秋到来!紅葉の円山・藻岩山と界隈のおすすめカフェ

Tags: ,

公開日:

Pocket

秋の円山イメージ
本州よりも一足早く鮮やかな紅葉を楽しむことができる北海道。
今回は、北海道・札幌市の中でも気軽に紅葉を楽しむことができる人気スポット、円山・藻岩山界隈に焦点を当てます。

あわせて、円山・藻岩山界隈にあるカフェをご紹介いたします。
コーヒーやケーキを楽しみながら紅葉を楽しむことができるお店もあります。

一緒に円山で秋を見つけにお出かけしませんか。

もくじ
1―1.円山公園
1-2.旭山記念公園
1-3.伏見稲荷神社
1―4.藻岩山
【円山・藻岩山界隈で寄ってみたいカフェ】
2-1.紫陽花珈琲
2―2.Daisy‘s(デイジーズ)
2-3.ろいず珈琲館 旧小熊邸
おわりに

1―1.円山公園

まずはじめにご紹介するのは「円山公園」です。

円山公園は桜の名所としても有名ですが、秋の紅葉の時期にも、ぜひ訪れてほしいスポットです。
もともと、開拓使が設置した樹木の試験場だったそうですが、現在は市民に親しまれる公園の一つとなっています。

天然記念物の原始林が広がる公園の中を歩いていると、視界全体に紅葉が広がります。

秋の円山イメージ

公園全体が美しく秋の色に彩られているので、歩きながら自然の恵みをたっぷりと感じることができます。

公園の中を歩いていると、可愛らしい小鳥やリスに出会うことができるチャンスもあります。

秋の円山イメージ

この公園に隣接しているのが、北海道のパワースポットの一つである北海道神宮。
円山公園を訪れたならば、北海道神宮にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

参拝した帰りには、御朱印もいただくことができます。
また歩いていて少し疲れた方には、神宮の西駐車場近くにある参拝者休憩所でひと休みすることをおすすめします。

こちらでいただけるのは「判官さま」という焼きたてのお餅です。
無料のお茶も用意されています。「判官さま」とお茶を飲み、一息ついてください。

秋の円山イメージ

また円山公園内には、札幌市円山動物園もあります。

園内にもナナカマドやイチョウなどがあるので、ゆっくり歩きながら紅葉を楽しみ、動物を見るのも面白いです。
紅葉の穴場スポットとも言えます。

秋の円山イメージ

園内のオフィシャルショップには、可愛らしいグッズもたくさん販売されています。
自分用や大切な人へのお土産として、何か一つ選んでみるのも楽しいと思います。
売上の一部が動物園にいる動物たちの餌代として寄付されるそうです。

秋の円山イメージ

四季折々で違う顔を見せる円山公園。
秋に円山公園を訪れたことがないという方はぜひ一度足を運んでみてください。

1-2.旭山記念公園

2つめにご紹介するのは、「旭山記念公園」です。

札幌市が創建して100年を迎えたことを記念して1970年に開園しました。
毎年7月下旬にプロのミュージシャンを招いて「さっぽろ旭山音楽祭」が開催されている場所です。

標高137.5mの展望台からは、広く市内を一望できます。
札幌の夜景スポットとして、札幌市民から愛されています。

秋の円山イメージ
園内にはこの展望台をはじめ、段上テラス、ピクニック広場などがあります。
また、つり橋や遊具広場などもあるので、子供から大人まで楽しむことのできる公園です。

秋色に染まった開放的な公園の中をゆっくり歩くのも贅沢な時間です。

1-3.伏見稲荷神社

3つめにご紹介するのは「伏見稲荷神社」です。

京都にある京都伏見稲荷神社の御分霊を奉斎し、明治40年、現在の地に社殿が建立されました。
京都と同様、札幌の伏見稲荷大社にも朱色の鳥居があります。
私が訪れた時期はまだ紅葉を楽しむことができなかったのですが、時期になると一面に紅葉が広がる景色を眺めることができるのでおすすめです。

秋の円山イメージ

鳥居をくぐりながら坂道を登っていくと、本殿が見えてきます。

いざ鳥居を抜け、本殿に行く途中に、自分の一番好きなものを一つたつと願いが叶うという「願い石」もあります。
好きなものを一つたつというのは難しいですが、願いを叶えるためには必要なことなのかもしれません。

