流氷明けの春!カニ!シバザクラ!オホーツク・知床エリアの見どころ

アイキャッチ

長い冬の終わりを告げるのは、流氷。
流氷の姿が見えなくなり、氷に覆われていたオホーツク海が姿を現すと、オホーツク・知床エリアに春が訪れます。

流氷明けの早春、このエリアは自然の恵みたっぷりのグルメに、この時期ならではのイベントと見どころがたくさん。
また、5月になると春らしくなり、美しい春の景色を楽しむことができます。

オホーツク・知床エリアは春といってもまだまだ気温が低い日が多いので、たっぷり楽しむなら、アウトドアとインドアで楽しめるスポットを上手に組み合わせるのがおすすめですよ。
今回はおすすめのイベントやスポットをまとめてみました。

<もくじ>
1.流氷明けのカニは絶品!海明けの毛ガニと網走春カニ合戦
2.早春ならではの貴重なイベント 知床雪壁ウォーク
3.ほんのりとピンクに染まるシバザクラを楽しもう
4.ゴマちゃんに会いに行こう!オホーツク とっかりセンター
5.レトロな人気スポット 博物館 網走監獄
6.春のオホーツク・知床エリアの気温は?服装はどうする?
まとめ

1.流氷明けのカニは絶品!海明けの毛ガニと網走春カニ合戦

網走カニ「海明け毛ガニ」とは、網走市で3月末から4月末頃に水揚げされる「毛ガニ」を指します。

オホーツク海から流氷の姿が消え始める「海明け」。
海明けで船が出せるようになってすぐ水揚げされたカニの味は、それはもう絶品!
この時期の毛ガニは最も身が詰まっていますから、この時期を逃さず、味わってみてくださいね。

海明けのカニを味わうのにおすすめなのが、「春カニ合戦in網走」です。
名物となっている「毛ガニまき」で旬の毛ガニをゲットするチャンスが!台の上からカニがまかれ、キャッチした人にプレゼントされます。

2017年で5回目を迎えたこのイベントでは、もちろん旬の毛ガニを会場で味わうことができ、カニ料理コンテストや小学生以下を対象としたカニの1本釣りなど毎年楽しい企画で盛り上がります。

<春カニ合戦in網走」>
住所:北海道網走市南3条東4丁目 道の駅「流氷街道網走」
電話番号::0152-44-5849(網走観光協会)
開催日:5月中旬(2017年は5月21日日曜日に開催)
料金:前売り 1500円、当日2000円
公式HP:http://www.abakanko.jp/harunoshunmatsuri/2017/

2.早春ならではの貴重なイベント 知床雪壁ウォーク

知床雪壁ウォーク
世界自然遺産にも指定された「知床半島」の春を楽しみたい方におすすめのイベントが、「知床雪壁(ゆきかべ)ウォーク」です。

知床横断道路の除雪作業によってできた、高さ約3mの雪壁の間を歩きます。
知床横断道路は知床半島中央部を貫いているので、パノラマの絶景が広がります。

知床雪壁ウォーク
ウトロコース(6キロ)と羅臼コース(10キロ)と2つのコースから選べます。
ウォーキングしながら雄大な羅臼岳を見ることができたり、天気が良ければ北方領土の国後島が見えたりします。

雪壁の中での写真撮影やウォーキングの後に提供される海鮮汁などお楽しみもたくさんです。

<知床雪壁ウォーク>
住所:北海道斜里郡斜里町字岩宇別531番地 知床自然センター前
電話番号:0152-22-2125(知床斜里町観光協会)
開催日時:4月初旬※2017年は4月9日(日)
公式HP:http://www.shiretoko.asia/list_event.html

3.ほんのりとピンクに染まるシバザクラを楽しもう

滝上公園芝桜写真:北海道無料写真素材集 DO PHOTO

オホーツク・知床エリアで春に見ていただきたいのが、シバザクラでほんのりとピンクに染まった大地です。

オホーツクエリアにはシバザクラを楽しめる大きな公園が2ヶ所もあります。
約10万平方メートルで日本最大となる「滝上公園」と、大空町東藻琴地区の「ひがしもこと芝桜公園」の芝桜です。上の写真は滝上公園のシバザクラです。

斜面に広がるシバザクラのピンク色は壮観ですね。遊歩道があるので、このピンク色の中をお散歩することができます。

ひがしもこと芝桜写真:北海道無料写真素材集 DO PHOTO

こちらは、ひがしもこと芝桜公園の風景です。
こちらの公園にはゴーカートや釣り堀などのアトラクションがあるので、子供連れでのレジャーにおすすめ。

また、ここは、斜面がL字型になっていて、平地にも芝桜が植えられていますから、見る地点によって様々な花の様子を楽しめます。

滝上公園はしっとりと落ち着いた雰囲気なので大人の雰囲気でデートに、ひがしもこと芝桜公園は家族連れで楽しむのに良いスポットです!

