知るの記事コンテンツはここから

北海道に春を呼ぶ!!魅惑の山菜6選

春の味覚といえば、山菜。

フキノトウやタラの芽といった本州でもお馴染みの山菜に、行者ニンニクや笹だけといった北海道ならではの山菜までその数は実にたくさん。

今回は北海道で採れる春の山菜とおすすめの食べ方を、ご紹介します。
続きを読む

北海道と本州を結ぶフェリー航路(小樽・函館・室蘭編)

北海道 白鳥橋Photo by Wikipedia : Hakucho Bridge / Hiroshi Nakai
北海道の中でも、特に人気観光エリアである小樽や函館。

今回はそんな小樽・函館まで、フェリーで北海道へ来るという方法をまとめました。

港町函館や小樽にはフェリーターミナルもあって、本州の各地を結ぶ定期便も就航しているんです。

さっそく小樽港・函館港と本州を結ぶフェリー、さらに室蘭港に就航するフェリーをご紹介します。
続きを読む

札幌の新しい観光ツール【あいのりタクシー】が便利&お得!(PR)

さっぽろ観光 あいのりタクシー

冬の北海道旅行で心配ごとと言えば”雪”!

北海道の冬らしい風景がたのしめる反面、足元は滑るし、冷えてジンジンしてくるし、観光するのがちょっと億劫になるってのも正直なところ。

そこで生まれた
「さっぽろ観光 あいのりタクシー」

1日ひとり¥3,000でタクシーが1日乗り放題になるという代物。
今回は、この「さっぽろ観光 あいのりタクシー」の魅力を紹介しますね!

続きを読む

北海道と本州を結ぶフェリー航路(苫小牧編)

フェリー さんふらわあ飛行機を使えば、本州のどこからも短時間で訪れることができる北海道ですが、たまにはゆっくり船の旅というのはいかがでしょうか?

豪華な船室や、充実した設備。時間を感じさせないほど、楽しい船旅を楽しむことができますよ。

今回は、北海道で本州の各地から定期便が出ている苫小牧港行のフェリーをご紹介します。

※1~4は苫小牧西港発着、5~7は苫小牧東港発着のフェリーとなります。
続きを読む

大雪山の麓で湯巡りを!層雲峡温泉の魅力

層雲峡温泉 紅葉
北海道の中央部にそびえる大雪山連邦。

そのふもとにある層雲峡温泉は、大雪山を訪れる登山者や観光客の旅の拠点として、年間約200万人もの人が訪れる温泉地です。

温泉街は、カナダの山岳リゾートをモチーフにした欧米風の「キャニオンモール」として整備され、北海道の他の温泉地とは違った雰囲気。

今回は、そんな層雲峡温泉にスポットを当て、温泉のなりたちや歴史、層雲峡温泉の特徴など、その魅力をたっぷりとご紹介します。

続きを読む

釧路湿原の展望台・展望スポットのまとめ

釧路湿原 展望台 緑の中の沼
釧路川と湿原を取り囲む丘陵地からなる、日本最大の湿原「釧路湿原」。

特別天然記念物のタンチョウやキタサンショウウオなど、希少な動植物が数多く生息しています。
     
釧路湿原はアフリカのサバンナのような手付かずの自然を堪能できる、釧路の代表的な観光スポット。

今回は、湿原を間近に感じることができる展望台、遊歩道をご紹介していきます。

続きを読む

ダムファン必見!北海道の特色あるダム 8選

豊平峡ダム工場夜景をはじめダムなどの、インフラ設備や公共施設を見学するインフラツーリズム。

中でもダムは、ダムカードというカード型パンフレットの影響もあり、今新たな観光スポットとして話題を呼んでるんです。

今回は北海道のオススメダム8つを、その特徴を共にご紹介していきます!
続きを読む

函館の歴史を感じる♪観光エリアにある日本最初&最古

日本初&最古アイキャッチ幕末期、ほかの都市に先駆けて横浜・神戸などと共に開港を果たした函館。

函館観光の目的として、異国情緒を感じる町並みを楽しみにしている方も多いと思いますが、そんな町並みの中にも日本最初や日本最古のものが点在しているんです。

今回は、函館の観光スポットの近くにある日本最初と日本最古のものをご紹介します!

歴史を知ってからめぐる観光スポットは、より魅力的に感じられることでしょう。
続きを読む

大楽毛?咲来?比布?読めそうで読めない北海道の難読地名

北海道の難読地名
北海道の地名って濁音(ex.ば)や半濁音(ex.ぱ)が多いイメージ。漢字の読み方もちょっと変わっているんですよね。
というのも、北海道の地名の80%以上がアイヌ語がベースにあって、アイヌ地名の「音」に「漢字」を当てたからなんです。

例えば、皆さんご存じの「札幌」も由来はアイヌ語の「サッポロペツ」。
それぞれの音節に意味があり、サッ=乾いた、ポロ=大きい、ペッ=川⇒「乾いた大きい川」という具合。
何百年も前の札幌周辺は大きな川があって干上がっている事がおおかったのかな~なんて街ができる前の景色が思い浮かべられるのもおもしろい!

数ある北海道の地名の中から、今回は2018年5月現在存在する北海道の市区町村名と駅名に絞って、ひと筋縄ではいかない北海道の難読地名をご紹介したいと思います。

続きを読む

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.