円山バル・クロ|北海道素材を活かした絶品イタリアンとビンテージワインの贅沢

Tags:

公開日:

Pocket

円山 イタリアン

地元、札幌市民たちが密かに通うようなお店。
観光で北海道を訪れる方々の中でも、そんなお店が知りたいと思っている方たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はそんな「地元札幌市民に人気」の、イタリアングルメのオススメ店をセレクトしてみました。早速ご紹介いたします。

円山でイタリアン「円山バル・クロ」

札幌市の人気エリア”円山”に、今回ご紹介するお店「円山バル・クロ」があります。
こちらのお店は、2013年4月にイタリアンバルとして、リニューアルオープンしました。

外観でまず目に付くのが、そのムーディーかつカジュアルシックな佇まいです。

円山 イタリアン

一歩店内に入ると、イタリアンらしい、明るく広い寛げる店内空間が特徴となっています。

円山 イタリアン

そして、リニューアルをキッカケに函館の人気イタリア料理店から迎えられたのが、奥村雄史シェフです。

円山 イタリアン

彼の創り出す料理では特に、北海道せたな町や今金町の地元生産者とのつながりを活かした「北海道」の厳選食材のメニューが絶品揃いと評判です。

円山バル・クロの料理

早速味わってみました。
厳選した3品をご紹介します。

まずは、「自家製タリアテッレ蝦夷鹿のラグーソース」(ディナーメニューの一品)。

円山 イタリアン

北海道で育った蝦夷鹿肉を赤ワインに漬け込み、ゆっくり時間をかけて
煮込んだラグーソースがたまりません。

それを自家製手打ちパスタ”のタリアテッレとよくからめて頂きます。

ちなみに、蝦夷鹿は、高タンパク・低カロリー・豊富な鉄分があり、栄養バランスがとても良く、美容にも良いと女性に人気となっています。野趣感を満喫できる北海道らしいお味です。

つぎに、「ランプレドットの煮込み和牛赤センマイ」(ディナーメニューの一品)。

円山 イタリアン

イタリア風”もつ煮込み”とも評されるランプレドットです。本場では屋台で食べられる事も多く人気です。

牛の胃袋であるギアラ(赤センマイ)を香菜やワインなどで手間暇かけて煮込んでトロトロになった状態で頂きます。
ギアラはクセがあると言われていますが、それも感じないほどの絶品の味でした。

最後に、「北海道産ひらめのカルパッチョ」(前菜メニューの一品)。

円山 イタリアン

魚のカルパッチョは、鮮度が命。旬の天然素材でなければ美味しく味わえないと言われています。
今回の北海道産のひらめのカルパッチョは、実に新鮮で美味。
シンプルな味付けであるが故に、その鮮度と旨さが際立っていました。

今回ご紹介した以外に、北海道食材を活かした最新メニューとして北海道厚岸産アサリ “ビアンコ or ロッソ”や、北海道で美味しい玉子と評判の「太田ファーム」産ファフィ卵のカルボナーラなど北海道食材を使用した絶品料理もあります。

2000本を超えるワイン

また、こちらのお店の売りとして、地下のワインセラーに貯蔵された2000本を超えるワインがあります。
その品ぞろえに圧倒されます。

円山 イタリアン

ちなみに、こちらのセラーは、店内の「床窓」からのぞいて観ることもできるので必見です。

おわりに

円山 イタリアン

いかがでしたでしょうか。

オールドビンテージを中心としたワインの種類も豊富に取り揃えており、道産食材を活かしたイタリアン料理と織りなす極上の美味コラボレーションに、イタリアン料理通・ワイン通、そして北海道産食材好き…どなたも充分に満足出来る、札幌の名店と言えるでしょう。

札幌観光の際は是非一度、ご賞味頂きたいと思います。

※ご紹介したメニュー内容は定期的に変更致します。
今回ご紹介した掲載メニューは当方が伺った当時のものです。
現在はSoldout(売り切れ)している場合もございます。予めご了承ください。
店舗の各種情報等、最新の情報はお店のホームページにて随時ご確認いただくか直接店舗にお問い合わせください。

円山 イタリアン

円山 バル・クロ
住   所 〒064-0820
札幌市中央区大通西27丁目1-12(KFC隣)
駐車場 道路挟んで向かい側2台分あり
アクセス地下鉄「円山公園」駅1番出口から徒歩1分
連 絡 先 TEL & FAX 011-613-9600
営業時間:ランチ12:00~14:00
:ディナー17:30~24:00
定休日:毎週火曜日
平均予算 【ランチ】1600円~4000円【ディナー】4000円~5400円
席数 47(テーブル44、カウンター3)
アクセス タクシー予想運賃(すすきの駅から円山公園駅)
¥1,110 ~ ¥1,290 ( 約10分 )

記事執筆・撮影:Maverick

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.