【人気・定番・秘湯】今行きたいニセコおすすめ温泉6選!

Tags: ,

公開日:2014/11/4

Pocket

niseko-kanronomoro-spa

ニセコと言えば、冬のスキーが世界的に有名ですが、点在する豊富な温泉も魅力です!
でも、どんな温泉があるの、どこの温泉がおすすめなの、と思っていませんか?
ニセコの温泉は、場所ごとに違う泉質や景色など、温泉ごとに多くの魅力が詰まっています。
今回、種類豊富なニセコの温泉から、行けばきっと満足するおすすめ温泉を5か所選んでご紹介させていただきます。
1か所選んで行ってもいいですし、すべてハシゴしてもらってもOK!ニセコの温泉の魅力を満喫できること間違いなしです!

<目次>
・はじめに・・・ニセコの温泉エリアマップと基本情報、ニセコの温泉の魅力
1.温泉で森林浴!深い森に囲まれた天空露天風呂!
2.お手軽客室露天も人気!スキーで人気のニセコひらふ温泉
3.カップル&家族にうれしい♪混浴で楽しむ大露天風呂&美肌温泉
4.羊蹄山が一望の露天風呂!人気リゾート温泉
5.山奥にあるので冬は一面雪だらけ!大自然を楽しむ秘湯温泉

最後に

・はじめに・・・ニセコの温泉エリアマップと基本情報、ニセコの温泉の魅力

ニセコおすすめ6温泉マップ

まずはじめに、今回ご紹介するニセコのおすすめ温泉を地図からご紹介します。

ニセコの温泉に実際に行こうと思ったときにまず抑えておきたい点、それは「ニセコは広い!」という事。
例えば、地図右側の「ニセコプリンスホテルひらふ亭」から、左側の「ニセコ湯元温泉 月美の宿 紅葉音」まで、車で約20キロ弱、30分程度もかかります。
また各エリア間を歩こうと思ったら、軽いウォーキング感覚で歩かないと痛い目にあいますので、その点はお気をつけください。

温泉地・ニセコの人気が高い理由!

次に、ニセコの温泉全般について、その魅力、人気が高い理由を3点、ご紹介します。

その1 温泉地がいっぱい!

まず第一の魅力、それは、ニセコエリア内に温泉が多いということ。
ニセコエリアの温泉地を挙げると、ひらふ温泉、東山温泉、アンヌプリ温泉、昆布(こんぶ)温泉、湯本温泉、五色(ごしき)温泉、新見(にいみ)温泉、ニセコ駅前温泉、ニセコ薬師温泉と、多数の温泉地が存在。
さらにそれぞれが特徴のある泉質を有している、いろいろな湯めぐりが簡単にできてしまう、温泉ファンにはとっても嬉しいエリアなのです。

その2 泉質が豊富、そしてお湯がいい!

niseko-grand-spa次に、第二の魅力。それはお湯の良さとその種類の豊富さ!ニセコエリアの温泉はいずれも湯量が豊富のため、自然の恵みをそのまま楽しめる、いわゆる「源泉かけ流し」の温泉が大半(※温度調整のために加水あり)。
そしてお湯自体も、透明、白濁、緑色、泥系など、硫黄(正式には硫化水素)の香りの濃淡や酸性湯、アルカリ性湯などなど、温泉により様々。
まとめると、いろいろな良泉が楽しめる、それが大きな魅力です。

その3 ロケーション・景色がいい!

niseko-makkari-spa

続いての魅力、それは景色のすばらしさ。各温泉の多くに露天風呂があり、それぞれに魅力的な景色が楽しめます。
富士山に似ていることから「蝦夷富士(えぞふじ)」と呼ばれるニセコのシンボル羊蹄山を望む温泉や、ニセコの森に囲まれた温泉など。
また季節毎に、夏は緑、秋は紅葉、冬は一面雪化粧、春の新芽の若い緑など、まさに北海道を感じることができる温泉地といえます。

これを知っていると便利!ニセコ湯めぐりパス

さて、ニセコの温泉を楽しむ上で、知っておいてほしいモノ。それが”ニセコ湯めぐりパス”です!
http://www.niseko-ta.jp/index.php?id=60

ニセコ湯めぐりパス

これはニセコエリアの計21施設の温泉から、最大4つの温泉に入れるという便利&お得なパス。
価格は2,160円、通常は1か所あたり500~1,000円しますので、湯めぐりしたい温泉好きな方におすすめです。
なお今回ご紹介する温泉6施設のうち、4施設は利用対象施設です。

それでは、ニセコでおすすめの、とっておきの温泉をご紹介いたします!

