洞爺湖 中島トレッキング体験記~中島1周探検コース~

Tags:

公開日:

Pocket

洞爺湖 中島トレッキング体験

北海道を代表する観光地・洞爺湖エリア。洞爺湖温泉が有名なのはもちろんですが、昭和新山と有珠山(うすざん)というふたつの火山をかかえるため、地球の活動を間近で体験できる観光スポットとして多くの観光客に人気があります。

それに加えて、洞爺湖遊覧船での湖クルーズも洞爺湖観光の定番です。
洞爺湖遊覧船では、途中、中島と呼ばれる島に立ち寄ることができますが、トレッキングを楽しめることはあまり知られていません。

今回は地元の人もなかなか行くことのない洞爺湖・中島に上陸してフットパス(トレッキングコース)を散策してみました!

【目次】
1.洞爺湖と中島について
2.中島1周探検コース体験
まとめ

 
 
 

1.洞爺湖と中島について

洞爺湖 中島トレッキング体験

洞爺湖は、火山の噴火によってできた湖です。
大きな火山の噴火が起きると、その周囲の土地が陥没して大きなくぼ地ができます(カルデラ)。
長い時間を経て、くぼ地に雨水などがたまったものがたまると「カルデラ湖」といわれる湖になります。

火山噴火という地球の活動によって生まれたカルデラ湖は景観がダイナミックで美しく、その多くが観光地として親しまれています。

特に、火山列島の異名をもつ日本には、箱根の芦ノ湖や青森県の十和田湖など多くのカルデラ湖があります。
北海道では摩周湖や屈斜路湖、支笏湖など多くのカルデラ湖があり、洞爺湖も北海道を代表するカルデラ湖です。

洞爺湖の中央には「中島」といわれる四つの島がありますが、これらは火山噴火のときに出てきた溶岩や物質が積み重なって作られたものです。
四つの島の名前は「大島」「観音島」「弁天島」「饅頭島」、どれも無人島です。

そのなかでも、大島は洞爺湖遊覧船の周遊コースの立ち寄りポイントで、上陸もできます。

また、大島には島を一周する散策路があって、アウトドア初心者でも気軽にトレッキングできるコースとなっています。

洞爺湖 中島トレッキング体験画像提供元:洞爺湖有珠山ジオパークより引用

今回は大島に上陸して約7.6kmの「中島一週コース」を歩いてみました。

 
 
 

2.中島1周探検コース体験

洞爺湖 中島トレッキング体験

洞爺湖を訪れたのは、そろそろ紅葉が始まる9月後半。北海道では緑を楽しめるのはこの頃までです。

洞爺湖 中島トレッキング体験

朝8:30に遊覧船に乗りました。のんびりと小さな船旅を楽しみます。

洞爺湖 中島トレッキング体験

20分ほどで中島に上陸します。
遊覧船は30分おきにくるので、その間だけでも観光を楽しむことができます。

洞爺湖 中島トレッキング体験

タイミングがよければエゾシカの姿を見ることができます。

洞爺湖 中島トレッキング体験

入山には洞爺森林博物館で入山手続きが必要です。
9時に博物館が開館すると同時に、氏名などを指定のノートに記入して手続きを済ませます。

洞爺湖 中島トレッキング体験

散策路の入り口は、写真のようなゲートになっています。
ここは支笏洞爺国立公園の一部でもあるので、ゲートにはいろいろと注意書きが書かれています。

洞爺湖 中島トレッキング体験

散策路のゲートからはしばらくウッドチップが敷かれた道が続くカラマツ林です。

街歩き用の靴でも歩きやすくなっているので、湖の周遊の途中で少し立ち寄ったかたでも気軽に歩くことができます。

洞爺湖 中島トレッキング体験

林を抜けると登り坂にはいり、本格的な散策路になっていきます。
景観も、独特の存在感がある木々が増えてきます。生い茂る木と一緒に大きな倒木もあり、神秘的な雰囲気を感じます。

洞爺湖 中島トレッキング体験

しばらく散策路を登っていくと急に景観が変わり、平地が広がります。

洞爺湖 中島トレッキング体験

その名も「大平原」とよばれるエリアです。

洞爺湖 中島トレッキング体験

以前は木があったのですが、なぜかこのエリアだけが枯れてしまったとのことです。
森の真ん中に突然と広がる不思議な空間です!

