北海道で買いたい珍味・酒の肴~塩辛・松前漬け・にしん切込み等8選!

Tags:

公開日:

Pocket

北海道の珍味

美味しい食材が豊富にある北海道には、様々な珍味や酒の肴があります。

色々な種類があるだけに、何を選んで良いのか迷うのではないかと思います。
今回は、北海道民がオススメする珍味・酒の肴をご紹介します。

自分用やお酒好きの方へお土産を買う際の参考にしてみてください♪


もくじ
1.「鰊の切込み」井原水産株式会社
2.「木樽仕込いか塩辛」小田島水産株式会社
3.「ちびっ氷下魚」佐々木商店
4.「いかたまらん」有限会社笹川
5.「松前漬」株式会社蝦夷松前龍野屋
6.「燻し奴」有限会社南保留太郎商店
7.「味付昆布」ヤマトタカハシ株式会社
8.「むろらんうずらの燻たま」株式会社室蘭うずら園

1.「鰊の切込み」井原水産株式会社

まずはじめにご紹介するのは、井原水産株式会社「鰊の切込み」です。
鰊に麹と塩を入れ、発酵した商品。プチプチと弾ける数の子がたっぷりと入っていて、鰊との相性抜群です。
北海道の珍味
【商品情報】
・価格:552円(税抜)※参考価格

北海道の珍味
【おすすめポイント】
 ふたを開けると、大きな数の子が入っていてまず驚きました。

細切りにされた鰊を1週間ほどじっくりと発酵させた商品です。大きめの数の子の食感と鰊の歯ごたえがクセになります。

熟成させていくと違った味わいに出会うことができるので、少しずつ楽しみたい逸品です。

2.「木樽仕込いか塩辛」小田島水産株式会社

2つめにご紹介するのは小田島水産株式会社「木樽仕込いか塩辛」です。

国内産の新鮮なスルメイカを使って、木樽によって製造。独特の旨みと風味を味わうことができます。
北海道の珍味
【商品情報】
・価格:550円(税抜)※参考価格

北海道の珍味
【おすすめポイント】
創業・大正3年の小田島水産。
木樽を使って熟成させたいかの塩辛なので、木樽ならではの深いコクと風味を味わうことができます。

そのまま食べても良いのですが、白米の上にのせて食べると、シンプルに美味しいです。

3.「ちびっ氷下魚」佐々木商店

3つめにご紹介するのは、佐々木商店「ちびっ氷下魚」です。
天日干しされた氷下魚(こまい)はお酒との相性はとても良いです。小さなサイズの氷下魚が揃っているので、食べやすいです。
北海道の珍味
【商品情報】
・価格500円(税抜)※参考価格

【おすすめポイント】
 そのまま裂いて食べても美味しいのですが、私は少しだけ炙って食べるのがオススメ。

お好みでマヨネーズと一味を付けて食べると、さらに◎。美味しいので、ついついお酒も進んでしまいますが、飲み過ぎに注意してください。

4.「いかたまらん」有限会社笹川

4つめにご紹介するのは、有限会社笹川「いかたまらん」です。柔らかいいかの中に入っている卵は、北海道産の「美王卵」。

柔らかく煮込んでいるいかと半熟卵のハーモニーが絶妙で、思わず“たまらん”と言いたくなってしまう程の逸品です。

北海道の珍味
【商品情報】
・価格:390円(税抜)※参考価格

北海道の珍味

【おすすめポイント】
 いかの中にご飯が入っているいかめしは食べたことがある方は多いと思いますが、いかの中に卵が入っている商品を食べた方は、それほど多くないのではないでしょうか。

