美しい自然を満喫!春の北海道旅行、観光・見どころを教えます♪

Tags:

公開日:2016/1/29

Pocket

北海道観光・春
北海道といえば、爽やかな風が吹き渡る夏。
そしてウインタースポーツ満開の冬。
秋の紅葉も捨てがたくおいしいものもいっぱい。

でも、春は?ご心配はいりません。北海道の春もなかなかに魅力的です。
北海道の短い春から夏を彩る百花繚乱のはじまりが5月なのです。残雪をたたえた山々での春スキーも北海道ならでは。

そんな北海道の春の魅力をお伝えします。ゴールデンウィークをピークとする早春の北海道を心行くまでご堪能ください。

<目次>
1.北海道の桜、春の花を楽しむ
2.春だから行きたい絶景スポット
3.春の旅行におすすめの観光地
4春スキーを楽しむ
5.北海道、おすすめの春の味覚
6.春の北海道旅行で注意したいこと
あとがき

1.北海道の桜、春の花を楽しむ

本州では梅に始まり、桜からつつじへと季節を彩る花が移り変わります。しかし、ここは最果て北海道、大地同様スケールが違います。

梅に始まる花の開花時期が一気に怒涛のごとく押し寄せます。いわば、花の満開大爆発という様相なのです。
梅も桜もつつじも芝桜もポイントを変えれば一気に楽しめるのが北海道の春です。

1)松前城公園

北海道観光・春

花見でジンギスカンの円山公園。ソメイヨシノとは異なる趣のエゾチシマザクラ咲く根室、名所は尽きませんが、道内外から人気なのは松前城公園。
ちょうどゴールデンウィークに見ごろを迎えるというのも人気の秘密です。

北海道唯一の城下町にして、松前藩ゆかりの地は近年上質なマグロの取れる港としても有名になりましたが、道民にとって松前といえば桜。
城を取り囲むように咲き乱れる桜は色の濃淡、花の大小ともバラエティに富んで忘れられないインパクトを見るものに与えます。

松前町ツーリズム推進協議会(松前町・松前観光協会・松前商工会)
電話:0139-42-2726

北海道観光・春Photo By Flickr : 唯一的滿開 / Ian’s

2)五稜郭公園

北海道観光・春

道南といえばもう一つの名所が五稜郭。
松前城のような技巧を感じさせるものではありませんが、星形の城跡すべてが桜の花のかたまりになる様は、豪快かつ、壮大。

北海道観光・春

高い建物がないだけに、花でできた城という佇まいとなります。

3)東藻琴(ひがしもこと)公園(大空町)

北海道で桜といえば必ずしも樹上の花ばかりをさしません。
芝桜も春の花として重要な存在。

北海道観光・春画像提供元:北海道無料写真素材DO PHOTO

大空町の東藻琴公園は5月の初めから6月にかけては山がすべて淡いピンクから紫の可憐な花の絨毯に包まれます。

広々と広がる美しい空と花々に包まれて幸せな気分を満喫できることは請け合い。
ぜひこの感動的な光景に出会ってください。

※お問い合わせ先:(株)東藻琴芝桜公園管理公社
住所:北海道網走郡大空町東藻琴末広393
電話:0152-66-3111

2.春だから行きたい絶景スポット

1)ラストof流氷

北海道観光・春画像提供元:北海道無料写真素材DO PHOTO

3月はオホーツクも海明け間近の時期。
流氷も見納めということで3月末から4月初めにて流氷観測船はオーロラⅡもガリンコ号も運休に入ります。

あとは10か月近く流氷が押し寄せてくるのを待たなければなりません。
北海道の早春は流氷を見たうえで、ミズバショウなどの花も楽しめるというおいしい時期。

さらには海明け近くの海の幸も楽しめます。
ならば、この時期をおいて他にはないラストオブ流氷を楽しみましょう。

名残の流氷は消えゆくものへの哀愁を漂わせながら、見る人の心に新たな感動を呼び起こすと思います。おすすめです。

オホーツク・ガリンコタワー株式会社
〒094-0031
北海道紋別市海洋公園2番地
TEL:0158-24-8000 FAX:0158-24-4040
URL http://www.o-tower.co.jp

