千歳基地航空祭でいつもは見られない景色を楽しもう♪

Tags:

公開日:2018/6/21

Photo by Frickr : P1030431 / regvn

千歳という地名を聞くと新千歳空港を思いうかべる方が多いですよね。実際に新千歳空港を利用して、北海道に旅行に来るという方もとても多いもの。

でも千歳には新千歳空港のほかにも航空機がたくさんある場所があるのですが、どこかわかりますか??

それは新千歳空港に隣接している、自衛隊・千歳基地。

いつもは中に入ることが難しい場所ですが、毎年7月に開催される千歳基地航空祭では無料で基地の中にはいることができるんですよ。

今回はそんな千歳基地の中に入ることができる千歳基地航空祭の魅力をご紹介します。

<もくじ>
1.千歳基地航空祭とは?
2.間近で航空機・戦闘機が見られる展示
3.大迫力の航空ショーと子供も楽しめるイベント
4.千歳空港・札幌市内からのアクセス方法は?
おわりに

1.千歳基地航空祭とは?

Photo by Frickr : P1030442 / regvn

千歳基地航空祭は千歳市にある自衛隊・千歳基地で行われるイベント。例年7月下旬の日曜日に開催されるイベントで、周辺の都市からはもちろんのこと、北海道内外からたくさんの人が訪れるお祭りです。

千歳基地内は平日であれば見学することも可能なのですが、見学ができる時間が決められていたり、申請が必要だったりと気軽にたずねることができない場所。

でも千歳基地航空祭の開催日には朝9時から午後15時までという長い時間、基地内に入ることができます。

Photo by Frickr : P1030416 / regvn

しかもさまざまな航空機を間近で見ることができたり、曲芸飛行が行われたりとイベントもたくさん。子供が楽しむことができるイベントも多くあり、家族みんなが楽しむことができるお祭りです。

また千歳基地航空祭では航空機などの展示のほかに、飲食店の出店もたくさん。お祭り気分で1日を過ごすことができますよ。

2.間近で航空機・戦闘機が見られる展示

Photo by Frickr : F-2 / iyoupapa

千歳基地航空祭のみどころはなんと言っても、普段間近で見る事ができない、数々の航空機の展示。

展示が行われるのは航空自衛隊機だけでなく、アメリカ軍機や陸上自衛隊機、海上自衛隊機、海上保安庁の航空機など、たくさんの航空機が一堂に会します。

それもかなり近い場所から見ることができるので、細部にいたるまで堪能することができるんですよ。

Photo by Frickr : P1030373 / regvn

航空機のほかにも、戦車や自衛隊で使用されている大型車両なども展示されています。移動警戒器材や除雪器材など、めったに見ることができない機材などもあり、飛行機好きでなくても楽しめる展示なんですよ。

それぞれの展示物の周りには、自衛隊員の姿があり、その装備や凛々(りり)しいたたずまいもみどころ。

Photo by Frickr : F-15 機動飛行展示を行うF-15 / iyoupapa

千歳基地航空祭では地上での展示だけでなく、航空機を実際に飛行させる飛行実演も行われます。

とくに9時からのオープニングセレモニーや、オープニングフライトなどではたくさんの航空機が飛行する姿を満喫できるので、できれば朝から会場に足を運んでみてくださいね。

3.大迫力の航空ショーと子供も楽しめるイベント

Photo by Frickr : ブルーインパルス / iyoupapa

千歳基地航空祭の日には、先ほどもご紹介したオープニングフライトのほかにもフライトイベントがたくさんあります。中でもブルーインパルスの曲芸飛行は見逃せないイベント。

狭い間隔で機体が並んでいる飛行や、一糸乱れぬ編隊で曲芸を繰り広げる姿は、エリート集団であるブルーインパルスならではですよ。

Photo by Frickr : P1030517 / regvn

こちらは実際にブルーインパルスが飛行機雲で描いたハート型。ハート型のほかにも花火のような形や、星型など描かれる形はたくさんあるので、今年はどんな形が描かれるのか楽しみですね。

しかしブルーインパルスの飛行は天候などによってキャンセルされる場合も。絶対にブルーインパルスを見たいという方は早めに千歳に入って、前日の飛行練習を見るという方法がおすすめです。

Photo by Frickr : P1030372 / regvn

千歳基地航空祭では子供が楽しめるイベントや展示もたくさん。ちびっ子救出大作戦やキッズトレインといった、子供が参加できるイベントも多いので、飽きずに過ごすことができますよ。

子供用の航空服やヘルメットを着用して飛行機の前で記念撮影をすることも可能。パイロット気分で写真を撮ってみましょう。

4.千歳空港・札幌市内からのアクセス方法は?

新千歳空港

千歳基地航空祭は年に一度だけのお祭り。望みのイベントを見逃さないように、千歳基地までのアクセスをご紹介しますね。

まずは北海道の空の玄関口である新千歳空港から。新千歳空港と千歳基地は隣接しているとはいえ、歩いてすぐという距離感ではありません。そのため新千歳空港からの移動でもタクシーなどの車を使うのがおすすめですよ。新千歳空港の正面から基地までは、車で約6分。

札幌駅から千歳基地に行くには、南千歳駅まで快速エアポートを使用する方法がおすすめです。南千歳駅までの移動時間は30分強で、運賃は840円。

例年、南千歳駅から徒歩5分ほどのバス停からシャトルバスが運行しています。また2018年の航空祭では基地内に駐車場が設置されないため、公共交通機関でのアクセスが推奨されています。

<千歳基地航空祭>
住所:〒066-8510 千歳市平和無番地 航空自衛隊千歳基地
TEL:0123-23-3101(代表)
開催日:2018年7月22日(日)
※例年7月下旬の日曜日に開催
開催時間:9:00~15:00
入場料:無料
公式ホームページ:http://www.mod.go.jp/asdf/chitose/

おわりに

航空自衛隊機などさまざまな飛行機を間近で見学することができて、ブルーインパルスの飛行などのイベントもたくさんの千歳基地航空祭をご紹介しました。

千歳基地航空祭はみどころの多いイベント。今年の夏は北海道の風景だけでなく、迫力満点の航空祭で思い出を作ってみませんか?

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.