屈斜路湖・砂湯の冬~温泉につかる白鳥たち~

Tags:

公開日:2016/4/1

Pocket

屈斜路湖の砂湯と飛来した白鳥
屈斜路湖は、冬――11月末から4月にかけて――のあいだ、白鳥が集まる「飛来地」として知られています。
湖面が氷結するこの地に、なぜ彼らは羽休めにくるのか。その理由をご紹介します。

凍結した屈斜路湖極寒の道東。冬になると、湖面は凍結し、その上に雪が積もります。
しかし、よく見ると、湖畔にはほのかに湯気が……

屈斜路湖と白鳥

そう、屈斜路湖の特徴は、その湖畔。

湖畔の砂場の下からは、温泉が沸き出ています。
屈斜路湖の砂湯と温泉(なんと、手やスコップで砂を掘れば、お湯が出てくるところも!)

このため、湖の端は凍らず、白鳥たち専用の露天風呂に。
屈斜路湖の白鳥ずいぶんと気持ちよさそうです。

「白鳥たち、のぼせないのかな……」
屈斜路湖の白鳥

そんな心配をしながら湯に手を浸けてみると、心地よい温さ。

湖畔の砂場には、足湯もあります。(こちらは人間専用!)
屈斜路湖の砂湯・足湯

ブーツを脱ぎ、靴下を脱ぎ、ぽかぽか足湯につかる。
屈斜路湖の砂湯・足湯そうして広大なカルデラ湖と、白鳥たちの美しい姿を眺める。

屈斜路湖の砂湯・足湯

なんとも不思議で贅沢な空間が、ここにはあります。

屈斜路湖の白鳥

rebirth バナー

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.