2)壮瞥(そうべつ)公園梅林から眺望―春の洞爺湖

本州から約2か月以上遅れて梅の時期が北海道にもやってきます。

北海道観光・春画像提供元:pixta

札幌の平岡公園などは広大な敷地に数多くの梅が咲き誇り、凛と冷えた早春の札幌の空気に鮮烈な梅の香りを漂わせるのですが、景観ということであれば洞爺湖の青く美しい水面をバックにほのかな紅を含ませる可憐な花を咲かせる壮瞥(そうべつ)公園の梅林がおすすめです。

春のこの一瞬にしか味わえない日本らしくもあり、スケールが大きく日本離れした光景は胸躍るものといえるでしょう。
一大観光地洞爺湖の湖岸に位置する町だけに、温泉施設や遊覧船など足をのばせば、様々な観光スポットもいっぱい。早春の洞爺湖を楽しむ最高のスポットの一つです。

そうべつ観光協会
住所:北海道有珠郡壮瞥町字滝之町384番地1
道の駅 そうべつ情報館i(アイ)1階
電話番号:0142-66-2750

3)雄姿に出会える瞬間―春の駒ケ岳

北海道観光・春写真提供元/ 北の大地の贈り物 Photo by (C) RARURU

北海道に名峰はいくつもあれど、羊蹄(ようてい)山と駒ケ岳は形の美しさや周辺の景観からその双璧をなす存在といえるでしょう。
駒ケ岳は大沼に映るその姿の美しさやその周辺の原生林と合わせいつまで眺めていても飽きない、美しさに時を忘れる山ですが、この春の時期のおすすめは朝。

太陽の出る方角がちょうど駒ケ岳と重なり、朝日の中にゆっくりと雄姿を浮かばせていきます。
この瞬間こそが真実の瞬間。心の震えを感じるときとなります。枕草子に著される「春はあけぼの」そのままの風景が眼前に広がります。

ほかのシーズンでは味わうことのできない美しさをご堪能ください。

•大沼国際交流プラザ 0138-67-2170
•大沼国際セミナーハウス 0138-67-3950
•(財)自然公園財団大沼支部 0138-67-3477

4)夕日に照らされる露天風呂―積丹岬の湯

残雪に輝く積丹半島のドライブはまた夏とは違う積丹の顔を私たちに見せてくれます。
ニセコ方面のパノラマラインが冬季閉鎖期間を終えたならばぜひ走り出してください。

北海道観光・春画像提供元:北海道無料写真素材DO PHOTO

美しい海岸線を楽しみながら、かつてはニシン漁でわいた積丹半島の古の姿を思い起こさせてくれるはずです。
そして夕刻は岬の湯へ。

日帰りの温泉施設ではありますが、春の時期はちょうど海を展望する露天風呂の正面に太陽が沈むベストシーズンなのです。
ウニの時期にはまだ早いのですが、遠く夕日を眺めながら心を寛がせる。

一見、何もない春に思えるかもしれません。でも、心はしっかりと満たされるはずです。

岬の湯しゃこたん
住所:北海道積丹郡積丹町野塚町212-1
電話: 0135-47-2050
入浴料/大人610円 小学生310円(冬期260円)
定休日
水曜(12~3月は水曜、木曜)/7・8月無休
営業時間
10:00~21:00(入館受付20:30迄・12~3月は11:00~20:30で入館受付20:00)

3.春の旅行におすすめの観光地

3-1.いよいよ解禁春の花畑牧場

北海道観光・春Photo by Flickr : 花畑牧場 / alberth2

旭山動物園は夏季の営業に向けて休園中の4月。
7日までの冬季営業に間に合わなければ、中札内(なかさつない)町の花畑牧場は次のターゲットになります。

キャラメルづくり・チーズ作りの見学だけでなく、7万坪という広大な敷地の中は東京ドーム5個分の大きさ。
向上だけでなく牧場内には沢山の動物がいてふれあう事ができます。

北海道観光・春Photo by Flickr : 花畑牧場 / alberth2

遊具もあり、動物と触れ合うことができる、キッズにも大満足のスポットです。
ちょっと疲れたら、自家製アイスクリームや生キャラメルを楽しめるカフェもあります。

全国に花畑牧場の支店は数々あれど、やはり本店のショップやカフェで北海道のおいしい空気とともに食事やショッピングを楽しむのは格別です。冬季休業からのオープンともなればプレミア感は否が応でも増していきます。