 

【景色やロケーションにこだわる方へ】深い森に囲まれた天空露天風呂

まずはじめにご紹介するのは、ニセコの大自然を存分に楽しめる、そんな露天風呂からご紹介いたします。
niseko-kanronomori-spa-summer

こちらの温泉の特徴といえば、露天風呂をぐるっと木々が囲んでいるよう作りで、まさに「森の天空露天風呂」の名前そのもののお風呂です。
そしてお湯ですが、透明なお湯ながらもほどほどに香る硫黄、そしてちょっとすべすべな肌触りは、”三大美人泉質”と呼ばれる、硫黄泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉がすべて含まれているからなのだとか。
広めの露天風呂で気兼ねなくのんびりと、そしてお湯から上がると森林浴が楽しちゃう、北海道の温泉らしさたっぷりの温泉です。

ホテル甘露の森(ニセコ昆布温泉)
住所:北海道虻田郡ニセコ町ニセコ415番地
TEL:0136-58-3800
【日帰り温泉】11:00~21:00 大人700円 小学生300円 幼児無料
・ニセコ湯めぐりパス利用可
・貸切個室露天風呂あり 50分 1室3,000円+入浴料別途
【泉質】含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、 疲労回復、健康増進、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、慢性婦人病、 冷え症、きりきず、火傷等
宿泊予約はこちらから(一休.com.ページへ移動します)

 

【スキーと温泉を楽しみたい方へ】人気のひらふエリア!ニセコひらふ温泉

さて次は、ニセコで一番賑わっている「ニセコひらふ」地区にある、「ニセコプリンスホテルひらふ亭」の温泉をご紹介します。

niseko-hirahutei-spa1

こちらの温泉、一番のおすすめポイントは森と山を見わたすロケーション!夜は真っ暗になってしまいますが、日中ならニセコの森と、男性露天ならアンヌプリ山、女性露天なら羊蹄山を望む景色が楽しめます。
またお湯は、先の「甘露の森」から変わり、ほんのり鉄分の香りがするお湯。保温効果が続く、特に冬はおすすめといえます♪

hirahutei-ronnmbath
また、このホテルの特徴といえば、客室露天風呂。
ふつう、客室露天風呂付きのお部屋というと「すごく豪華でそれなりに高い」と思ってしまいますが、このお宿の場合、お部屋のベランダがそのまま温泉になったような造りということもあり、2名1室、夕朝食付きでも1万円前半から泊まれてしまいます。
ということで、温泉が好きなので部屋でもゆっくり楽しみたい、カップルで楽しみたい!という方には、とってもおすすめのホテルです。

hirahutei-ronnmbath-view

ちなみに、羊蹄山側(若干高くなります)の客室露天風呂から取った写真がこちら。
天気によりますが、最高の景色が、お風呂につかったまま楽しめてしまえます♪

ニセコプリンスホテルひらふ亭(ニセコひらふ温泉)
住所:北海道虻田郡倶知安町山田204
TEL:0136-23-2239
【日帰り入浴】7:00~10:30・13:00~23:00(22:00 最終入場) 大人 800円・4歳~小学生 400円
【泉質】ナトリウム・塩化物炭酸水素塩泉
【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性臓器病、冷え性、疲労回復、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、火傷など
宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.ページへ移動します)

