある厚沢部町は、農林業を主幹とする人口約4,000人の自然豊かな町。

そんな町の道の駅「あっさぶ」は町の主要道路、国道227号線沿いに立地。地元のヒノキアスナロ(ヒバ)材を使って建築されており、木のぬくもりが感じられます。

館内は広い休憩スペースも用意されており、イートインコーナーも充実。たまに音楽ライブなどのイベントが開催されることもあるんですよ。
続きを読む

最高に気持ちいい!道東ツーリング・ベストスポット&ルート10選

道東 ツーリングライダーの中で「最も北海道らしい場所」と言われている道東エリア。

世界自然遺産の知床の雄大な大自然、ライダーの聖地と呼ばれる360度の大展望が魅力の開陽台、世界一透明度が高いとされるカルデラ湖の摩周湖など、道東エリアはまさに北海道でしか味わえない、北海道らしいスポットの宝庫なんです。

道東エリアは広く、各スポットごとの距離が離れていますが、それでこそバイクの機動力の出番!

走っても楽しい、見ても楽しい、歩いても楽しい、そんな最高に気持ちいい道東エリアのツーリングスポット・ルートを紹介していきます。
続きを読む

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.