北海道観光・春Photo by Flickr : 花畑牧場 / alberth2

動物たちも冬の寒さから目覚め心地よさそうにゆるやかに流れる時間を楽しんでいるかのようです。
夏の時期も大人気スポットですし、GW中も大人気。実はオープン早々の4月が一番ゆっくり楽しむのにはいい時期といえるでしょう。

〒089-1372 北海道河西郡中札内村元札内東4線311-6
電話 (011)375-9853 FAX (0155)69-4560 (平日10時~17時)

 

3-2.春の到来を告げる嘶き(いななき)ほっかいどう競馬開幕

北海道は全国でもナンバーワンの競走馬の産地、1月から毎週のようにレースが開催されている中央競馬もそのほとんどが北海道出身の選手たちです。

北海道観光・春

雪に閉ざされる北海道は雪の少ない日高地方といえど、4月がそのスタートの時期となります。
ここは優駿の産地日高の門別競馬場がおススメ。
小規模なひなびた競馬場ではありますが、北海道の素朴さ暖かさを感じられる競馬場です。

北海道観光・春
Photo by Flickr : Breeding Race Horses. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

合計4店舗、こぢんまりとしてかわいいらしいショップは、店構えこそ、かわいらしいものの開催日ともなれば行列ができるお店ばかりの実力派。
スィートのお店からお手軽なお蕎麦屋さんまで北海道らしいラインナップです。

北海道観光・春

馬産地の中にある競馬場だけに少し車で走れば競走馬の牧場がいっぱい。
緑のあふれる時期とはいきませんが、将来の優駿が牧場でのんびりと遊び、またトレーニングに励む姿が見られるかもしれませんし、同様にあるような仲良しよさげなお馬の親子のすがたにも出会えるかもしれません。

タイミングさえ合えば、二十間道路の桜の花見も可能かもしれません。

■所在地/北海道沙流郡日高町富川駒丘76番地1
■電話/01456-2-4110
■交通/
・JR:札幌駅から苫小牧経由で富川駅まで約2時間40分
(富川駅からタクシーで約10分)
・路線バス:札幌駅前ターミナルから門別競馬場前まで高速バス乗車約1時間30分

4春スキーを楽しむ

北海道観光・春
Photo by Flickr : NISEKO Powder Power. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

日本でも最も遅くスキーを楽しめる北海道。
最も遅いところではGWまでスキーが十分に楽しめますし、雪質は標高の低いところではザラメ状。

北海道観光・春
Photo by Flickr : Niseko 16 April 2007 / thedailyenglishshow

しかし、標高の高い場所ではまだまだなかなかの雪質をキープしています。
数多くあるスキー場の中でも、道民がおススメするのは、雪質の糠平。しかし問題はアクセスと周辺施設。

アクセスの面では札幌国際スキー場。小樽にも札幌にも近く、バスで約90分程度です。周辺施設の充実度では広大なゲレンデ面積を持つグランヒラフスキー場でしょうか。

北海道観光・春
Photo by Flickr :Skiing holiday. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

春の日差しを受けながらのんびりした雰囲気です。
ニセコエリアではありますが倶知安町。札幌からは中山峠を越えて約2時間です。

どのスキー場にも周辺に温泉地や宿泊施設も多くあり、たっぷりと春スキー楽しめます。
ただし、日によって猛吹雪から雨まで天候が変化しやすいのには注意が必要です。
札幌国際スキー場
〒061-2301
札幌市南区定山渓937番地先
TEL(代表) 011-598-4511

ぬかびら源泉郷スキー場
電話
スキー場事務室: 01564-4-2201糠平舘観光ホテル: 01564-4-2210
スキースクール: 01564-4-2388(受付時間 9:00-10:00/12:00-13:00)
所在地
〒080-1403
北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷南区75

ニセコヒラフスキー場
〒044-0081 北海道虻田(あぶた)郡倶知安(くっちゃん)町字山田204
連絡先電話番号
グラン・ヒラフ代表電話:0136-22-0109

