根室市 納沙布岬|本土最東端!日本で一番早く朝日を見ることができるスポット

Tags:

公開日:2017/7/28

Pocket

納沙布岬

とんねるずの楽曲「人情岬」のモチーフになった納沙布岬(のさっぷみさき)。
日本列島 本土最東端の納沙布岬は根室駅から約23km、車で約25分のところに位置しています。

明治時代に建てられた先端に立つ灯台は、「北海道灯台発祥の地」として歴史のロマンを感じさせてくれます。

今回は、納沙布岬とその周辺にスポットライトを当ててご紹介していきます。

もくじ:
1. 納沙布岬ってどんなところ?
2. 納沙布岬オススメ写真スポット
3. 根室市北方領土資料館
4. 北方館・望郷の家
5. オーロラタワー
6. 旅の記念に記念スタンプ
7. 納沙布岬のカニとお食事のお店
8. 納沙布岬 初日詣
9. 納沙布岬へのアクセス
おわりに

1. 納沙布岬ってどんなところ?

納沙布岬画像提供:根室市観光協会

納沙布岬は、北緯43度23分07秒、東経145度49分01秒に位置する本土最東端の岬でアイヌ語の「ノッ・サム」(岬の傍ら)に由来しています。

先端に建っている灯台は、1872年7月に設置された道内初の洋式灯台。
納沙布岬付近は、当時から霧が濃い航海の難所として知られ、日本とアメリカとの往来に多くの貨物船が航行していたため、明治政府によっていち早く造られました。

納沙布岬 夕日画像提供:根室市観光協会

納沙布岬は、平地では最も早く朝日を見ることができます。

納沙布岬から望む一面の海には、夏にはラッコ、冬は流氷、春から初冬にかけてはネズミイルカやミンククジラなども観察でき、四季を通して様々な表情を見せてくれます。

2. 納沙布岬オススメ写真スポット

本土最東端の岬、納沙布岬灯台は、人気の写真撮影スポットです。

納沙布岬画像提供:根室市観光協会

他にもオススメの写真撮影スポット、時期をお聞きしてみました。旅行のスケジュールの参考にしてみてください。

日の出)夏・・午前3~4時  冬・・午前6~7時頃

昆布漁の風景)6月~8月 早朝・午前中

四島(しま)のかけ橋)通年

納沙布岬の初日の出)1月1日 午前6:49

3. 根室市北方領土資料館

北方領土資料館

北方領土資料館には、戦前の四島(択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島)の生活に関する資料やパネルが展示されています。

戦前の北方領土には日本人が住んでいたという歴史・事実や当時の島の暮らしぶり、島の思い出を後世に正しく伝えていくための施設です。

北方領土資料館 内観

北方領土資料館の1階で「日本本土四極 最東端到達証明書」がいただけます。

日本本土四極 最東端到達証明書

日本本土四極とは、本土最東端の根室市のほか、最北端の稚内市、最南端の鹿児島県南大隅町、最西端の長崎県佐世保市のこと。

四極すべての到達証明書の裏面をつなげると「日本本土四極踏破証明書」が出来上がります。

日本本土四極 最東端到達証明書

東西南北 最果ての地を旅したくなりますね!

トット君

写真は「トット君」(トド)
根室管内の羅臼(らうす)町近海で捕獲されたもの。体長約4メートル、体重約1トンで剥製では道内最大級のものだそうです。

《根室市北方領土資料館》
住所:北海道根室市納沙布33番地2
休館日:水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日が休み)
※5~10月は無休
年末年始12月31日~1月5日まで休み
開館時間:9:00~17:00
入館無料
TEL・FAX:(0153)28-2445

4. 北方館・望郷の家

つづいてご紹介する北方館・望郷の家は、2階でつながっている施設です。

北方館・望郷の家

北方館は、昭和55年8月に開館した施設。
目の前に広がる日本固有の領土、北方の島々を望みながら北方領土問題の発生状況や歴史的経緯を展示資料によって閲覧することができます。