「いかたまらん」は、北海道近海で獲れたいかに半熟卵を詰め込んでいます。柔らかく味付けされたいかと半熟卵の味わいがお見事。

いかと半熟卵がこんなに相性が良いものなのかと気が付かせてくれます。
この一品があるだけで、贅沢な気持ちになれると思います。

5.「松前漬」株式会社蝦夷松前龍野屋

5つめにご紹介するのは、株式会社蝦夷松前龍野屋「松前漬」です。

松前の伝統の味である松前漬。主役となっているスルメと昆布の味わいが◎。数ある松前漬の中でもオススメしたい逸品です。
北海道の珍味
【商品情報】
・価格:500円(税抜)※参考価格

北海道の珍味
【おすすめポイント】
 先人の知恵から生まれた松前漬。今では様々な松前漬が販売されているので、どの松前漬を選んで良いのか迷うのではないかと思います。

私がオススメしたいのは、龍野屋さんの松前漬。スルメと昆布、数の子が入っていて、上品で旨みがあります。

主役となっているスルメは細かく刻んであり、口当たりもなめらか。口に入れると、数の子のプチプチした食感も楽しむことができます。

酒の肴としてだけでなく、飲んだあとの〆のお茶漬けのお供としても良いです。

6.「燻し奴」有限会社南保留太郎商店

6つめにご紹介するのは有限会社南保留太郎商店「燻し奴」です。スモークの薫りと塩、ハーブによってお豆腐を燻製に仕上げた逸品です。

北海道の珍味
【商品情報】
・価格:350円(税抜)※参考価格

北海道の珍味
【おすすめポイント】
お豆腐の燻製を食べているに関わらず、まるでチーズを食べているように感じます。

お豆腐の風味も残っているので、後味がスッキリしています。職人技が成せる究極の燻製と言えます。

そのまま食べても◎。お酒のおつまみとしてぴったり合います。オリーブオイルをさっとかけて食べても美味しいです。

お豆腐なのに、お豆腐ではない感覚を味わってみてください。

7.「味付昆布」ヤマトタカハシ株式会社

7つめにご紹介するのは、ヤマトタカハシ株式会社「味付昆布」です。
味付海苔のように、数枚ごとに包装されているので、最後まで上品な昆布の風味を味わうことができます。
北海道の珍味
【商品情報】
・価格:500円(税抜)※参考価格

北海道の珍味
【おすすめポイント】
 昆布は、余分な糖質や脂質の吸収を抑えるほか、免疫力アップなどの効果があります。

昆布が薄いシート状になってパッケージに入っています。おつまみとしてそのまま食べても良いのですが、おにぎりに巻くなどご飯と一緒に楽しむのも美味しいです。

ご飯の味をより一層引き立てます。味付け海苔と比べると、柔らかいのでとても食べやすいです。

8.「むろらんうずらの燻たま」株式会社室蘭うずら園

最後にご紹介するのは、株式会社室蘭うずら園の「むろらんうずらの燻たま」です。無投薬飼育で産まれたうずらの卵を使っているので安心です。
北海道の珍味
【商品情報】
・価格:278円(税抜)※参考価格

北海道の珍味

【おすすめポイント】
うずらの卵に、かつお風味の味付けをしてから燻しています。何もつけずにそのままで食べても美味しいです。口の中に優しい味わいが広がります。

袋から出して、お皿に移し、そのままおつまみとして出すことができるので簡単です。

お酒にもぴったりあいますが、お子様のおやつとしても喜ばれると思います。常温保存ができるので、お土産に◎です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。北海道に来たらぜひ味わっていただきたい珍味・酒の肴をご紹介してきました。

北海道に来た際のお土産にぜひ1つでも買ってみてください。
北海道産の日本酒、ワインは高い品質と上質な味わいで注目が集まっています。

ちなみに今回ご紹介した珍味・酒の肴ですが、いずれも、札幌・大通公園の地下街「オーロラタウン」にある、「きたキッチン」で購入できました(※2017年9月時点)。
きたキッチンは道産食品を揃えたセレクトショップ。道内の珍しいものや特産品を買いたい、という方にオススメです♪

今回ご紹介した酒の肴と一緒に、北海道産の日本酒、ワインも楽しんでみてはいかがでしょうか。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.