登別・洞爺湖・室蘭エリアの冬の観光・見どころまとめ

登別・洞爺湖・室蘭エリアの冬トップ
写真提供:洞爺湖町

札幌や函館からも近く、列車でも飛行機でも移動しやすい登別・洞爺湖エリアは季節を問わず観光客でにぎわう場所です。

北海道有数の温泉街でも知られるこちらのエリアには、たくさんの温泉宿が立ち並び、1年中いろいろなイベントがおこなわれています。
昼はさまざまなスポットやイベントを楽しんで、夜は温泉でゆっくり過ごせるエリア。

今回はそんな登別・洞爺湖エリアの冬の楽しみ方をご紹介します。
必ず訪ねてほしいスポットや見逃せないイベントがたくさんですよ。

またこのエリアの冬の気候やおすすめの服装もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<もくじ>
1.冬の空気の中できらめく「洞爺湖イルミネーショントンネル&ストリート」
2.冬だからこその絶景「オロフレ峠の樹氷」
3.冬をアクティブに楽しむ「洞爺湖温泉冬まつり」
4.熱気渦巻く「登別温泉湯まつり」
5.大人も子供も楽しめる「カルルス温泉冬まつり」
6.登別・洞爺湖・室蘭エリアの気温や気候は?服装はどうする?
おわりに

1.冬の空気の中できらめく「洞爺湖イルミネーショントンネル&ストリート」

洞爺湖イルミネーショントンネル1
写真提供:洞爺湖町
冬の洞爺湖を訪れたのなら絶対に見逃せないスポットが、イルミネーショントンネルとイルミネーションストリート。

毎年11月から3月頃まで開催されるイルミネーションイベントで、冬の冷たい空気の中でライトがきらめいてとてもきれいなんですよ。

洞爺湖イルミネーショントンネル2
写真提供:洞爺湖町
イルミネーショントンネルは外側から見てもキラキラしていてきれいなのですが、中に入ってみると感動的な美しさです。

たくさんのライトに周りを囲まれて、まるでファンタジーの世界に迷い込んでしまったような気分に。
こちらの会場はたくさんの温泉ホテルが並ぶ場所にあるので、夕食や温泉に入った後でも気軽に見に行くことができますよ。

洞爺湖イルミネーションストリート
写真提供:洞爺湖町
イルミネーションストリートは洞爺湖の遊覧船を運航している洞爺湖汽船本社前が会場です。

こちらのイルミネーションは日没後に点灯するので、日が短い時期であれば夕方の16時過ぎには点灯しはじめます。
そのためゆっくりとこちらのイルミネーションを楽しんで、冷えてしまった体を宿泊先の温泉であたためてから食事をとることも可能です。

<洞爺湖イルミネーショントンネル>
住所:〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉69
TEL:0142-75-2446(洞爺湖温泉観光協会)
開催期間:11月中旬~2月下旬
営業時間:19:00~22:00
<洞爺湖イルミネーションストリート>
住所:〒049-5721 虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29(洞爺湖汽船本社前)
TEL:0142-75-2446(洞爺湖温泉観光協会)
開催期間:11月上旬~3月下旬
営業時間:日没~22:00
公式ホームページ:http://www.laketoya.com/

2.冬だからこその絶景「オロフレ峠の樹氷」

オロフレ峠の樹氷
写真:一般社団法人登別観光協会
洞爺湖町の湖をはさんで隣町にあたる壮瞥町と登別をつなぐオロフレ峠。
古くは交通の難所として知られた場所です。

でもこの峠道にはたくさんの樹木がはえていて、夏には生命力あふれる緑を、秋には見事な紅葉を見ることのできる場所でもあります。
冬は大変厳しい寒さですが、そんな寒さも吹き飛ばすような幻想的な樹氷を見ることができるんですよ。
枯れた樹木に白い花が咲いたような樹氷は、冬の洞爺湖・登別エリアで見逃せない光景の1つ。

