幻想的な夜の森と海を楽しもう!【知床流氷フェス】リポート

Tags:

公開日:

Pocket

知床流氷フェス全景イメージ

世界自然遺産・知床を擁する斜里町で、2017年1月30日から、冬の夜の体験型イベント「知床流氷フェス」が始まりました!

流氷が訪れる海と、雪に包まれた森。2つの会場でゆったり、のんびり、知床の自然を体感できるイベントをリポートします。

<もくじ>
1.知床流氷フェスとは?
2.不思議!氷のアートが登場
3.焚き火やガイドトークでのんびり
4.森で楽しみたいグルメやコーヒー
5.海のそばで流氷を感じよう
おわりに

1.知床流氷フェスとは?

知床では昨年まで30年間、レーザー光線で夜空にオーロラを再現するイベント「知床ファンタジア・オーロラファンタジー」を開催してきましたが、流氷フェスはこの後継となるイベントです。

より身近に知床の自然を体感してほしい!と、地元観光関係者が中心となって企画、準備を進め、今年の初開催を迎えました。

夕陽台

イベントスタートの1月30日は、北海道が定めた「知床の日」でした。
知床が世界自然遺産に登録された2005年の流氷接岸初日という記念日です。

流氷の海から森へとつながる豊かな生態系が特徴の知床。
両方を会場とするイベントを楽しみながら、その価値を感じ取ってもらいたいという思いが込もっています。

2.不思議!氷のアートが登場

知床流氷フェスの会場は、海を見渡す高台のグリーンステージ(国設知床野営場)と、流氷の海がすぐそばのブルーステージ(オロンコ岩特設会場)の2つです。

知床流氷フェス

グリーンステージでまず注目したいのが、氷のアート。
受付を通ると、高さ約5mのアイスタワーと、不思議な形のアイスドームが見えてきます。

これらは造形作家のタケナカヒロヒコさんの作品で、地元の漁業者らと一緒に約1ヶ月間かけて設営しました。
自然が創り出したここだけの、ここならではのアート作品です。

知床流氷フェス

知床流氷フェス

「BAR the ICE」という名前のアイスドームは、中に入ってまたびっくり!
何とも言えない迷宮のような造りで、大人も子供もワクワクする空間になっています。

タケナカさんによると、これらは特に設計図を描かず、その日の気温や風を感じて創り上げたそう。

奥に進むと、ハルニレの木で作ったバーカウンターが登場します。
ここではホットカルーアミルクやカルピスビール(いずれも500円)などアルコールドリンクを楽しめるほか、実行委員会メンバーや他の観光客との語らいの場にもなっています。

3.焚き火やガイドトークでのんびり

焚き火

グリーンステージの会場に点々と設置されているのが、パチパチと赤く燃えるたき火です。
見た目も実際もとても暖かく、幻想的な癒し空間を演出しています。

飲み物を飲んだり、マシュマロ、チーズ、鮭とばのおつまみセット(500円)を串であぶって食べたり、たき火を囲んでのんびり過ごすのがおすすめです。

知床流氷フェス

毎日午後8時から約20分間、知床の自然に詳しいネイチャーガイドらのトークショーも行われており、知床の魅力を存分に語ってくれます。
他にも寝そべって星空を眺められる空中テントやハンモック,グランピング用のテントも設置されていますので、自由にくつろいでみてください。

4.森で楽しみたいグルメやコーヒー

知床流氷フェス

会場では、サケのちゃんちゃん焼きを具材にした中華まん「知床チェプ饅」(300円)が販売されています。
サケはもちろん知床産で、皮にも地場産小麦を使っています。

おいしい海産物、農産物も知床の恵みの一つ。熱々のチェプ饅をぜひ味わってみてくださいね。

コーヒー

網走市のはぜや珈琲の豆を挽き、HARIOのケトルやドリッパーで淹れるコーヒーセット(2杯分、500円)も好評です。
自分で淹れるからこそ味わい深い。

たき火を囲み、夜の森で飲むコーヒーは、忘れられない一杯になるのではないでしょうか。

5.海のそばで流氷を感じよう

知床流氷フェス

一方のブルーステージは、流氷の海のすぐそばです。

海中照明で流氷を照らしたライトアップのほか、存在感抜群のオロンコ岩、三角岩も色とりどりのライトアップ。
波の音が消えた静寂の中、天気の良い日は満点の星空を眺めることもできます。

ダイナミックな自然の中に身を置いて、昼とは違う雰囲気の流氷を楽しめます。

知床流氷フェス全景イメージ

ライトアップされた流氷は、グリーンステージの夕陽台という展望スポットからも眺めることができます。
ウトロ港を埋め尽くす流氷は、街の灯りとともに美しく輝いて見えました。

おわりに

ドライスーツを着て流氷の上を歩く「流氷ウォーク」や、ネイチャーガイドと一緒に知床五湖をスノーシューで歩く「厳冬期の知床五湖エコツアー」など、冬の知床は楽しいアクティビティが盛りだくさん。

昼間はこれらのツアーを楽しみ、夜は幻想的な知床流氷フェスの会場で思い出を語り合うのはいかがでしょうか。
2つのステージを結ぶ無料バスも運行しています。雰囲気のよい知床の森と海を満喫してください。

DATA
知床流氷フェス
期間:2017年 1月30日〜2月28日
時間:18:30〜22:00(ラストオーダー21:30)
入場料:グリーンステージ:1名500円
(知床のシンボルマーク「トコさん」の缶バッジ、ホットココアorホットワイン付 )
ブルーステージ:無料
問い合わせ:知床流氷フェス実行委員会(知床斜里町観光協会)0152−22−2125
http://blog.shiretoko.asia/2016/12/2017130228.html

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.