この冬に小樽に行くならはずせない。小樽ゆき物語の見どころはコレ!

Tags: ,

公開日:

小樽ゆき物語

年間を通じて観光地として人気が高い、北海道小樽市。
その中でもとくに、冬の季節は小樽観光におすすめの時期といえます。

冬になると、「小樽ゆき物語」というイベントが、開催されます。

小樽ゆき物語というのは、街中がガラスアートやイルミネーションで、ロマンチックに彩られるイベント。
その姿は神秘的で美しく、現実を忘れてしまうほど。

そんな小樽の冬のイベント「小樽ゆき物語」について、見どころや開催期間、場所など詳しくご紹介していきます。

<もくじ>
1.小樽駅構内ガラスアートがお出迎えしてくれる
2.「青の洞窟」を再現!小樽運河の青いイルミネーション
3.漁業で使われる「浮き球ツリー」が撮影スポットに!
4.「硝子の街 小樽」をワイングラスタワーで表現
5.歴史的建造物が幻想的にライトアップされる!
6.小樽観光は風物詩である「小樽ゆき物語」がおすすめ

1.小樽駅構内ガラスアートがお出迎えしてくれる

小樽駅構内ガラスアート

小樽観光地の玄関口である小樽駅。
この小樽駅構内に、小樽ゆき物語の開催期間中は、さまざまなガラスアートがお出迎えしてくれます。

このガラスアートの芸術品は、小樽市内のガラス工房で作られた作品で、「小樽の冬」をガラスで表現しております。

ガラスアート

「雪の結晶」というのは、一つとして同じ形がありません。
そんな雪の結晶を表現しているガラスアートには、圧倒されてしまいます。

ガラスアート

またガラスアートの中には、とても可愛らしい作品もあり、見ていてほっこりした気持ちにさせてくれます。

ガラスアートはとても繊細で、見た人の心をグッとつかみ離しません。
小樽観光の思い出に強く残ることでしょう。

開催期間:2017年11月11日(土)~2018年1月31日(水)
場所:JR小樽駅
地図はこちらから

2.「青の洞窟」を再現!小樽運河の青いイルミネーション

小樽運河のイルミネーション

小樽の街をよりロマンチックに彩るイルミネーションが見どころの小樽運河。

小樽ゆき物語期間中、小樽運河を美しく照らすのは、青色のLEDを用いた約1万個のイルミネーション。
近年夏時期を中心に人気が高まっている、小樽の「青の洞窟」を再現しております。

なおおすすめは日没後すぐの時間帯です。
この時間帯は、まだ空に蒼さが残っている時間帯なので、空の蒼とイルミネーションの青が相まって、美しく幻想的に小樽運河を演出してくれます。

浅草橋の方から赤岩山の方へとカメラを向けて写真を撮ることで、異なる二つの「青×蒼」を収めることができます。

そして、小樽運河をより満喫するには、小樽運河内を周遊している「小樽運河クルーズ」がおすすめ。
個性あふれるキャプテンが約40分の間、小樽の街をガイドしながら小樽運河内と小樽港内を操船!乗客を飽きさせません。

「なるほど!」「え!そんなことがあったの?」など、小樽の歴史の話から面白い話まで、バラエティー豊かにガイドしてくれます。

開催期間:2017年11月11日(土)~2018年1月31日(水)
点灯時間:日没~22:30
地図はこちらから

3.漁業で使われる「浮き球ツリー」が撮影スポットに!

浮き球ツリー

小樽ゆき物語での風物詩である、「浮き玉ツリー」。
こちらは、約200個の浮き球を使用して作られております。

浮き球というのは、漁業に使用する網を浮かせる目的として使われていました。
もともと漁業が盛んな小樽の街にとって、浮き球というのは、小樽の漁業の歴史を代表するアイテムなのです。

小樽運河プラザの前に、その浮き球ツリーは展示されております。その高さは約3mと迫力満点。

ガス灯や歴史的建造物と一緒に、浮き球ツリーを撮影することができるスポットにもなっております。

開催期間:2017年11月11日(土)~2018年1月31日(水)
場所:運河プラザ 前庭
地図はこちらから

4.「硝子の街 小樽」をワイングラスタワーで表現

ワイングラスタワー

硝子の街小樽として代表的な芸術品が、メイン会場である小樽運河プラザ内に展示されています。

このワイングラスタワーは、約2000個のワイングラスを積み上げており、とてもインパクトがあります。しかも、ワイングラスタワーは、6色に変化しますので、その色によって、演出する雰囲気が変わるのが、見どころです。

そして、期間中の金曜日、土曜日の18:00~21:00の間、ロマンチックに演出されているワイングラスタワーを眺めながら、地元小樽のお酒を楽しむことができる「キャンドル・バー」が開かれます。

大切な人とロマンチックな雰囲気の中、お酒をたしなみ、楽しい時間を過ごすのもおすすめです。

開催期間:平成28年11月12日(土)〜平成29年2月12日(日)
場所:運河プラザ
地図はこちらから

5.歴史的建造物が幻想的にライトアップされる!

歴史的建造物のライトアップ

小樽運河沿いの倉庫群をはじめとした、小樽市の歴史的建造物が、夜の時間、通年ライトアップされています。

小樽ゆき物語が開催されている冬の季節になると、雪と歴史的建造物のコラボレーションを楽しむことができます。
日中に見る建物の雰囲気とは変わり、夜の建物は静寂に包まれながらも、ライトアップされており、雪によって照り返される光がとても柔らかい印象になります。

その姿は、なんとも幻想的で見入ってしまうほどです。

開催期間:通年
点灯時間:日没〜午後10時(施設によって異なる)
場所:小樽運河ほか

6.小樽観光は風物詩である「小樽ゆき物語」がおすすめ

小樽運河のイルミネーション

ということで今回は、冬の季節に開催される「小樽ゆき物語」をご紹介しました。

小樽についた瞬間から「小樽ゆき物語」が始まります。
魅力あふれるロマンチックな小樽を過ごしたい人には、冬の季節ならではの「小樽ゆき物語」がおすすめです。

ガラスアートを鑑賞や、幻想的で美しい小樽運河を散策など、小樽の魅力を存分に味わい、観光することができる内容です。

冬の季節に訪れる人には、はずせない「小樽ゆき物語」。
ぜひみなさんも一度、ロマンチックな小樽を観光してください。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.