<オロフレ峠>
住所:〒059-0465 登別市カルルス町

3.冬をアクティブに楽しむ「洞爺湖温泉冬まつり」

洞爺湖冬まつり1
写真提供:洞爺湖町
夏には毎晩湖面に映る花火を見ることができる洞爺湖ですが、冬にもきれいな花火を楽しむことができるイベントがあるんですよ。

それがさっぽろ雪まつりの日程と同じ期間で開催される洞爺湖温泉冬まつり。
開催期間中は毎日20:30から10分間の花火を楽しめます。

この花火は打ち上げ花火だけでなく、大きな仕掛け花火「ナイヤガラ」もあるので、ぜひ会場の近くで観賞してくださいね。

洞爺湖冬まつり2
写真提供:洞爺湖町
またまつり会場ではさまざまなイベントや、温泉街ならではの足湯・手湯を堪能できるブースなどもあります。

花火で心をあたためたあとは足湯などで体をあたためてから宿泊施設に帰りましょう。

<洞爺湖温泉冬まつり>
住所:〒049-5721 洞爺湖町洞爺湖温泉69
TEL:0142-75-2446(洞爺湖温泉観光協会)
開催期間:2月上旬
入場料:無料(一部有料イベントあり)
公式ホームページ:洞爺湖温泉冬まつり

4.熱気渦巻く「登別温泉湯まつり」

登別温泉湯まつり
写真提供:一般社団法人登別観光協会
節分という北海道でも一番寒い季節に下帯姿の男たちが湯かけ合戦などをおこなう、登別温泉湯まつり。

お湯と男たちの体から立ち上る熱気であたり一面真っ白になる光景は圧巻です。

こちらのまつりは登別温泉の豊富な湯量と泉質に感謝して、今後も温泉が枯れることがないようにという祈りを込めたもの。

<登別温泉湯まつり>
住所:登別温泉一帯
TEL:0143-84-3311(登別観光協会)
開催期間:2月3日~4日
観覧:無料
公式ホームページ:http://www.noboribetsu-spa.jp/?events=yumatsuri

5.大人も子供も楽しめる「カルルス温泉冬まつり」

カルルス温泉冬まつり
写真提供:一般社団法人登別観光協会
登別の冬のまつりは男性が主役の登別温泉湯まつりだけではありません。

こちらのカルルス温泉冬まつりは、毎年3月第1週の日曜日に開催されるまつりで、サンライバスキー場を舞台としています。

会場内ではみかんひろいや宝探しなど、雪の中で体を動かして楽しむイベントが多数。
子どもからお年寄りまで参加できる、景品がいっぱいのまつりですよ。

<カルルス温泉冬まつり>
住所:登別市カルルス町27
TEL:0143-84-3311(登別観光協会)
開催期間:3月第1日曜日
営業時間:9:00~13:15頃
入場料:無料
公式ホームページ:http://www.noboribetsu-spa.jp/?events=karurusu

6. 登別・洞爺湖エリアの気温や気候は?服装はどうする?

登別・洞爺湖・室蘭エリアの冬気温
写真提供:洞爺湖町

洞爺湖・登別はともに北海道のほかの地域にくらべると、温暖で雪の少ない地域です。

真冬でも最低気温がマイナス10度以下になることが少なく、冬の観光も厳しくないのが特徴です。

登別・洞爺湖・室蘭エリアの冬服装

しかしいくら北海道の中ではあたたかいエリアと言っても、イルミネーションやまつりで長時間外にいるときには、防寒着が必要となります。

とくにカルルス温泉冬まつりのように、雪上で遊ぶ時にはスキーウェアなどがあるといいですよ。
また靴も雪道に適した防寒靴を用意するのがおすすめです。

おわりに

洞爺湖・登別エリアの冬の見どころや見逃せないイベントをご紹介しました。

温泉街があるこの地域は、1年を通して見どころやイベントがありますが、寒い屋外で過ごしてから入る温泉は格別です。

また雪を見ながら入ることができる露天風呂も最高。ぜひ冬の洞爺湖・登別エリアを楽しんでみてくださいね。


↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.