大自然を満喫!一度は泊まってみたい人気の北海道コテージ5選!

Tags:

公開日:2015/6/25

Pocket

北海道コテージイメージせっかくの北海道旅行、どうせなら普通のホテルや温泉じゃなく、北海道らしい自然に囲まれたコテージに泊まりたい!
と思いますよね♪実際、夏の北海道のコテージ人気はかなりのものがあります。

ところで、コテージに求めるものは「解放」や「自由」、「非日常を味わいたい」など理由は様々だと思います。その満足感を得るには、一定の条件が必要ですよね。広い、モデルハウスのようなコテージ、庭付き、緑に囲まれているなど・・・頭に浮かぶイメージは大体皆さん一緒だと思います。そこで今回は、誰もが納得する北海道の人気コテージを個人的に選んでみました。

まさに北海道!と思う自然に囲まれたコテージや高級コテージ、グループ・ファミリーにオススメ、こんな場所にもコテージがあったの?というところまでご紹介したいと思います。

<目次>
1.ホテルニドム【苫小牧エリア】
2.ルスツリゾート・ログハウスコテージ
3.アンヌプリ・ヴィレッジ【ニセコエリア】
4.中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ【十勝エリア】
5.ウィンケルビレッジ【小樽方面】
まとめ

1.ホテルニドム【苫小牧エリア】

★オススメポイント:湖畔に佇む自然いっぱいの高級コテージ
★周辺の観光地:札幌・支笏湖・登別・室蘭観光など

ニドムコテージ神秘的な森の中にフィンランド産のログハウスが湖に面して建てられている、全29棟の高級コテージです。

人造湖の「トムトム湖」周辺には散策コースなどもあり、森と風が奏でる音を楽しむことができます。

ニドムコテージ上質な木を最大限に活かしたログハウスで、シンプルさがより高級感を引き立てます。

ニドムコテージ25棟は4名用、残り4棟は6名~12名まで宿泊が可能です。

朝は目覚まし不要!小鳥のさえずりを聞きながら自然に目覚める、至福の時間を過ごしてみましょう。

ホテルニドム
住所:北海道苫小牧市字植苗430
電話:0144-55-8000
料金例:“開業25周年ステイオンリープラン”1泊2日素泊まりの場合(11,000円~15,000円)※2015/5/15(金)~2015/10/31(土) コテージ『リスの森』 : 2名1室, 3名1室, 4名1室
~その他情報~
■センターハウスから移動時に車での送迎有
■ルームサービス有
■新千歳空港から車で約15分の好立地

☆宿泊予約はこちらから(一休.comのページへ移動します)

2.ルスツリゾート・ログハウスコテージ

★オススメポイント:1ヶ所集中型!プールも遊園地もBBQもぜーんぶ揃ってる
★周辺の観光地:支笏湖・羊蹄山・洞爺湖など

ルスツリゾートリゾート敷地内にあるコテージは、4名以上から利用可能な可愛らしい造りが魅力です。

各棟によってレイアウトもさまざまで、1棟6~24名宿泊できるハウス・コテージが全11棟あります。

ルスツリゾート木の温もりが伝わる造りでは、コテージでしか味わえない癒しの空間が待っています。

1棟まるごと貸し切りなので、子供のテンションがあがっても迷惑かけない気兼ねのなさがいいですよね。みんなで料理したり、寝っ転がったり、自由自在です。

ルスツコテージ誰にも邪魔されない、プライベートな空間を思う存分楽しみましょう!

ルスツリゾート・ログハウスコテージ
住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
電話:0136-46-3111(電話での予約になります)
料金例:ログハウス(6名用)・コテージ(6名用) 平日:37,200円~・ 土・休前日:42,400円~※2015年夏シーズン参考
宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.ページへ移動します)

~ルスツ周辺観光のことならこちらもどうぞ~
夏休みは大自然で遊ぼう!ルスツリゾートで過ごす夏の魅力!

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

3.アンヌプリ・ヴィレッジ【ニセコエリア】

★オススメポイント:北海道屈指の緑の楽園でゆるり隠れ家ステイ
★周辺の観光地:アクティブに大自然を楽しむ・神仙沼をはじめとした湖沼群を散歩など

アンヌプリヴィレッジ全6棟の高級別荘が点在しているアンヌプリ・ヴィレッジは、各敷地面積が約2000㎡ある夢のような場所。緑の楽園に佇む別荘を広々と使うことができます。

アンヌプリヴィレッジ光が差し込む大きな窓の外には羊蹄山を一望できるバツグンのロケーションを誇ります。

アンヌプリヴィレッジ内装においても、洗練された家具の選定で格式の高さを実感できるはずです。モダンテイストと木の融合が美しい建物ばかりです。

アンヌプリヴィレッジ周辺にはアドベンチャー会社が3社ほどあるので、熱気球や羊蹄山の林道を駆け巡るマウンテンバイク、塩尻川の激流下りなどのアクティビティを存分に楽しむ方法はいかがですか?

