北海道でカーラーデビュー!気軽に体験ができるカーリングホールと知っておきたいこと

Tags:

公開日:2018/3/29

画像提供:どうぎんカーリングスタジアム

冬季オリンピックで一躍脚光を浴びたカーリング。氷上のチェスとうたわれているこのスポーツは実は老若男女問わず楽しめるスポーツです。北海道では、年中カーリングを楽しめる施設があり、気軽に体験もできます。

今回は、北海道内でカーリング体験ができるカーリングホールを4ヶ所、ご紹介します。旅のついでに訪れてカーラーデビューしちゃいましょう!

もくじ
1.ほとんど手ぶらでOK!気軽にカーリングが楽しめるカーリングホール
1-1.アドヴィックス常呂カーリングホール
1-2.どうぎんカーリングスタジアム
1-3.妹背牛町カーリングホール
1-4.サンピラー交流館カーリングホール
2.カーラーデビューをする前にしっておきたいこと
2-1.始めてなら予約は必須!インストラクターが丁寧に教えてくれます
2-2.当日必要な物は?
2-3.ケガには気を付けましょう
3.まとめ

1.ほとんど手ぶらでOK!気軽にカーリングが楽しめるカーリングホール

北海道 カーリング画像提供:妹背牛町カーリングホール

北海道は全国でもカーリング人口が多い地域。観光スポットとしてもジワジワと人気を集めています。数あるカーリングホール中で体験が可能なカーリングホールの概要と体験プランなどをご紹介します。

1-1.アドヴィックス常呂カーリングホール

北海道 カーリング

オリンピック選手を輩出したことで全国的に知られるようになったアドヴィックス常呂カーリングホール。道内最大6シートのカーリングホールは広々としています。

明るい雰囲気のフロア内には、カーリングの歴史や当時使っていたビール樽で作った当時使用していたストーンなども展示されていてカーリングの博物館のよう。施設も新しく清々しい気分でカーリングを楽しめます。

北海道 カーリング

カーリング体験では、「気軽に体験コース」(1時間)、「カーリング入門コース」(2時間)、「本格的体験コース」(3時間)と3種類の設定があり、ストーンを投げてみたい方から本格的に知識や技術も体験したい方まで幅広いニーズに対応しています。

北海道 カーリング

カーリングホールから徒歩3分くらいの場所にある、ところ流氷窯手工芸の館では、カーリングストーン型の小物入れや箸置きなどおみやげにピッタリのものがずらり。陶芸体験もでき常呂観光でカーリングをしたあとに利用したいスポットとしてもおすすめです。

【詳細情報】アドヴィックス常呂カーリングホール
住所:北見市常呂町字土佐2番地2
開館時間:平日・土曜日 10:00~22:00
祝日・日曜日 10:00~17:00
休館日:月曜日(年末年始12月31~1月5日)
TEL:0152-54-1099(特定非営利活動法人 常呂カーリング倶楽部)
利用料金:1シート1時間
一般 1,400円、大学・高校生720円、中学生以下280円
用具レンタル:シューズ・ブラシセット(1セット)120円
防寒着(上下1着)400円

1-2.どうぎんカーリングスタジアム

北海道 カーリング画像提供:どうぎんカーリングスタジアム

札幌市内中心部から約20分ほどの場所にあるどうぎんカーリングスタジアム。アクセス抜群な立地は観光コースにもピッタリです。体験コースでは、小さなお子様からご年配者、車いすの方なども体験することができます。用具一式をレンタルすることもでき、手ぶらでカーリングを楽しむことができます。

北海道 カーリング画像提供:どうぎんカーリングスタジアム

また、予約でカーリング体験の他に、シートが空いていれば予約なしで体験することができる「気軽にふらっとカーリング体験」や平日夕方にはリーズナブルな料金で気軽に参加できる「小学生放課後カーリング」などカーリングをより身近に楽しめる工夫がたくさんあります。

【詳細情報】どうぎんカーリングスタジアム
住所:札幌市豊平区月寒東1条9丁目1-1(月寒体育館隣)
利用時間:10:00~21:00
休館日:第3月曜日(調整日)、年末年始(12/29~1/3)
※6月4日から7月20日まで解氷期間(氷を作り直す期間)の為、カーリング体験はできません。
TEL :(011)853-4572
駐車場:50台(車いす利用者用3台)
アクセス:地下鉄東豊線「月寒中央駅」徒歩約5分
公式サイトURL:http://www.shsf.jp/curling/
利用料金:1シート1時間 
一般1,500円、学生 750円
用具一式レンタル 100円(シューズ、ブラシ、スライダー)