【カップル&家族におすすめ】混浴で楽しむ大露天風呂&美肌温泉

さて次は、数あるニセコの温泉の中でも、ニセコ随一の広さの露天風呂が自慢!の温泉をご紹介いたします。

niseko-grand-spa4
こちら「ニセコグランドホテル」の温泉、こちらの混浴の庭園露天風呂がなんといっても広い!3か所のお風呂があるのですが、全部で100人は入れるかという温泉です。
(なお、基本的に屋根がないので、雨の時は頭をぬらしながら浸かることになります。)
そしてもう一つの特徴といえば、泉質。結構な緑色のお湯には、化粧水などの成分にも使われる美肌効果が抜群の「メタケイ素」の含有量が全国トップクラス。
肌になじむというか、肌の目の細かいところに入っていくような、すべすべ感のある温泉が特徴です。

niseko-grand-spa3

そしてもう一点嬉しいのが、この大露天風呂、女性は湯浴み(日帰りのみ有料)を着て利用できるということ。
お湯が透明でないこともあり、混浴ながら結構女性の利用も多い温泉です。なお、女性専用の露天風呂もあるので、抵抗がある方でも楽しめます。

 

 

ニセコグランドホテル(ニセコ昆布温泉)
住所:北海道虻田郡ニセコ町ニセコ412番地
TEL:0136-58-2121
【日帰り入浴】11:30~21:00 大人800円・小人400円(小学生まで)
※女性用湯浴衣(貸出・露天風呂用 100円)
【泉質】ナトリウム‐塩化物泉・ナトリウム‐炭酸水素塩泉
【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、冷え性、切傷、火傷など
宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.ページへ移動します)

【大人の時間を楽しみたい方へ】羊蹄山が一望のリゾート温泉

さて次は、今までの温泉とは趣を変えて、「ニセコ有数の高級リゾートで楽しむ温泉」をご紹介します

niseko-hilton-spa

ニセコエリアにある世界的ブランドホテル「ヒルトンニセコビレッジ」は、ニセコの真ん中近く、「ニセコビレッジ」エリアに建つタワー型の山岳リゾートです。
このホテルの温泉の一番の売り、それは景色!露天風呂からニセコのシンボル、羊蹄山を望む、長く入っても飽きない眺望がおすすめです。
また高級リゾートならではの清潔感や心配り、例えば露天風呂へ降りる階段(4~5段程度ですが)にはあたたかい温泉が常に流れているので、冷たい思いをすることもありません。
また、お湯は透明で少しすべすべした肌触り、もちろん源泉かけ流しです。(加水あり)

niseko-hilton-fraim

なお、湯上りにちょっと休憩、ということなら、ホテルエントランスに広がる、大きな暖炉がシンボルのカフェ&バーラウンジ「ザ・フレイム」で、大人なカフェタイムを、なんてのもヒルトンの温泉ならではの楽しみ方といえるでしょう。

 

ヒルトンニセコビレッジ(ニセコ東山温泉)
住所:北海道虻田郡ニセコ町東山温泉
TEL:0136-44-1111
【日帰り温泉】13:00~21:00 大人1,000円 小人500円
【泉質】ナトリウム-塩化物泉
【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復、きりきず、やけど、慢性消化器病等
宿泊予約はこちらから(一休.comページへ移動します)

 

【秘湯好きにおすすめ】大自然を楽しむ、山の中の秘境温泉

さて次は、先ほどのリゾートとはうってかわって、ニセコの一番山奥にある「秘湯」をご紹介します。

niseko-goshiki-spa

こちらの「ニセコ五色温泉」のおすすめポイントはまずロケーション。
先にご紹介したニセコひらふやニセコビレッジなどのニセコの中心エリアから、ニセコアンヌプリを越えてさらに奥の山の中、ニセコの山々に囲まれた、標高750mの高地に立地することもあり、夏は一面緑、秋は見渡す限りぐるっと紅葉が、冬は雪がたっぷりと、これぞ北海道の大自然!といった風景が、露天風呂につかりながら楽しめるのがなんといっても魅力です。

またお湯は、湯の花があり少し濁ったような、また温泉からあがっても少し硫黄の香りが残る、滑らかでいかにも温泉らしい泉質でした。
なお、冬季は風雪がひどい場合、道路が封鎖されて帰れなくなる場合もあるとのことなので、冬は泊まりで計画するのが望ましいとのことです。

ニセコ五色温泉旅館(ニセコ五色温泉)
住所:北海道虻田郡ニセコ町字510番地
TEL:0136-58-2707
【日帰り温泉】8:00~20:00 大人700円(中学生以上)・小人500円(5歳以上)
【泉質】含硫黄-マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
【効能】神経痛、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病など
宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.ページへ移動)

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Comments

  1. 参考になりました~
    ありがとうございます!

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.