名物「峠のあげいも」がある、中山峠の道の駅に行こう!

Tags: ,

公開日:2016/5/26

Pocket

中山峠 道の駅

北海道の札幌市南区と虻田郡喜茂別町をつなぐ峠が中山峠です。
この中山峠は、道央と道南を結ぶ主要幹線道路で、札幌からニセコや洞爺湖、函館方面に向かう最短ルートのため非常に交通量が多いことで知られています。

その中山峠の山頂にあるのが、道の駅「望羊中山」です。
ドライブの途中に立ち寄りやすい場所にあるため、いつも大勢の人で賑わっています。
ぜひ中山峠を通る際には、道の駅「望羊中山」に立ち寄ってみましょう。

<目次>
1・道の駅「望羊中山」
2・峠のあげいも
3・パノラマ展望台
4・中山峠森の美術館
5・中山峠スキー場
6・峠の茶屋
おわりに

 
 
 

1・道の駅「望羊中山」

中山峠 道の駅

道の駅「望羊中山」は、「あげいも」で有名な販売コーナー、お土産などのショップ、レストランと休憩所、そして「森の美術館」が併設された複合施設になっています。

中山峠 道の駅

中山峠のちょうど山頂にあるため、休憩するのに最適な場所で多くの人が立ち寄る人気スポットです。
紅葉の季節になると、山の中ということもあり周辺は撮影スポットとして絶好のロケーションが広がっています。
こちらの建物の中以外にも、駐車場には綺麗に整備された大きなトイレがあります。

観光シーズンになるとトイレに列が出来てしまうこともあるので、そんな場合には外にあるトイレを利用すると良いでしょう。

【 道の駅 望羊中山 】
住  所:北海道虻田郡喜茂別町川上345番地
電話番号:0136-33-2671
営業時間:8時~17時30分
定休日/年中無休

 
 
 

2・峠のあげいも

中山峠 道の駅

中山峠の名物と言えば、1968年より販売されている「峠のあげいも」です。

中山峠 道の駅

道の駅「望羊中山」の名物として元々知られていますが、TV番組「秘密のケンミンSHOW」でも紹介され、もはや全国的な知名度になりました。売店にはいつも小さな行列ができるほどの人気です。

中山峠 道の駅

ここの「あげいも」は、1本の串に3つのあげいもが刺さっています。
ずっしりした重さで、外はカリッと中はフワッとしていて、ボリュームはありますが生地が甘めなので、ついついオヤツ感覚でペロッと食べてしまいます。
すぐに宿の夕食が控えている方は控えめにした方が良いかもしれませんね。

冷めてしまうと味が落ちてしまうので、ぜひ温かいうちに食べましょう。

中山峠 道の駅

売店では他にも「中山チキン」や「峠のあんドーナツ」なども人気で売り切れてしまうこともあります。

中山峠 道の駅

また、「あげいも」に10種類以上の調味料で自由に味付けをしてアレンジできるコーナーが用意されていますが、初めて食べるのであればそのままが一番オススメです!

アレンジする場合はトレーが用意されていますので、調味料を「あげいも」に直接かけずトレーに付けるようにして食べると良いでしょう。

 
 
 

3・パノラマ展望台

中山峠 道の駅

道の駅「望羊中山」の2階には、食事ができるレストランと、見晴らしの良い「羊蹄山展望台・無料休憩所」があります。

中山峠 道の駅

天気の良い日には蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれる羊蹄山を望むことができるパノラマビューが広がります。

中山峠 道の駅

1階で「あげいも」や「中山チキン」を買って、2階の休憩スペースで食べていくことができます。

 
 
 

4・中山峠森の美術館

中山峠 道の駅

北海道の人でも知らない人が結構多いのですが、道の駅「望羊中山」の裏手には美術館が併設されています。

道の駅の中からも入ることができるのですが、多くの人が「あげいも」に夢中で気付かないまま通過する方が多いようです。
そのため、ちょっとした穴場スポットのようになっています。

中山峠 道の駅

数年前までは「写真の森美術館」という名称でしたが、現在は北海道内の美術学生が描いた絵画を中心に展示され「森の美術館」と名称も変わりました。
館内は非常に静かでとても落ち着ける空間です。

また、フクロウの撮影で有名な写真家「嶋田忠さん」がプロデュースした「フクロウの森」は、薄暗い部屋の中に入ると「ボゥッ」というシマフクロウの鳴き声が聞こえてくる仕掛けもあります。

入館料は無料ですので、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

【 森の美術館 】
住  所:北海道虻田郡喜茂別町川上345番地
電話番号:0136-33-2671
営業時間:9時~17時
定 休 日:年中無休
入 館 料:無料

 
 
 

5・中山峠スキー場

中山峠 道の駅

中山峠スキー場は、スキーシーズンの真っただ中にある12月中旬頃から3月下旬までは閉鎖しているちょっと変わったスキー場です。
その分、雪の状態さえ良ければ6月頃までスキーが楽しめるというユニークなスキー場です。

もちろんスキーやボードのレンタルもありますので、思い付きで寄ってもスキーを楽しむことができます。
営業期間などは変更になる場合がありますので、お出かけの際は事前にWEBページをチェックしていきましょう。

【 中山峠スキー場 】
住  所:北海道虻田郡喜茂別町字川上345
電話番号:0136-33-3373
営業時間:9時~16時 ※天候・コース状態により変更になる場合があります。
営業期間:11月上旬~12月中旬、4月上旬~5月上旬頃まで(それ以降は雪の状態によって土日のみ営業)
U R L:http://nakayama-ski.com/

 
 
 

6・峠の茶屋

中山峠 道の駅

道の駅「望羊中山」の向かい側にも「峠の茶屋」があります。

こちらにも「あげいも」がありますが、テレビで紹介されたものとは別の物になります。
道の駅「望羊中山」が混んでいる時は、こちらで休憩するのも良いかもしれません。

中山峠 道の駅

駐車場には中山峠の石碑がありますので、天気の良い日には中山峠の石碑と羊蹄山をバックに写真撮影をしている人をよく見かけます。

<おわりに>

中山峠に向かう道は主要道路ということもあり交通量が非常に多くなっています。
運転が苦手な方でも峠としては比較的緩やかで道幅も広いため、周りの車に合わせてゆっくり走れば安全に通ることのできる峠です。

秋の紅葉シーズンになると、峠の景色が紅く染まり綺麗な紅葉を楽しむことができますが、途中で車を止める場所はほとんどありませんので、唯一の撮影スポットは山頂の道の駅のみになります。

ぜひ中山峠を通る際には、山頂の道の駅に寄って名物の「あげいも」を堪能してドライブを楽しんでください。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.