1-3.妹背牛町カーリングホール

北海道 カーリング 画像提供:妹背牛町カーリングホール

旭川市から西へ車で約1時間の場所にある妹背牛町(もせうしちょう)にあるカーリングホールは11月~3月までカーリングが楽しめます。コースは3種類あり、「ちょっとやるだけショートコース」(1時間)、ゲームも楽しくミドルコース(2時間)、「知識もしっかりハードコース」が体験できます。

北海道 カーリング画像提供:妹背牛町カーリングホール
妹背牛町カーリングホールの魅力はリーズナブルなお値段で体験が可能なだということ。また夏季には、カーリングよりも手軽にできるユニカールを体験することができ、ファミリーで楽しむことができます。

【詳細情報】妹背牛町カーリングホール
住所:雨竜郡妹背牛町字妹背牛5181番地2
利用時間 平日10:00~22:00 土・日・祝日10:00~21:00
期間 11/1~3/31まで
休館日 12月30日~1月6日
TEL (0164)32-9511
利用料金:1シート1時間
一般・大学生 1,000円 高校生700円 小学生以下500円
用具一式レンタル 100円(シューズ、ブラシ、スライダー)
公式サイトURL:
http://www.town.moseushi.hokkaido.jp/machi/sporting_facilities/curling_hall_price.html

1-4.サンピラー交流館カーリングホール

北海道 カーリング画像提供:サンピラー交流館カーリングホール

ひまわりの街で有名な名寄(なよろ)市にあるサンピラー交流館カーリングホール。11月~3月の冬期にカーリングが楽しめます。

予約時に初心者であることを伝えると当日インストラクターが指導してくれます(指導料無料)。その他にもお子様に大人気の大型遊具などもありカーリングだけでなく一日中楽しむことができる施設です。

【詳細情報】サンピラー交流館カーリングホール
住所:名寄市字日進147
利用時間:10:00~22:00 期間:11/1~3/31休館日:12/29~1/1
TEL:01654-3-9826
利用料金:1シート1時間(4名以下で1シート利用の場合)
一般 1,400円 大学生 900円 高校生 600円 中学生以下320円
用具一式レンタル 150円(シューズ、ブラシ、スライダー)
公式サイトURL:http://www.nayoro.co.jp/sunpillarpark/curling/index.html

2.カーラーデビューをする前にしっておきたいこと

北海道 カーリング
カーリングは気軽に体験できるスポーツであるとともに頭脳も使うスポーツです。せっかく初めて楽しむなら準備もしっかりすればより楽しくカーリングを体験することができます。

当日にカーリングホールへ行っても慌てないようしっておきたいことをまとめました。

2-1.始めてなら予約は必須!インストラクターが丁寧に教えてくれます

カーリングは氷上でストーンを滑らせて約40m先の的であるハウスへ入れるゲームですが、初めての人はルールさえわかりません。そこで頼りになるのがインストラクター。各カーリングホールでは、事前に予約をしておけばインストラクターの方が丁寧に教えてくれます。

インストラクター料は無料の場合はほとんどなので、たくさん教えてもらいましょう。大勢でワイワイスポーツを楽しみたいときにカーリングはとってもおすすめなスポーツなのです。

2-2.当日必要な物は?

カーリングに必要なものは全て貸し出しがありますが、氷上の上ということもあり、ウィンドブレーカーなどの動きやすく暖かい服装と手袋、帽子の準備があるほうが安心です。

なかには防寒着もレンタルしてくれる場所もあるのでほぼ手ぶらで体験が可能です。あとは楽しむ心があればOK!

2-3.ケガには気を付けましょう

リンクの上はもちろん氷。うっかり転んでしまうこともしばしば。ケガをしてしまったらせっかくの楽しい時間が台無しになってしまいます。

ヘルメットやプロテクターも無料で貸し出してくれる場所も多いので、安全のために装着しましょう。

3.まとめ

北海道 カーリング

冬が長いからこそ根付いた北海道のカーリング。冬のイメージが強いスポーツですが、通年を通して体験できる場所もあるのは嬉しいですよね。

家族や友達同士での旅行の際にはぜひカーリング体験をプランの中へ入れてみてはいかがでしょうか。実際にストーンを投げてゲームをすればきっとその面白さに魅了されますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.