レンタカーで北海道を満喫!道民おすすめ絶景峠5選

Tags:

公開日:2018/4/26

知床峠

自分の足で観光スポットを巡る旅もいいけれど、北海道の旅をさらに楽しみたい人には、レンタカーでのドライブがおすすめです。

牧歌的な風景や雄大な景色を眺めながら、どこまでも続く直線道路を走る爽快感は、北海道でなければなかなか味わえません。

なかでも青空をバックに大自然の中を走り抜ける峠ドライブは、北海道旅行の醍醐味を感じることができる絶好のドライブコース。

北海道には絶景峠と呼ばれる峠がいくつかありますが、今回はその中でもおすすめの峠をご紹介します。


<もくじ>
1.中山峠
2.三国峠
3.美幌峠
4.知床峠
5.日勝峠
6.峠情報は「北の道ナビ」で
まとめ

1.中山峠

中山峠

国道230号線の札幌市南区と虻田郡(あぶたぐん)喜茂別町(きもべつちょう)の境にある「中山峠」。国道230号線は、道央と道南を結ぶ幹線道路でもあり、一日の平均交通量は1万台を超えるともいわれています。

トンネルやカーブは多いものの、道内の峠の中では比較的走りやすい道路ですが、冬季は路面が凍結したり吹雪で視界が悪くなったりすることもあるので注意が必要です。

走行中には、蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山の美しい姿を眺めることができ、晴れた日には山頂の白い雪と青空のコントラストが眩しく映ります。

中山峠2

中山峠の山頂には道の駅「望羊中山」があり、旅行者たちの憩いの場に。駐車場には羊蹄山のパノラマビューが広がり、紅葉の季節などは多くの観光客で賑わいます。

そんな望羊中山の名物が、「峠のあげいも」。道の駅の前身である物産館が開設された頃から販売されているという中山峠の名物グルメで、テレビや旅行雑誌に何度も取り上げられています。

揚げたてを購入したらぜひ2階にある羊蹄山展望台・無料休憩所へ。羊蹄山を眺めながら食べるあげいもの味は格別ですよ。

名物「峠のあげいも」がある、中山峠の道の駅に行こう!


【関連記事】名物「峠のあげいも」がある、中山峠の道の駅に行こう!

<道の駅「望羊中山」>
住所:虻田郡喜茂別町字川上345番地
TEL:0136-33-2671
営業時間:8:30~17:30
アクセス:札幌駅から車で約50km、約90分。
URL:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/364/

2.三国峠

Photo by Wikipedia : Route275

北海道の国道のなかで最も標高の高い場所にあるのが、「三国峠」。国道273号の川郡上川町と河東郡上士幌町の境にその峠はあります。

標高1,139mの峠の周辺には、トドマツやエゾマツの樹海が広がり、その先には雄大な大雪山系の山々がそびえます。

アップダウンが激しく、ヘアピンカーブなどの難所もある峠ですが、道沿いには風光明媚な糠平湖や涼やかな白樺並木もあり、まさに北海道といった雰囲気のドライブを楽しめます。

三国峠2

三国峠といえば、有名なのがこの風景!糠平湖方面から峠を越えた先にある緑深橋から見える絶景です。樹海の谷に架かる赤い橋は「松見大橋」といい原生林の真ん中を突き抜ける唯一の道路となっています。

橋の下には吸い込まれそうなほど深い谷が広がり、目の前には一本道だけ。その向こうにはどこまでも空が広がり、この世のものとは思えないような幻想的な風景に思わず息を呑みます。

三国峠
アクセス 層雲峡温泉から車で約30km、約40分 帯広駅から車で約95km、約120分

 3.美幌峠

美幌峠1

絶景が拝める峠として有名なのが、網走郡美幌町と川上郡弟子屈町の境にある「美幌峠(びほろとうげ)」。

道東の主要都市である釧路・北見等を結ぶ国道243号にあるこちらの峠ドライブでは、日本最大のカルデラ湖である屈斜路湖や噴煙を上げる硫黄山をはじめ、晴れた日には遠くに知床連山や斜里岳など道東を代表する絶景スポットの数々を拝むことができます。

美幌峠パノラマ

また、雲海スポットとしても知られている美幌峠。コバルトブルーの屈斜路湖を覆う幻想的な雲海を一目見ようと、朝早くから多くの人が訪れます。

美幌峠2

標高525mの山頂付近には、道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」があり、美幌峠の絶景を眺めながら食事をしたり休憩をとったりすることができます。

なお景観に定評のある美幌峠ですが、雲海ができやすいことからもわかる通り霧が発生しやすく、遮るものが何もない頂上付近は、冬には吹雪になり通行止めになることも多々。

雨の日や雪の日の峠越えの際は、事前に交通情報をしっかりチェックしてから出掛けたほうがよさそうです。

<ぐるっとパノラマ美幌峠>
住所:網走郡美幌町字古梅
TEL:0152-75-0700
営業時間:9:00~18:00(4月下旬~10月)、9:00~17:00(11月~4月下旬)
アクセス 女満別空港から車で約35km、約40分 釧路駅から車で約100km、約120分
URL:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2502/

4.知床峠

知床峠1

目梨郡羅臼町と斜里郡斜里町の境にある「知床峠」。国道334号の知床横断道路の頂上にある峠ですが、例年10月下旬から4月中旬ごろまでは、雪のため通行止めとなる「日本一開通期間の短い国道」としても有名です。

知床峠の魅力は、世界遺産にも指定された知床の絶景が拝めること。頂上にある駐車スペースからは、夏でも残雪の羅臼岳を眺めることができます。天気のいい日は、海の向こうに北方領土の国後島が見えることもあるんですよ。

知床峠

9月下旬から10月上旬には、ダケカンバやナナカマド、ハウチワカエデなどの紅葉が峠を彩ります。紅葉が終わると、知床峠に長い冬がやってきます。

大自然に囲まれた知床峠のドライブでは、キタキツネやエゾシカと遭遇することも。北海道旅行の貴重な思い出になりますが、野生動物にはくれぐれもお気をつけくださいね。

知床峠
アクセス ウトロ中心部から車で約15km、約25分 羅臼中心部から車で約18km、約30分

5.日勝峠

日勝峠

道央と道東を結ぶ最短ルートである国道274号線。その沙流郡日高町と上川郡清水町の境界にあるのが「日勝峠(にっしょうとうげ)」です。

標高1,023mの峠は急カーブや急こう配が多く、国道274号線最大の難所といわれています。峠の6合目付近には、展望台が設けられていて、雄大な十勝平野を一望することができます。

日勝峠は、2016年の8月に発生した台風10号の被害により、道路が崩落するなどして通行止めとなっていましたが、この度復旧工事が終了し2017年10月28日に通行止めが解除されました。

日勝峠
アクセス 十勝清水インターチェンジから車で約17m、約20分

6.峠情報は「北の道ナビ」で

ドライブイメージ

北海道ならではの絶景を拝める峠ドライブですが、天候次第では、通行規制や通行止めがあることも。北海道の道路状況をいち早く知りたいなら、北海道の道路情報総合案内サイト「北の道ナビ」がおすすめです。

通行規制や通行止め情報はもちろん、各峠の路面状況もリアルタイムで配信。また、各峠の難易度を5段階で評価してくれているので、運転レベルに合わせてドライブの計画を立てることができますよ。

<北の道ナビ>
URL:http://northern-road.jp/navi/

まとめ

北海道のおすすめ絶景峠をご紹介しました。快適なスピードで車内から拝む絶景も車を降りて頂上から眺める絶景もどちらも北海道の魅力がたっぷりと詰まっています。

なお北海道には、ご紹介した以外にも峠ドライブを楽しめる場所がたくさんあります!皆さんも北海道にお越しの際は、ぜひレンタカーを借りてドライブを楽しんでくださいね♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.