2階の展望室には望遠鏡(無料)が設置されていますので、貝殻島や歯舞(はぼまい)群島、国後(くなしり)島を望むことができます。

北方館・望郷の家 内観

北方館の窓口では「北方領土視察証明書」も発行していただけます。

つづいて、昭和47年4月に開設された望郷の家。

望郷の家

第2次世界大戦後、北方領土の島々を追われた元島民の方々の心の拠り所として開設。
戦前の島民の生活関連資料や島々における街並み、住居表示を折り込んだ地図などが展示されています。

《北方館・望郷の家》
住所:北海道根室市納沙布36番地 望郷の岬公園内
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)
※5~10月は無休
年末年始12月31日~1月5日まで休み
入館無料
開館時間:9:00~17:00
(11月16日~3月15日‥9:00~16:30)
TEL:(0153)28-3277

次に、北方館・望郷の家付近にあるシンボル像・モニュメントをご紹介します。

*北方館・望郷の家付近にあるシンボル像・モニュメント*

「四島(しま)のかけ橋」
四島(しま)のかけ橋

北方領土を4つのブロックに表現。互いに連なりあって大きなかけ橋となり、領土返還を祈るゲートとして表現したものです。(昭和56年9月建立)

きぼうの鐘
きぼうの鐘

北方領土の1日も早い返還実現の願いを込めて日本国民の強い祈りを表しているモニュメント。響く鐘の音は、四島の返る日まで北方の島々に鳴り続けます。

5. オーロラタワー

オーロラタワー

オーロラタワーは、地上96m、360度見渡せる展望台です。歯舞群島、国後島の山々、知床連峰、根室半島、太平洋、オホーツク海が一望できます。

《NPO法人 望郷の塔 オーロラタワー》
住所:北海道根室市納沙布89番地
入館料金:大人500円、小・中学生300円、幼児無料
休館日:4・11・12月の火曜、1~3月の火~木曜
開館時間:9:00~17:00 (10~3月は9:00~16:00)
TEL:(0153)28-4004

オーロラタワー画像提供:根室市観光協会

オーロラタワーの脇には、納沙布金刀比羅(のさっぷことひら)神社があります。
日本本土 最東端に鎮座する無人神社です。

6. 旅の記念に記念スタンプ

珸瑤瑁(ごようまい)郵便局画像提供:根室市観光協会

旅の記念に立ち寄りたくなる最東端の郵便局、「珸瑤瑁(ごようまい)郵便局」には記念スタンプがあります。

記念スタンプ 画像提供:根室市観光協会

本土最東端の郵便局から手紙やハガキを送ってみるのも素敵ですね。
珸瑤瑁郵便局は、納沙布岬から車で約10分ほどの珸瑤瑁地区にあります。

《珸瑤瑁(ごようまい)郵便局 》
住所:北海道根室市珸瑤瑁1-43-1
営業時間:9:00~17:00
TEL:0153-28-2250

7. 納沙布岬のカニとお食事のお店

納沙布岬のお食事スポットをご紹介。

たけうち商店 外観

納沙布岬にあるお食事処「たけうち商店」
温かいてっぽう汁、カニ丼、イクラ丼、サンマ丼、刺身類などのメニューがあります。カニの地方発送も行っていらっしゃいます。

《たけうち商店》
住所:北海道根室市納沙布36番地
TEL:(0153)28-3185

8. 納沙布岬 初日詣

納沙布岬 初日詣画像提供:根室市観光協会

納沙布岬で新年を迎えるイベント「納沙布岬初日詣」は、例年元日の午前5時から実施。
郷土芸能の披露やホットコーヒー、お茶の無料配布、花咲ガニのてっぽう汁の販売も行われ、毎年多くの人で賑わいます。

9. 納沙布岬へのアクセス

納沙布岬 上空から画像提供:根室市観光協会

アクセス
・根室駅前ターミナルから納沙布岬行きバスで約45分
・根室駅から車で約25分

「納沙布岬」
HP)http://www.nemuro-kankou.com
住所)北海道根室市納沙布
電話)0153-24-3104(根室市観光協会)

おわりに

納沙布岬

岬周辺には施設やお店も立ち並び、観光を楽しむことができます。

根室十景にも選ばれている、納沙布岬。
雄大な景観の中、歴史に思いを馳せるひとときを過ごしてみてはいかがでしょう。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.