アンヌプリ・ヴィレッジ
住所:北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ432-21
電話:0136-59-2111
料金例:スタンダード(3bdr/2btrm最大8名まで利用可)1泊2日素泊まりの場合(2名利用時22,700円/名・3名15,100円/名・4名11,400円/名・5名10,300円/名・6名9,200円・7名8,300円・8名7,800円)~オフシーズン時~
※税込価格です ※基本2泊~予約となります
~その他情報~
※無料で利用できるサービス
◾無線LANネット接続
◾飲物(お茶・コーヒー・ミルク・砂糖)
◾高級アメニティ(ハンドソープ・ボディソープ・シャンプー・コンディショナー)
◾高級リネン&タオル
◾お部屋のクリーニング(2日に1回)
◾リネン交換(8日に1回)
◾バーベキューセット完備(コンロ、鉄板、網、トング)
宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.ページへ移動します)

4. 中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ【十勝エリア】

★オススメポイント:平飼いの鶏の卵や自家栽培の畑から自由に収穫して料理ができる!
★周辺の観光地:十勝ガーデン街道・花畑牧場・ハルニレの木など

フェーリエンドルフ100年以上もの前、ドイツの北ヘッセンの田舎に実際建てられていた民家を参考に再現されたフェーリエンハウス。ドイツ人工学士で建築家だった故ヴォルフガンクが図面を指揮したそうです。

フェーリエンドルフ田舎の雰囲気を失わない、木の温もりを感じる内装にも注目です。各免責100㎡とゆったりしていて、音楽のある旅行を楽しみたい方はグランドピアノが備え付けられているコテージを選択も可能です。

フェーリエンドルフの野菜そしてもう1つの大きな特徴は、「自家農園の野菜や鶏の卵を自分で収穫・調理に使える」ことです。

野菜は季節に合わせた最旬の素材を丁寧に育て、卵は病気対策がきちんとされている放し飼いの鶏が産んだ、産みたて卵をいただくという他にない体験が味わえます。無料で自由に採集可能なのも嬉しいところ!

フェーリエンドルフのたまごせっかく北海道に来たのなら、自然の恵みを肌と食で感じてみませんか?

中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ
住所:北海道河西郡中札内村南常盤東4線
電話: 0155-68-3301 
料金例:★【暖炉付きドイツ古民家風コテージ】1泊2日素泊りプラン(7,000円/名~)
宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.ページへ移動します)  

5.ウィンケルビレッジ【小樽エリア】

★オススメポイント:ダッチオーブンを使ったBBQがカンタンにできる!
★周辺の観光地:三角市場・小樽運河・毛無山からの夜景・北一硝子など

ウィンケルビレッジ小樽の朝里川温泉にあるウィンケルビレッジは、遊ぶ・食べる・泊まることを120%楽しめる施設です。

ウィンケルビレッジコンドミニアムには広いテラスに暖炉やイス、客室露天風呂などがあり、マイナスイオンと共に温泉も満喫できますよ!

ウィンケルビレッジ大自然の中でぜひやりたい事NO.1のバーベキューは、ここでは一味違った体験ができます。

ダッチオーブンの貸し出し(有料)もありますので、今年は憧れだったダッチオーブンでアウトドア料理を楽しんでみませんか?

ウィンケルビレッジまた、バーベキューはお肉だけではありません。小樽が近いので、材料は近場の名物市場・三角市場まで観光がてらプラっと買い出しに。海鮮を買い込んで海鮮バーベキューなどもとってもオススメです!

ウィンケルビレッジなお敷地内でガラス制作体験ができる、ガラス制作体験&アクセサリーshop硝屋(しょうや)では、ガラス玉を使った小物作りが体験できます。こちらはお子様や女性に大人気!

今この瞬間をガラス玉にギュっと詰め込んで、旅の思い出を形で残してみませんか?

ウィンケルビレッジ
住所: 小樽市朝里川温泉2丁目686
電話: 0134-52-1185
料金例:★客室露天風呂付きコンドミニアム大人料金(【通常】日~木10,300円 ・金、休前日11,300円 )(【繁忙期7~9月】日~木11,300円・金、休前日12,200円)
※15歳以上は入湯税1泊につき150円/名別途
★別荘大人料金(【通常】日~木5,300円 ・金、休前日6,000円 )(【繁忙期7~9月】日~木6,000円・金、休前日6,200円)
宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.ページへ移動します)  

まとめ

北海道ならではの非現実の世界にトリップするには、ただコテージに泊まればいい訳でもなく、やっぱり想像をはるかに超えた特徴あるコテージを探すことが充実度につながります。お気に入りのコテージを見つけて、北海道の旅をもっと楽しんでくださいね!

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.