やがて、周囲に人工音がほとんどないことに気づきました。

時々遠くからかすかに遊覧船やモーターボートの音が聞こえてきますが、自動車の音などの機械音はいっさい聞こえてこないし、観光地特有のBGMもまったくありません。

風が吹く音や雨音、鳥の鳴き声や羽ばたく音など、自然の音で満ちています。

これだけでも、来た価値があるなあと思いました。

ここにはベンチもあるので小休止、しばし自然のなかに浸ってヒーリングタイムを過ごします。

洞爺湖 中島トレッキング体験

散策再開。

洞爺湖 中島トレッキング体験

大平原から少し進むと「アカエゾマツコース終点」という看板があります。
時間に制限がある場合、ここで引き返すと1時間ほどのお手軽トレッキングコースになるのですが、今回は一周するのでそのまま通過します。
ここから徐々に下りに入っていきます。

洞爺湖中島トレッキング

ここまでくると、道はウッドチップで整備されたものではなく通常の山道です。
急勾配や歩きにくい道はほとんどないので、専用シューズの用意があれば不慣れなひとでも安全に山歩きを楽しむことができます。
遠くに湖が見えてきます。

この日は天気が時々雨だったので、残念ながらあまり景観のよい写真は取れませんでしたが、雨模様の洞爺湖も、神秘的で独特の味わいがありますよ!

洞爺湖 中島トレッキング体験

山道を下って湖畔に出ました。ここまで約1時間半。矢印にそって歩きます。
ここからはほとんど平地です。ただし、途中に傾斜があったり岩が多くて歩きにくいところがあるので、足元に注意です。

洞爺湖 中島トレッキング体験

このときは9月後半だったので、木々が黄色や赤に色付きはじめていました。

洞爺湖 中島トレッキング体験

一気に秋へと向かう前に、今シーズン最後の緑を堪能します・・・。

洞爺湖 中島トレッキング体験

しばらく歩くと、饅頭島、弁天島や観音島が見えてきます。
ここまでの目安として2時間程度。慣れた人ならば、1時間半もかからないと思います。

洞爺湖 中島トレッキング体験

終点を示す看板も出てきて、道もかなり歩きやすくなります。

洞爺湖 中島トレッキング体験

終点のゲートに到着。

洞爺湖 中島トレッキング体験

筆者の場合、ここまで2時間と少々でした。

洞爺湖 中島トレッキング体験

通常より少し早いペースなのですが、その理由は、当日は昼から雨の予報が出ていたからです。
アウトドア用の雨具を用意していたので少々の雨は大丈夫ですが、さらに悪天候になる可能性もあったので、少し早めに移動するよう計画していました。

通常ですと、中島散策の場合は、3時間から4時間を見込んでスケジュールを立てるのがいいでしょう。

洞爺湖 中島トレッキング体験

このあと、遊覧船の待ち時間を利用して洞爺森林博物館を見学してから、帰りの船に乗りました。

まとめ

今回は、洞爺湖・中島の散策コースを一周してみました。
地元出身の筆者ですが、実は中島に上陸したのは子供のころに一度だけ、今回の訪問で2度目でした!

地元民が洞爺湖エリアに遊びに行くときは、湖畔での温泉、グルメ、キャンプがほとんどで、中島散策をするひとはあまりいないのではと思います。

でも今回のトレッキングで、中島のほとんど手付かずの自然にふれて、その魅力にはまりました。
今回は夏の終わりに訪ねましたが、次回はもう少し早い季節のときに行ってみたいと思います!

【スポット情報】
洞爺湖遊覧船
URL:http://www.toyakokisen.com/
住所:虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29番地
TEL:0142-75-2137
運航時間/所要時間:
【夏季(4月下旬〜10月末日)】8:00~16:30(30分毎)/約50分(中島に下船した場合は30分後の船に乗り換えて約80分)
【冬季(11月〜4月初旬)】9:00~16:00(60分毎)/約30分~45分 ※冬季は中島に下船できません
料金:大人1,420円、小人(小学生)710円

~こちらもどうぞ~
・ドライブで行きたいね!洞爺湖のおすすめ観光スポットまとめ!

winter-easthkd-640banner ↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.