こちらの神社でも御朱印をいただくことができます。
御朱印を集めている方は要チェック。秋の散策の一つとしてぜひ訪れてみてください。

1―4.藻岩山

4つめにご紹介するのは「藻岩山」です。標高531mの藻岩山は、札幌市のほぼ中央に位置しています。

藻岩山で紅葉を楽しむには、藻岩山山頂を目指すことをおすすめします。
ロープウェイやもーりすカー(ミニケーブルカー)を利用すれば、気軽に山頂に行くことができます。
中でも、もーりすカーに乗ると、森の中を走っているような感覚を得ることができいます。

山頂に着いたら見てほしいのが、札幌市内や近郊の眺めと紅葉。二つののコントラストは素晴らしいです。

秋の円山イメージ
また「夜景サミット2015in神戸」(一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー等主催)において、藻岩山の夜景が日本新3大夜景の一つにも選ばれています。

藻岩山の紅葉を楽しんだあとは、夜景をじっくりと堪能してみてください。
360度の大パノラマの中で、色とりどりの光が輝く景色に酔いしれること間違いなしです。
秋の円山イメージ

【円山・藻岩山界隈で寄ってみたいカフェ】

冷たい秋風にあたって、紅葉をゆっくり楽しんだあとはひとやすみ。

円山・藻岩山界隈で立ち寄ってみたいカフェをご紹介していきます。

2-1.紫陽花珈琲

まず1つめにご紹介するのは「紫陽花珈琲」です。

外観との印象とは異なり、中に入ってみると優雅な空間が広がっています。
このお店に来たらぜひ一番食べてもらいたいのが、自家製リコッタチーズパンケーキです。

ソースやトッピングをお好みで選ぶことができます。
注文してから焼き上げてくれるので、できたてのパンケーキを食べることができます。
秋の円山イメージ

自家焙煎珈琲とも良く合います。
私は、秋らしくマロンをトッピングに選んでみました。口の中に入れると、ふわりと美味しさが広がっていきます。
3枚あるのでボリュームがあると思ったのですが、美味しくてあっという間に食べきってしまいました。

散策したあとは、ゆっくりパンケーキを楽しんでみてはいかがでしょうか。

秋の円山イメージ

【紫陽花珈琲】
http://ajisai-coffee.sakura.ne.jp/index.htm
営業時間:11:00~19:00(18:00ラストオーダー)
定休日:水曜日  他不定休

2―2.Daisy‘s(デイジーズ)

2つめにご紹介するのは「Daisy‘s(デイジーズ) 」です。

このお店は円山公園に隣接しています。
店内に入るとお花柄の壁紙が可愛らしく、一面が大きなガラス張りになっているのが印象的です。
窓から円山公園の景色を眺めることができるのでオススメです。

公園の紅葉を見ながら、のんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
秋の円山イメージ

【Daisy‘s(デイジーズ)】
http://daisys-maruyama.jp/
営業時間:火〜日 11:00-17:00 (16:30ラストオーダー)
定休日:月曜日

2-3.ろいず珈琲館 旧小熊邸

3つめにご紹介するのは「ろいず珈琲館 旧小熊邸」です。

この建物は、建築家のフランク・ロイド・ライトに師事していた建築家の田上義也の設計で建設されたものです。
ライトの影響が色濃く出ている印象的な建物で、札幌景観資産第4号にも指定されています。
現在は喫茶店として活用されています。

北海道の近代建築の空間で、芳醇な珈琲の味と香りを楽しむことができます。
近くに藻岩山ロープウェイの乗り場があります。
藻岩山に行く前、または行った後に、おしゃれな空間で珈琲をいただくもの良いのではないでしょうか。
秋の円山イメージ

【ろいず珈琲館 旧小熊邸】
http://www.lloydscoffee.co.jp/
営業時間 10:00~20:00
定休日 月曜日 (月曜が祝祭日の場合、翌日が定休日)

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は円山・藻岩山界隈の紅葉スポットをはじめ、紅葉を見ながらゆったりとした時間を過ごすことができるカフェをご紹介してきました。

円山・藻岩山界隈はアクセス抜群で、すぐに秋を感じに行くことができます。
この時期は肌寒いことが多いので、上着を着るなど防寒対策もしっかり備えてください。
また坂道も多いので歩きやすい靴で散策するのがマスト。

円山・藻岩山界隈で、秋を見つけにお出かけしてみてくださいね。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.