初めての方もこれで安心!小樽運河パーフェクトガイド

Tags:

公開日:2015/5/26

中央橋から臨む小樽運河北海道有数の観光地として人気の高い「小樽」、その象徴が小樽運河です。けれども初めての方にとっては、小樽運河で何が楽しめるのか、どのくらいの時間をとればいいのか?など、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

小樽運河は、大正12年に完成、北海道の海運を支えた歴史ある風景を楽しむことができる、ぜひ訪れたい北海道観光のハイライトのひとつです。

今回、初めて小樽を訪れる方に安心して小樽運河を楽しんでいただけるよう、見どころやレストラン、ホテル等をざっとご紹介させていただきます!

<目次>
1. 写真で見る小樽運河の魅力
2. 時間がない方はここを抑えればOK!小樽運河観光の基本形
3. もっとしっかり楽しみたい方へ!小樽運河のより深い楽しみ方!
4. 小樽運河をさらに楽しみたい方へ!レストラン&カフェ・セレクト4
5. 昼も夜も小樽を楽しみたい方へ♪小樽運河周辺の宿泊施設3軒
6. 3時間でも満足!小樽運河&小樽観光モデルコース

1. 写真で見る小樽運河の魅力!

北海道有数の観光地として人気が高い「小樽運河」。その魅力はやはり、古き良き、ノスタルジックな運河沿いの建物が立ち並ぶ美しい景色です。

青空と緑が美しい、夏の小樽運河
夏の小樽運河

小樽運河は、大正12年に完成、北海道の開拓を支えた港湾都市「小樽」の海運を支えた水路で、水路に沿って昔ながらの倉庫が立ち並ぶ、歴史ある場所です。運河としての役割を終え、昭和61年に一部埋め立てを行い、散策路や街園が整備された現在の姿となりました。

ガス灯に灯りがともる、夕暮れの小樽運河
夕暮れの小樽運河

運河沿いの散策路には63基のガス灯が設置され、夕暮れ時には運河や石造りの倉庫がライトアップ、日中とはまた違った雰囲気を味わうことができます。

ガス灯の暖かい色に包まれる、夜の小樽運河
夜の小樽運河

冬になると、昔ながらの佇まいを残す石造倉庫や歩道に雪が積もり、北国らしさを演出します。

レンガ造りの建物が雪に包まれる、冬の小樽運河
冬の小樽運河

ガス灯のあかりが白い雪を輝かせる、夜の小樽運河
otaru_unga_winter_night1

2. 時間がない方はここを抑えればOK!小樽運河観光の基本形

小樽運河は見ておきたいけど、他にも観光をするからあまり時間がないんです、という方が気になるのは、どのくらい時間をとればいいか、ではないでしょうか?

結論としては、小樽運河の簡単な観光なら、30分もあればOK!まず抑えるべきメインをここでご紹介いたします!
小樽運河の見どころ地図

小樽運河は、JR小樽駅から緩い坂道を下って徒歩10分弱の場所と、レンタカーを利用しなくても公共の交通機関を使って比較的簡単に観光を楽しむことができます。
もちろん、レンタカーを利用する場合も、運河周辺には有料のパーキングがあり、おおよそ30分200円、というのが相場です。
なお、小樽市のホームページには、便利な「おたる駐車場マップ」をダウンロードすることができます。便利ですね!
小樽市ホームページ おたる駐車場マップ

・中央橋

中央橋から臨む小樽運河JR小樽駅から緩い下り坂をまっすぐ歩いて約10分。
小樽運河の中心に位置する橋。クルーズ船「小樽運河クルーズ」の発着地。

中央橋と隣の橋の「浅草橋」の間の運河沿いの「運河散策路」を歩いて、情緒を楽しむのが正しい歩き方です♪時間が少ない方は、この中央橋からスタートして、運河散策路を歩きましょう♪

・浅草橋

浅草橋(横)から臨む小樽運河中央橋から散策路を歩いて約4~5分。橋の上にちょっとした広場があり、ここで小樽運河をバックに記念写真をとるのがスタンダード!観光案内所も併設してます。
なお、時間が少ない方は、浅草橋から折り返して、中央橋に戻りましょう。
(写真は浅草橋から撮影した小樽運河と遊歩道)

・運河プラザ

小樽運河プラザ中央橋の交差点に立地。観光案内所と、特産品の販売やカフェが併設。小樽の旬な情報を提供しております。
時間がない方もこちらに立ち寄れば、小樽運河沿いの倉庫の中の雰囲気を感じることができます♪お土産など少し見ると、ちょうどスタートから30分程度になるでしょう。

次のページ 3. もっとしっかり楽しみたい方へ!小樽運河のより深い楽しみ方!

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.