MENU
SEARCH
× 函館ツアーSUPERセール開催中!
対象出発期間:7月3日~9月30日
セール会場へ
  1. 北海道観光情報
  2. ニセコエリア

雄大な北海道を実感できる国際リゾート

ニセコNiseko

おすすめ度
★★★★

ベストシーズン:

ニセコ

ニセコとは

北海道を代表するリゾート地・ニセコは、ヨーロッパを彷彿とさせる雄大な山々と、年間を通して楽しめる充実したアクティビティ、そして湯量豊富な温泉地として国内外から多くの観光客が訪れる。
春から夏にかけては、畑のグリーンと標高1893mの「羊蹄山」の山頂に残る雪とのコントラスト、冬はパウダースノーを満喫できるスノーリゾートとして楽しめる。

「ニセコ」とは、北海道の原住民であるアイヌ語から名づけられたもので、「切り立った崖」という意味がある。
また、「ヌプリ」はアイヌ語で「山」という意味があり、スキー場がある「ニセコアンヌプリ」という山は、「切り立った崖がある山」を意味している。
ニセコは北海道の西側にあり、内陸にあることから寒暖の差が大きい地域。
年間の平均気温は摂氏6.3度で、冬季の最深積雪は200cmに達することがある。

ニセコの楽しみ方

ニセコがとくに賑わうのは、エリア内にある数々のスキー場がオープンする冬の時期。
ニセコは水気の少ないパウダースノーの地として知られ、スキーリゾートとしての規模も大きいことから、スイスのサンモリッツに例えて「東洋のサンモリッツ」と呼ばれている。
数あるスキー場の中でも「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」が最大級の規模を誇り、海外からも多くのスキーヤーが訪れる。

冬シーズン以外にもアクティビティは豊富で、夏はハイキング・トレッキングや湖沼めぐり、ゴルフや渓流下り、乗馬、サイクリングなどが楽しめ、秋は紅葉の中で温泉を満喫することができる。
また、日本を代表する作家・有島武郎の人生や作品を展示した「有島記念館」などがあり、観光素材には事欠かない。
北海道の澄んだ空気の中で、夜には満天の星を見るスターウォッチングも盛ん。

食の魅力も豊富にあり、北海道名物のジンギスカンや寿司、カニ料理などが味わえ、ジャガイモやアスパラ、トマト、かぼちゃなど、地元で採れた新鮮な野菜を味わうことができる。

宿泊施設は、気軽に泊れるコテージやB&B、個性的なペンション、ゆったりとくつろげる旅館やホテルが多彩にあり、ニーズに合わせてさまざまな宿泊施設から選ぶことができる。
ニセコには15の温泉地があり、それぞれ異なる表情の温泉を楽しむことができる。

アクセス

最寄りの空港は国際線も発着する新千歳空港。
空港からは、JR(鉄道)に乗り小樽経由で行くことができるが、小樽とニセコは本数が少なく、3時間以上かかる。
バスを利用する場合も空港から所要時間は約3時間だが、乗り換えなしで行くことができる。

ニセコの詳細データ

スポット名 ニセコ
住所 〒048-1502
北海道虻田郡ニセコ町本通85(ニセコリゾート観光協会)
電話 0136-43-2051
FAX 0136-43-2052
所要時間

ニセコエリア一覧に戻る