新千歳から帰る前に温泉に!という方へ勧めたい日帰り温泉6湯

Tags:

公開日:2015/9/30

Pocket

丸駒温泉レンタカーで楽しく旅行。北海道内を巡ったけれどちょっと空港で時間が余ってしまいそう。確かに空港ターミナルはよいお店も思い出グルメもあるのだけれど、それだけでは物足りない。そんな気分になられたことはありませんか。

でしたら、日帰り温泉がおすすめ。温泉王国北海道の面目躍如たる魅力的な温泉が新千歳空港の近隣でもたくさん見つかるのです。その中で今回は厳選し6つをご紹介。旅の終わりにぜひ訪れてほしいスポットばかりです。

<目次>
1.丸駒温泉
2.鶴の湯温泉
3.竹山高原温泉
4.ユンニの湯
5.ほのか 恵庭の湯
6.新千歳空港温泉

1.丸駒温泉

丸駒温泉大自然を感じられる秘境。支笏(しこつ)湖。支笏湖温泉には多くの温泉旅館やホテルが軒を並べそのどれもが高レベルの泉質ともてなしですが、そこから対岸の丸駒温泉は別格の味わい。大正4年の創業という支笏湖畔の中でも最も古い歴史を持つ温泉旅館です。

支笏湖温泉の歴史を体現する存在といっても過言ではありません。その最大の特徴は息をのむほどの絶景です。

丸駒温泉支笏湖とほぼ同じ高さにある天然露天風呂は湖を独り占めにするかのごとき雄大さ。水面に移る日輪を愛でるもよし、雨に煙り、朧がかかる対岸の緑に目を休ませるのも、また旅の味わいを深めてくれることでしょう。

全国からのリピーターも多いのも納得の温泉。休日ともなれば、客が距離をものともせず温泉客でにぎわいます。まさに、札幌・千歳近郊の秘湯の代表格。大自然の中で優雅でありながらワイルドな一見矛盾する温泉風情を味わうのに最適なスポットといえるでしょう。

丸駒温泉旅館
住所:北海道千歳市支笏湖幌美内7
電話:0123-25-2341
大人(中学生以上)1,000円 子供(小学生)500円 幼児(3歳以上)200円 幼児(3歳未満)無料
利用時間10:00~15:00 レストラン11:00~15:00
新千歳空港から車で約50分

2.鶴の湯温泉

鶴の湯温泉北海道でも最も古い歴史を誇る日帰り温泉。新千歳空港からも信号のすくない快適な道を走って20分という絶好のロケーションです。

道沿いにはノーザンホースパークや農業施設など北海道気分を味わえる景観も豊富。山間切り通しを抜けたやや開けた場所に広い敷地の鶴の湯温泉はあります。

鶴の湯温泉建物の前は蓮の池が広がり、季節ともなれば大輪を水面に揺らします。その昔、鶴がけがを癒すために訪れたところからその名がついた温泉は、地域の人にも大人気です。

赤い屋根の歴史を感じさせる建物の中には、これまた趣深いシンプルな浴場。しかし、このシンプルさが疲れた旅人の体を寛がせてくれるでしょう。じっくりと湯につかることに集中できるのですから。

この後、旅人もまた鶴となり、違う空へと旅立つことになります。そのためにはある意味ぴったりの温泉といえるのではないでしょうか。知る人ぞ知る名湯。旅の最後を飾るにはふさわしい温泉です。

ふる里の名湯鶴の湯温泉
住所:北海道勇払郡安平町早来北町5番地
電話 0145-26-2211
営業時間:午前10時から午後9時まで
休業日:水曜日(水曜日が祝祭日の場合は翌木曜日が休業となります)
入浴料金 大人500円(中学生以上)子供300円(3歳から小学校6年生まで)
食事処 きくち食堂 営業時間:平日(月~金)11:45~14:00、17:00~20:00(ラストオーダー19:45)
土・日曜・祝祭日:11:45~20:00(ラストオーダー19:45)

3.竹山高原温泉

竹山高原温泉札幌近郊、千歳空港から約40分の距離にあるのが、竹山高原温泉です。それほど大きい浴場ではなく、こじんまりした雰囲気ですが趣のある施設です。

この温泉の最大の特徴は、名物の露天岩風呂。道内各所から集められた600トンもの巨石で組み上げられた爽やかな風渡る露天はぜひ入ることをおすすめします。

少し標高のある場所で眺めがよく晴れた日には遠く樽前山や恵庭岳という道央を代表する秀峰を一望することができます。夜は星降る夜を実感でき、野趣にあふれています。

竹山高原温泉泉質はまろやかモール泉。美肌の湯の二つ名はだてではありません。道内外に知られるメジャー温泉ではありませんが、隠れた名湯の名にふさわしくいつも地元のリピーターで賑わいを見せる知る人ぞ知る日帰り温泉です。

また旅館が併設されていますので食事類も豊富。なおかつ比較的早い時間から遅い時間まで営業していますので、札幌から千歳に向かう途中で十分に楽しめます。

竹山高原温泉
住所:北広島市富ヶ岡896番地
電話011-373-2827
日帰り入浴 大人600円 日帰り入浴営業時間10:00~22:00(最終受付は21:00)
定休日:第2・第4月曜日(祝祭日の時は翌日に振替)