5.北海道、おすすめの春の味覚

北海道の海産物はこの3月から旬が始まるもの、3月で旬が終わるもの。ちょうどグルメの交差する時期。
両方がたっぷりと楽しめるのが3月なのです。その中で代表的なものをあげていきましょう。

オホーツクの毛ガニ

北海道観光・春

海明けを待っていたかのように出回るのが毛ガニです。内浦湾や太平洋の毛ガニは夏が最盛期となりますが、流氷の下でたっぷりと栄養を蓄えた毛ガニはこの春が旬。きめが細かく歯ごたえのある肉質や濃厚なうまみはこの時期だけの限定品。海明けの幸を味わってください。

北海道観光・春

ボタンエビ

北海道観光・春

濃厚な甘みで寿司店でも大人気なネタの一つ。年中食べられるお店もありますが、一番うまみが乗るのは3月という方が多いようです。歯ごたえも最高になる越冬したボタンエビは北海道に春を告げる海産物の一つなのです。と同時にナンバンエビ(甘えび)はこの時期が最終。しばらくの間お休みに入る前に、2種のえびのデュエットを楽しんでください。

6.春の北海道旅行で注意したいこと

6-1.気温、気候について

北海道観光・春
※気象庁ホームページ参照の上作成

最高気温から考えて、本州の冬といっても差支えのない気温であることがわかります。
最低気温についても同様です。

また、3月までは強い低気圧がオホーツク海に発生し、3月初旬の天候が大荒れになることも。
当然大量の雪が降りますので、交通機関のダイヤの乱れも発生します。夏以上に旅程には余裕が必要になります。

グラフからもわかるとおり、最低気温と最高気温の差が10℃になりますから、日中は温かく感じても夜になり急に冷え込むと感じるかもしれません。
この温度差が北海道の春の訪れであるともいえます。

-5℃から温度計が動かないのが冬なのですから。
湿度は低めで5月まで暖房が入っているため、肌の乾燥には気を付けた方がよいと思われます。
風は温度以上に冷たくまた強く感じる日が多いのも春の気候の特徴です。

6-2.服装について

北海道観光・春

さすがに函館から札幌までの地域ではダウンコートは必要ありません。
本州における冬の服装は必要と感じられるはずです。

ただ、温度の変化は徐々に大きくなる時期ですから、冬のように肌着を重ね着するのは不便でしょうから、セーターやカーディガンなど着たり脱いだりがしやすいものを重ねた方が無難でしょう。

風は強く少し暖かめの帽子や毛糸の手袋などはあったほうが重宝すると思います。
また、訪れる地域によっても道南では桜の咲く4月ですが、道東やオホーツクではついこの間、海明けといって流氷が消え去ったという時期です。
下手をすると関西地方の真冬より寒く、気温も氷点下になることもあります。

旅行先や目的によって上着の枚数などは増減してくると思います。
また、雪が多い札幌や函館などは滑り止めの砂がホコリに変わる時期です。マスクはあったほうがいいかもしれません。

6-3.ドライブ、運転について

北海道観光・春

ゴールデンウィーク前までは各所冬季通行止めになっている道も多く、道路の選択には慎重さが必要になります。
また、峠はまだまだ雪が多く圧雪アイスバーンの状態になっているところもあります。

北海道民が夏タイヤに履き替えるのはGW明けであることも多いということが4月の道路状況を物語ります。
日によっては道路が凍結していることもあるということです。

レンタカーであれば冬タイヤに設定してあるはず、その点は安心です。
道路状況に応じて走って北海道思う存分楽しんでください。

心と時間に余裕を忘れないことがうまく旅行を進める秘訣ですね。

あとがき

北海道観光・春写真提供元/ 北の大地の贈り物 Photo by (C) RARURU

いかがだったでしょう。
たしかに、春の北海道は夏ほどの自由はありません。しかし、観光客も逆に言えば少なく純粋に北海道を楽しみたい方には実は穴場的な時期であるといえるでしょう。

そして、やはり春にしか出会えないいくつもの感動的な光景があります。
渡り鳥の群れ、動物の子供たち、そして残雪と新緑のコントラスト。
見逃せないものがたくさんあります。

ぜひ春の北海道も訪れてください。
何もないところに生まれる素の感動がきっとあります

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.