<滝上公園>
住所:滝上町元町
電話番号:0158-29-2730(滝上町観光協会)
シバザクラ祭り開催期間:5月上旬~6月上旬
開園時間:8:00-18:00
入園料:大人500円、小中学生250円、幼児無料
公式HP:http://town.takinoue.hokkaido.jp/shokai/shisetsu/kankou/takinouekouen.html
<ひがしもこと芝桜公園>
住所:北海道網走郡大空町東藻琴末広393
電話番号: 0152-66-3111
シバザクラ祭り開催期間:5月上旬~6月上旬
営業時間: 8時00分~17時00分
入園料:大人500円、小中学生250円、幼児無料
公式HP:http://www.shibazakura.net/

4.ゴマちゃんに会いに行こう!オホーツク とっかりセンター

とっかりセンター写真:北海道無料写真素材集 DO PHOTO

アザラシだけを飼育している国内でも珍しい施設で、現在は20頭を超えるアザラシ(ゴマフアザラシ、ワモンアザラシ)を飼育しています。

アザラシランドとアザラシシーパラダイスという2つの施設があり、アザラシランドでは毎日5回のえさの時間に、係員の説明を聞きながらアザラシたちの生態を間近に観察することができます。

また、アザラシシーパラダイスは、アザラシとふれあい体験ができる楽しい施設で、アザラシをなでたり、えさをあげたりすることができます。

アザラシの大人しくて可愛らしい姿に癒やされますよ。

<オホーツク とっかりセンター>
住所:北海道紋別市海洋公園2番地
電話:0158-24-7563
営業時間:10:00~17:00
入館料:大人500円 小人(高校生以下)300円
休館日:年中無休
公式HP:https://mombetsu.jp/sisetu/other/goma/

5.レトロな人気スポット 博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

網走駅から4kmほどの距離、車で数分の位置にあるのが、「博物館 網走監獄」です。

明治の初めから昭和61年まで使われていた網走刑務所旧建造物を保存公開しています。
無期懲役や重罪人、政治犯を収容していたといわれる最恐の刑務所の当時の様子が蝋人形とともに再現されています。

敷地面積が約東京ドーム3.5個分という広大な敷地に、牢獄や独立房など当時使われていた施設が再現され、レトロな雰囲気の人気観光スポットです。

監獄食

網走監獄の入り口左側にある監獄食堂では、網走刑務所の受刑者の食事を再現した「監獄食」を食べることができます。

監獄食はAとBがあり、焼き魚の内容などが変わります。監獄食では物足りない方向けにほかのメニューもありますよ。
網走B級グルメのザンギ丼、和牛メンチカツ定食などはしっかりお腹にたまります。定番のラーメン、そば、カレーなども用意してあります。
監獄食は米と麦が7:3の麦飯に、焼き魚、副菜、みそ汁ととてもヘルシー。

こちら、ゲート外なので、博物館に入館しないで食事だけすることもできます。

<博物館 網走監獄>
住所:網走市字呼人1番地の1
電話:0152-45-2411
営業時間: 午前8時30分 – 午後6時閉館(5月 ~9月)、 午前9時 – 午後5時(10月~4月)
最終入館は閉館の1時間前となります。
定休日:無休
入館料:大人 1,080円、大学・高校生 750円、小・中学生 540円
<監獄食堂>
住所:網走市字呼人1番地の1
電話:0152-45-2411
営業時間:10:00~15:30
定休日:無休

6.春のオホーツク・知床エリアの気温は?服装はどうする?

オホーツク・知床春の服装
春のオホーツク・知床エリアは春といってもまだまだ寒いです。

平均気温は3月がマイナス1~2度、4月が4~5度、5月が約10度です。
ですから、3月や4月上旬は冬の装いでちょうどよいのです。4月中旬から5月はコートまではいらないかもしれませんが、ウィンドブレーカーなどの防寒対策は必要になります。

また、4月下旬まではまた雪が残っているので、足元はブーツがおすすめ。5月になったら、スニーカーでも大丈夫です。

まとめ

今回は春のオホーツク・知床エリアのおすすめの観光スポットやイベントをご紹介しました。

飛行機を利用し、オホーツクエリアを中心に観光するなら、女満別空港を選ぶと便利です。
網走まで車で約30分、知床までは約1時間半のアクセスです。ぜひ春のオホーツク・知床エリアを訪れてみてくださいね。


↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.