4.ユンニの湯

ユンニの湯空知地方由仁(ゆに)町にある温泉施設、週末のイベントや総合的サービスの質の良さから大人気です。近くにはゆにガーデンやパークゴルフ場など温泉以外にも楽しみがいっぱいの施設です。

まろやかなコーヒー色の湯は、別名「美肌の湯」。炭酸水素イオンの働きで肌がしっとりする女性にはちょっとうれしい泉質です。

ユンニの湯おすすめの季節は、解放感にあふれる夏も爽やかですが、冬の露天風呂も最高です。雪がしんしんと降り、温泉のまわりに積もってゆく。温泉からは立ち上る湯気。素晴らしい雪見風呂の風情をぜひ楽しんでください。

ほどよく体もあったまったところで、女湯に2つ、男湯に1つある週替わりのハーブ湯の香りでアロマテラピー。心もゆったりさせましょう。

ジンギスカンの食べ放題と入浴がセットになったプランで舌とお腹も満足させられます。五感のすべてを寛がせるユンニの湯です。札幌経由では遠回りですが、長沼町へと抜ける国道を使えば約40分。ぜひ足を運んでみてください。

ユンニの湯
住所:由仁町伏見122
電話0123-83-3800
入浴料/大人600円、小学生300円、5歳以下無料(土日祝のみ大人・小学生50円増)
定休日:無(点検休業あり)
営業時間 6:00~8:00、10:00~22:00(最終入場21:30)

5.ほのか 恵庭の湯

ほのかの湯道央に何か所かある日帰り温泉施設「ほのか」の中でも新千歳空港に近いのがこちらの「ほのか 恵庭の湯」です。

「ほのか」の最大の特徴は岩盤浴。入浴料に含まれており追加料金が発生しません。2012年7月にリニューアルしオープンした比較的新しい温泉で、様々なお風呂の楽しみが用意されています。

泉質はモール泉で肌に優しい低刺激。ヒノキぶろ、ジャグジーと日帰り温泉の定番から始まり、やはりおすすめは人気の岩盤浴。2種類の温度の部屋に立ち込める天然ハーブの香り、ヒマラヤの岩塩が直接体のツボを刺激し、発汗効果も抜群。北海道旅行そのものがデトックスのようなものではありますが、最後のしめはこちらで決まりですね。

「ほのか」のもう一つの特徴がお休みどころ。ゆったりとした空間で一部は女性専用になっています。ゆったりと足を延ばせるリラックスルームでまったりと時間を過ごし、最後のラストスパートの移動に備えるのもよしです。道民にこんないいところ独占させておくのはもったいない!

えにわ温泉ほのか
住所 恵庭市戸磯397-2
電話 0123-32-2615
入浴料 大人690円(土日祝790円)、小学生300円(土日祝350円)、幼児無料
定休日 なし(設備点検の不定休有)
営業時間9:00~24:00(最終受付23:30)

6.新千歳空港温泉

新千歳空港温泉新千歳空港からの日帰り温泉といえば、こちらを抜きに考えられません。新千歳空港内にある温泉、そう、新千歳空港温泉です。

新千歳空港温泉豊富な湯量、開放的な内湯とともに湯上りのマッサージや休憩どころも充実。旅の疲れを癒してくれます。

マッサージは国際線も発着する空港だけに、国際色豊か。タイ式、中国式、バリ式と各種セラピーや、ボディケアやあかすりもありと道内でも特等級の充実度です。

新千歳空港温泉リラックスルームは女性専用で一人旅にもうれしい配慮があります。仮眠所も設置され、単にお風呂だけではなく体と心のトータルケアがここ一か所だけでばっちり完了するというハイパースポットです。

一日中いても退屈しない。空港に早く着きすぎてしまったら、2時間程度は十分にゆったりと過ごせることは間違いありません。食事処も充実おいしい食事もいただけるとあれば、立ち寄らないわけにはいきませんね。

新千歳空港温泉
新千歳空港国内線ターミナルビル4F
電話: 0123-46-4126 入浴料:マル得セット入館料 大人(中学生以上)1,500円 子供(小学生)800円 幼児(3才~未就学児)600円(入浴料・浴衣・バスタオル・タオル館内利用料金含む)
深夜1時以降は、深夜料金別途。大人(中学生以上)1,500円 子供(小学生)800円 幼児(3才~未就学児)600円※朝食無料サービス付き。
朝風呂入浴(午前5:00~8:00 ※最終受付7:30)大人(中学生以上)800円 子供(小学生)・幼児(3才~未就学児)400円※浴衣セットは料金に含まれません(浴衣セットは400円)
※大浴場 朝8:00終了/ 閉館時間 朝9:00

あとがき

北海道は良質の温泉がいっぱい。同時に日帰り温泉も道民の重要な観光スポットであり、大好物なのです。そのため千歳空港近辺でもたくさんの温泉施設があり、なおかつ毎日大盛況です。手ぶらで立ち寄れるスポットも多く気軽に楽しめます。

空港までの短い時間に道民文化の一端に触れてみるのも旅のいい思い出になるのではないでしょうか。

winter-easthkd-640banner ↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.