MENU
SEARCH
現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

小樽の絶景スポット「祝津パノラマ展望台」の季節・時間ごと異なる美しい景色

エリア
小樽・ルスツ・ニセコ
投稿日
最終更新日:2024年4月1日
小樽・祝津(しゅくつ)にある『祝津パノラマ展望台』は、深く青い日本海と鰊御殿と赤白の縞々が特徴的な日和山灯台を有する高島岬のある小樽らしい景観が見られるスポット。また朝日と夕日が美しい場所としても有名です。

1.鰊御殿と日和山灯台のある高島岬の景色

祝津パノラマ展望台は、標高約70mの丘の上にあり、時期・方角によって見どころはさまざまです。
祝津パノラマ展望台
展望台から右手・東の方には、高島岬があり、赤い屋根は鰊御殿と、赤と白の横縞がメルヘンチックな日和山灯台。
鰊御殿は2023年の豪雨により御殿前で土砂崩れがあり休館中ですが、灯台は例年4月1日~11月30日までの雪のない期間中敷地内が一般公開されていて、近くまで行くことができます。
祝津パノラマ展望台
左手・西側には急峻な崖と日本海。原風景ともいえる海岸線が見られます。
祝津パノラマ展望台
同じ方角を冬にも。海の青が深いだけでなく、見るだけで冷たそうな北の海です。

上の写真は3月上旬で積丹岬の向こうに夕陽が隠れてしまいますが、4月下旬頃から8月下旬頃までは、夕陽は日本海に沈みます。海に夕陽が照らす道が現れると、人気の絶景スポットです。
祝津パノラマ展望台
冬の夕暮れ時にの束の間見られた夕空は、濃紺の海と冬の淡い空とのコントラストが美しく、水平線はくっきりと地球の形をあらわにします。
祝津パノラマ展望台
小樽の海岸は「海食崖」と言われ、自然が作り出す断崖や奇岩が多いのが特徴。
写真の左側(展望台の正面)に見える岩は、そのひとつで「トド岩」と呼ばれていて、冬季は野生のトドが上陸することで知られています。

夏も冬も、日中も夕方も、夜は星空観測スポットとしても。様々な情景を楽しめる場所です。

2.展望台までのアクセス

祝津パノラマ展望台は小樽市街から車で約15分、おたる水族館裏手の丘の中腹にあります。
じつは展望台にいると、水族館で飼育されているアザラシやトドの声が聞こえるほど近く。
公共交通機関を利用の場合、最寄りの小樽水族館バス停から徒歩15分ほどです。
祝津パノラマ展望台
展望台には無料で車を止められるスペースもありますが、駐車場というほど整備されているわけではなく、何台も止められるような大きさではありません。譲り合って利用しましょう。
また展望台へは坂道が続き、冬は路面凍結もありますので注意してくださいね。
祝津パノラマ展望台
展望スペースも、冬(12月~3月)は柵の高さまで雪が積もってしまいます…!踏み固められていて固く、滑るので気をつけてくださいね。(周りにたくさん滑っている人がいました…!)
水族館とあわせて観光する人が多いため、水族館の休館日には展望台の人が少なく、狙い目かもしれません。
展望台は風が強く、寒さはより厳しいので暖かなコートやダウンなどを羽織って絶景ハンティングをしてみてください!!

祝津パノラマ展望台

住所
北海道小樽市祝津3

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト