たっぷりの雪&パウダースノーに満足!キロロスキー場の魅力!

Tags: ,

公開日:2015/11/16

キロロリゾートもう間もなくすると、本格的なスキーシーズンがやってきます。

普段は近場やホームゲレンデで滑っていたけれど、今シーズンこそは本州を飛び出してみたいと思いませんか?

そこで今回は、北海道内でも大人気の大型リゾート、キロロスキー場をご紹介したいと思います。

キロロリゾートはどんなスキー場なのか、初心者から上級者まで滑れるのか、ファミリー向けなのかなどを徹底調査しました。また合わせてリゾート内情報なども詳しくお伝えいたします。

キロロスキー場の魅力をくまなくご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

<目次>
1.キロロリゾートのスキー場を大解説!
2.参加型イベントは要チェック!
2-1.ボード未経験者は急いで!プロボーダーと滑れるチャンス到来♪
2-2.キッズ大集合!アニーキッズ スキーアカデミーで予想以上の上達に!
2-3.こんなにいっぱい!スノーアクティビティはぜひ体験してみて!
3.キロロリゾートを満喫!食べる・遊ぶ・温泉をご紹介!
~食べる~
3-1.山頂レストラン 朝里ビュー(ゲレンデ・ゴンドラ山頂駅)
3-2.カフェ クレスト(長峰第一リフト 終点隣接)
~インドアで遊ぶ~
3-3. グランシップ
3-4.インドアアクティビティ ネイチャーセンター
~温泉~
3-5.キロロ温泉 森林の湯
3-6.リゾートプール
4.その他リゾート内宿泊最新情報
5.キロロリゾート・アクセス情報
あとがき

1.キロロリゾートのスキー場を大解説!

キロロリゾートキロロスキー場は、北海道余市郡赤井川村に位置する大型リゾート、キロロリゾート内のスキー場です。
通年型リゾートとして楽しめるキロロリゾートはグリーンシーズンとウィンターシーズンの2つの時期で、地形や気候、自然を大いに取り入れたアクティビティを体験できるのが魅力です。

まずキロロスキー場の特徴としては、北海道内トップクラスの積雪量とパウダースノー。
積雪量が多いという事=雪が良く降る、ということで、上質なパウダースノーの雪をたっぷりと楽しむ事ができる、スキーヤーにはたまらないスキー場なのです。

キロロリゾート
標高差は約610mあり、エキスパートを求める方も十分楽しめます。雪のスプレーを浴びながら急斜面を切って行く面白さはたまりません!

なお、最長滑走距離も約4.5kmと長いので、ゆっくりのんびり景色を楽しみながらクルージングもできます。

キロロリゾート

全体的には西斜面のため、午前中は陽が当たらない分雪質が良く、雪が溶けてべしゃ雪になる確率も低いかと思います。1日中パウダーを堪能できるのもスキーヤーやスノーボーダーに愛される理由の1つです。

キロロリゾート

コースに関しては中級コースと上級コースが随所に見られるため、中上級のスキーヤーやスノーボーダーは変化に飛んだすべりが楽しめるようになっていますので、飽きがこないのが嬉しいところです。

キロロリゾート

コースは全21本あり、内訳は初級が7本、中級が6本、上級が8本となっています。

初級が下、上級が山頂から滑るイメージがありますが、キロロリゾートでは初級コースが山頂からスタートできるコースもありますので、練習中の方も大パノラマを望みながら滑ることができますよ!

ただし中上級コースに紛れ込まないようにマップをよく確認してから滑るようにしたほうが無難です。

パウダーはエキスパートBコースが狙い目で、やっぱり攻めたいのは朝一番!ぜひ狙ってみてくださいね。

キロロリゾート

なおリフトで移動中は風が冷たく動かないのでとても寒いですが、ほとんどのリフトがフードと足かけ付ですので、降雪や寒さもさほど気にせず山頂まで向かうことができます。

快適に空中散歩を楽しんでくださいね!

キロロリゾート

札幌から1時間半以内、小樽からなら50分以内と近く、その分リゾートでの滞在時間が増えて得した気分に!少しでも長く遊んで沢山思い出を作りましょう!

しろくまツアー北海道SKI

2.参加型イベントは要チェック!

2-1.ボード未経験者は急いで!プロボーダーと滑れるチャンス到来♪

キロロリゾート

スノーボードを始めるなら今キロロがチャンスです!

何でも初めが肝心です。初めてのスノーボードでも、最初の印象が悪いとどうしても次につながらないですよね。

「キロロ 初滑りスノーボードセッション」では、未経験者限定で募集しているイベントです。
今年で12シーズン目を迎えた同イベントでは、プロのスノーボーダーが初すべりを楽しくナビゲートしてくれるというもの。

いくつかのグループに分かれてスノーボードの楽しさを教えてくれますので、間近で本物の滑りを見ながら一緒に滑ってみませんか?

またスノーボード初体験&超初心者向け「はじめてのスノーボード体験会」を開催するようでうので、ぜひ参加してみましょう!

<キロロ 初滑りスノーボードセッション>
開催日:2017年12月10日(日)
予約開始日:2017年11月01日(水)~
時間:午前の部(受付:8:30~9:00)/ 午前セッション9:30~11:00
午後の部(受付:12:00~12:30)/午後セッション13:00~14:30
参加プロ:キロロスノーボディングアドバイザー
(滝久美子、渡辺伸一、川田希美、吉田尚弘DKC、今井孝雅、藤本光海TERU))
対象者:スノーボーダー
募集人員:30名(1名につき1回限り参加可能)
料 金:¥1,000(リフト券は各自で準備)※セッション参加者限定割引券有り
受付場所:アカデミーカウンター
申込み予約・お問合せ:0135-34-7128
※「初めてのスノーボード体験会」参加者希望者(未経験者に限ります)は、mail:kumiko@935taki.com宛に件名「キロロ初めてのスノーボード体験会参加希望」と明記し「お名前」「年齢」「午前・午後のどちらか希望」「レンタル希望の有無」「連絡先」を送信ください。後日、詳細についてご連絡がきます
※電話予約不可

2-2.キッズ大集合!アニーキッズ スキーアカデミーで予想以上の上達に!

キロロリゾート

これを機会に、プロにお任せするのも手です。

キロロスキー場のキッズスキープログラム、「アニーキッズスキーアカデミー」は、フランス生まれの子ども専用スキー&スノーボードスクール。

自分の子供が親の手を離れて心配かもしれませんが、腕が確かなプロがフォローしながらスキーの楽しさを教えてくれるので大丈夫!

きめ細やかなレッスンで、予想以上に上達して帰ってくるかも!?戻ってきたら、沢山褒めてあげてくださいね♪

キロロリゾート

雪で遊ぶ楽しさを覚えたら、今度はファミリーで沢山雪遊び!

滑ることも楽しいですが、雪だるまを作ったり雪合戦をするのもまた楽しいですよね!

開放感たっぷりのゲレンデで、思う存分遊んでみましょう!

2-3.こんなにいっぱい!?スノーアクティビティはぜひ体験してみて!

キロロリゾート

キロロリゾートでは、多彩なアクティビティを体験することができます。

日本では初登場となる「スノーセグウェイ」は、雪の中を走る面白さを体感できます。

なお大人がついつい夢中になってしまうスノーバギーや、海で見かけるバナナボートが雪上に!

水上よりも滑りやすいので、スリル感がUP!なかなかできない貴重な体験になりますよ♪

キロロリゾート

その他にもミニスノーモービルやスノーラフトでは、雪山を快適クルージング!

夜になるとスノーモービルインストラクターの後ろに乗ってナイトタンデムを楽しむこともできます!沢山ありますが、全て新感覚でワクワクするものばかりです。

キロロリゾート

スキーやスノーボードとは一味違った楽しみ方で、雪での遊び方にバリエーションを増やしてみてはいかがでしょう。

~冬の乗り物一覧~
スノーセグウェイ・スノーバギー・スノーバナナボード・ミニスノーモービル・ナイトタンデム・スノーラフティング
※それぞれ料金が異なりますので、詳しくは公式ホームページで確認してみてくださいね。
冬のアクティビティ https://www.kiroro.co.jp/ja/winter-activities/

3.キロロリゾートを満喫!食べる・遊ぶ・温泉をご紹介!

~食べる~

3-1.山頂レストラン 朝里ビュー(ゲレンデ・ゴンドラ山頂駅)

キロロリゾート

標高1,180mにある「山頂レストラン 朝里ビュー」では、キロロのゴンドラ終点地点にあるゲレンデレストランです。

先にもご紹介したように初級の方も山頂から滑ることができるコースがありますので、行きたいけど滑って降りられないから行けない!ということはありません。

キロロリゾート

こちらのゲレンデレストランはちょっとしたお茶もできますが、実は食事も一流!
絶景を望みながら冷えた身体を温めたり、美味しい食事を取ることができるレストランですので、休憩時間も楽しみになりますよ♪

3-2.カフェ クレスト(長峰第一リフト 終点隣接)

キロロリゾート

山小屋のようにひっそり佇む北欧ログハウス風のおしゃれなカフェ。

2014年12月にオープンした可愛らしい建物は、木の香りが漂い居心地のいい空間になっています。

店内でのメニューも充実していて、美味しい珈琲やパニーニやピタパンなどの軽食がいただけます。

他にもカプチーノやキャラメルマキアート、アルコールなども楽しめますので、ちょっとした休憩のつもりが長居してしまいたくなるほど話が弾むスペースになりますよ!

ぜひ利用してみてくださいね♪

~インドアで遊ぶ~

3-3. グランシップ

~子供も大人も夢中になれる場所へ~
キロロリゾート

キロロリゾートでは全天候型アミューズメント施設があり、さまざまな遊びを楽しむことができます。

その中でも大人気なのは、中世時代の海賊船内に隠された宝の手がかりを探しに行く本格的なウォークスルーアトラクション。難関を乗り越えて冒険を楽しむことができます。

他にも大人がつい夢中になってしまう脱出ゲームやIQチャレンジに体感型ゲーム、小さなお子様も思いっきり遊ぶことができるふわふわ遊具&ボールプールなど、遊びきれないほどです!

ぜひキロロならではのオリジナル施設で「遊び」を満喫してみてくださいね。

<グランシップ>
営業期間:2017年12月2日~2018年4月7日
営業時間:平日 15:00~20:30(最終受付20:00)
土曜日、祝前日 15:00~21:30(最終受付21:00)
日、祝日 10:00~20:30(最終受付20:00)
※特別営業:(12月23日~1月3日) 10:00~21:30(最終受付21:00)
※いずれも各日30分前で受付終了です
受付場所:グランシップ
料金:
大人・子供共通 お一人様 1回入場 1,200円
1日フリーパスポート お一人様 1,500円
対象:大人12歳以上~ 子供12歳未満~4歳以上
3歳以下:12歳以上の方1名に付 おひとり無料
※12歳未満のご利用には保護者の同伴が必要(有料)

3-4.インドアアクティビティ ネイチャーセンター

~思い出作りに、今流行りのジェルキャンドルを~
キロロリゾート女子旅やカップル、小学生のお子様に大人気の制作体験は沢山の種類の中からお好みのものを選ぶことができます。

人気の秘密はその「多種類」なところにあり、ジェルキャンドル・オルゴールトッピング・ガラストッピング・上絵付け・缶バッジ・ストラップ作りなど盛り沢山!

欲しいものを買うのではなく、制作体験で世界で1つだけのオリジナルをお持ち帰りできますので、ぜひ利用してみてくださいね!

<インドアアクティビティ ネイチャーセンター>
営業期間:2017年12月2日~2018年4月15日
営業時間:10:30~16:00(最終受付15:30)
受付場所:ネイチャーセンター
所要時間:約30分~40分
料金:缶バッジ作り 300円 上絵付け 900~1,200円 ジェルキャンドルづくり、ガラストッピング 1,200円 オルゴールトッピング 1,500円
対象:小さなお子様は保護者同伴

~温泉~

3-5.キロロ温泉 森林の湯

キロロリゾート

キロロ温泉 森林の湯では、赤井川村のカルデラ大地からコンコンと沸き出る温泉を楽しむことができます。

泉質は含鉄(II)-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、スキー場で遊んで冷えた身体を芯から温めてくれます。

なおぎっしりと丸石が敷き詰められた浴槽内を歩くと、アシツボマッサージ効果もありますよ!
キロロの森に囲まれながら露天風呂に入って、最高の贅沢時間を過ごしましょう。

<遊湯館 キロロ温泉 森林の湯>
冬季営業: 2017年11月22日~2018年5月6日
朝:06:30~09:30 (最終入場 09:00)
夜:16:00~23:00 (最終入場 22:30)
料金:
日帰り1日フリー:大人¥1,200・小学生¥800・幼児¥500
宿泊者1日フリー:大人¥1,000・小学生¥700・幼児¥400

3-6.リゾートプール

キロロリゾート

冬でも楽しめるリゾートプールは、ジャグジーや採暖室が併設されている本格プールです。

25mプールやお子様用のプールもありますので、年齢層関係なく遊ぶことができますよ!

なおこちらの施設はキロロ温泉 森林の湯との併用チケットがお得に販売されていますので、合わせてリゾート気分を満喫してみてくださいね♪

その他リゾート施設内にはエステ、リラクゼーションやフィットネスなどもありますので、オフ時間を有効活用してめいっぱい遊びましょう!

<リゾートプール>
冬期営業:11月22日~2018年5月6日:10.00~21.00
営業時間:13:00~20:30(最終入場/20:00)
料金:
日帰り1日フリー:大人¥1,200・小学生¥800・幼児¥500
宿泊者1日フリー:大人¥900・小学生¥700・幼児¥400
※キロロ温泉 森林の湯+リゾートプールがお得です(大人¥2,000他)

4.その他リゾート内宿泊最新情報

キロロリゾート外観

キロロリゾートには個性的で特徴ある施設が多数あります。その中心のホテルが2015年リブランドを行いました。

元々は「ホテルピアノ」だったホテルが「キロロ・トリビュート・ポートフォリオ・ ホテル北海道」へ、そして「マウンテンホテル」が「シェラトン北海道キロロリゾート」として生まれ変わりました。

キロロリゾート外観

どんな寛ぎを与えてくれるのかが楽しみです!特に「トリビュート・ポートフォリオ」ブランドは米スターウッドホテルのアジア太平洋地域初の新ブランド。
いずれのホテルもハイクラスのホテルですので、間違いないおもてなしが期待できます♪

5.キロロリゾート・アクセス情報

キロロリゾート<キロロリゾート情報>
住所:北海道余市郡赤井川村常盤128番地1
電話番号:0135-34-7111
リフト代:大人5,800円 子供3,000円
URL:https://www.kiroro.co.jp/jp/winter/
<アクセス情報>
◆新千歳空港から車で行く場合
・千歳I.C ►道央自動車道 ►札幌JCT ►札樽自動車道 ► 朝里I.C ►道道1号線 ►新光5丁目交差点 ►道道956号線 ►国道393号線►キロロリゾート
◆札幌から車で行く場合
・札幌西I.C ►札樽自動車道 ►朝里I.C ►道道1号線 ► 新光5丁目交差点 ► 道道956号線 ►国道393号線 ►キロロリゾート
◆新千歳空港から電車(JR)で行く場合
・新千歳空港駅 ► JR快速エアポート ►小樽駅 ► 路線バス ►キロロリゾート
・新千歳空港駅 ► JR快速エアポート ►小樽築港駅 ► 無料送迎バス ►キロロリゾート
◆札幌から電車(JR)で行く場合
・札幌駅(JR区間快速いしかりライナーまたはJR快速エアポート) ►小樽駅 ► 路線バス ►キロロリゾート
・札幌駅(JR区間快速いしかりライナーまたはJR快速エアポート) ►小樽築港駅 ► 無料送迎バス ►キロロリゾート

あとがき

キロロリゾート北海道の中でも雪質に恵まれ、アクセスの良さやアクティビティなど条件の揃ったキロロリゾートは、文句なしの充実さです。

北海道のスキー場へ何を求めに行くかは人それぞれ違うと思いますが、ファミリーはもちろん、カップルや友達同士など誰と行ってもオールマイティに対応できるところも魅力ですので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

ジオツアーの北海道スキーツアー

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.