札幌で迎える新年!旅行者におすすめの初詣スポット4選

Tags:

公開日:2015/12/22

Pocket

札幌 初詣
今年の年越し、みなさんはどこで過ごしますか?
まとまった休みがとりやすいこの時期、旅行先で休暇を過ごす人も多いと思います。
国内ではもちろん、北海道が人気スポットですね!

札幌での年末年始の過ごしかたとしては、ロマンチックなホワイトイルミネーション、北海道の絶品料理とスイーツ、癒やしのホテルステイに都会の天然温泉、ショッピングなどのお楽しみがありますが、せっかくですので初詣をして一年の計をたててみるのは如何でしょうか?

今回は旅行者が参拝しやすい札幌の初詣スポットを紹介いたします!

もくじ
1. 北海道神宮
2. 三吉神社
3. 彌彦神社
4. 伏見稲荷神社
初詣のまえに

1. 北海道神宮

最初に紹介するのは、いわずとしれた北海道ナンバーワン初詣スポット・北海道神宮です!
札幌 初詣(画像提供・札幌市)
明治2年、この地に北海道の開拓・発展の守護神、開拓三神・・・大国魂神(おおくにたまのかみ)
・大那牟遅神(おおなむちのかみ)・少彦名神(すくなひこなのかみ)がまつられたのが北海道神宮のはじまりです。
北海道に住む人々の縁結びや商売繁盛のお手伝いをしてくれる頼もしい神社ですが、近年は国内外の観光客の人気スポットとしてもますます賑わいをみせています!

四季を問わず、札幌を訪れたときにはぜひ立ち寄ってほしいスポットです♪
冬の北海道神宮、真っ白な雪化粧のなかに建つ社(やしろ)は荘厳ななかにも暖かさを感じさせてくれます。

札幌 初詣(画像提供・札幌市)
北海道神宮には神門があるので、開閉時間が決められています。
札幌 初詣大晦日は16時に閉門して、元旦の0時に開門します。
それまでは門の外で待つことになりますが、境内には露店がたくさん出ているため暖かいものを頂いておまつり気分を楽しむことができますよ!

初詣の混雑状況ですが、年越しを迎える深夜から早朝にかけてかなり混みます。
ピーク時には、表参道の大鳥居を越えて列ができることも。

参拝におすすめの時間帯は、いったん混雑の波が落ち着く元旦の午前中です。
ホテルで朝食を取ったあとに参拝するのはいかがでしょうか?

さて、参拝のお楽しみですが、筆者のおすすめは境内駐車場近くにある「六花亭 神宮茶屋店」。
店舗限定の焼き餅「判官さま」(税込100円)が大人気♪その場で焼いてくれるアツアツのお餅に無料サービスのほうじ茶で、身も心もあたたまること間違いなしです☆
ただし、人気メニューのため、店の前に行列ができることがあるのでご注意くださいね!

判官さまこちらが”判官さま”

【参考情報】
平成27年~平成28年 北海道神宮年末年始祭典並びに行事予定について
住所:札幌市中央区宮ヶ丘474
問合せ先:011-611-0261
アクセス:地下鉄東西線円山公園駅より徒歩15分、JR札幌駅からタクシーで15分
※12/31と1/1には円山公園駅発着の臨時バスが運行されます
ホームページ:http://www.hokkaidojingu.or.jp/

2. 三吉神社(みよしじんじゃ)

次に紹介するのは三吉神社。
札幌 初詣札幌三越や札幌パルコ、東急ハンズに連なる通りに位置する神社です。
市電や地下鉄からアクセスしやすいロケーション、また、東京ドームホテルのすぐ隣にあることから、時間のない旅行者が参拝するのにおすすめできる神社です☆

地元の人々にとても親しまれている神社で、一日中参拝者が途絶えることがありません。
朝や夕方には通勤途中のサラリーマンやOLが立ち寄ってお参りする姿が見られます。
街のヒーリングスポットなんですね♪

こちらでおまつりされているのは、勝利成功・事業繁栄にご利益があるといわれる秋田県・大平山三吉神社の神様。
また、拝殿の横には出世稲荷社があります。こちらは京都の出世稲荷神社を分霊したものです。
ビジネスの成功や開運をお祈りしてみてはいかがでしょうか?
住所:札幌市中央区南1条西8丁目17番地
問合せ先:011-251-3443
アクセス:地下鉄西11丁目駅より徒歩3分、市電西8丁目より徒歩2分

3. 彌彦神社(やひこじんじゃ)

次に紹介するのは中島公園に隣接している彌彦神社。
ノボテル札幌や札幌パークホテルなど、中島公園エリアのホテルからのアクセスに便利なロケーションです。
札幌 初詣こちらは越後一の宮・弥彦神社が本社。健康長寿・産業発展の神様として知られている天之香具山命(あめのかぐやまのみこと)がまつられています。
また、太宰府天満宮から勧請された菅原道真もおまつりされています。

健康運や仕事運、学業成就をお祈りするのにいいでしょうね!
こちらも参拝者が絶えることのないほど地元に人気の神社です。
特に、北海道神宮での混雑を避けてノンビリ参拝したいかたにおすすめできる神社です☆

中島公園エリアには、ほかにも札幌護国神社、多賀神社、水天宮があります。
それぞれの神社が10分圏内にあるのは札幌ではめずらしいですよ!
ぜひ雪景色の公園を散策しながらのパワースポット巡りを楽しんでみてください!
住所:札幌市中央区中島公園1-8
問合せ先:011-521-2565
ホームページ:http://www.iyahiko.or.jp/
アクセス:市営地下鉄南北線・幌平橋駅より徒歩1分

4. 札幌伏見稲荷神社

最後に紹介するのは札幌伏見稲荷神社、藻岩山のふもとにたたずむ静かな神社です。
近隣のひとに親しまれているのはもちろんですが、パワースポットファンのあいだで人気が高い神社でもあります☆
札幌 初詣訪れた人が驚くのは30本近くの鳥居が連なる参道!
本社の伏見稲荷大社に負けないほどの存在感があります・・・
ふだん神社に興味がないかたでも思わず神聖な気持ちになるのではないでしょうか。

参拝のときの注意ですが、山のふもとに鎮座するため神殿までは坂道を登ります。
途中、雪深い道を歩くので雪道に対応した靴でおでかけください!

冬道に慣れないかた、足に自信がないかたならばタクシーのご利用を!
都会にいながら自然を感じることができるエリアで雪景色を満喫できるエリア、
帰りは、もいわ山ロープウェイで藻岩山観光を楽しむのもおすすめです♪

住所:札幌市中央区伏見2丁目2-17
問合せ先:011-562-1753
アクセス:札幌市電・西線14条停留場より徒歩15分

初詣の前に・・・

年末年始の札幌の天気ですが、1月の最高気温が約0℃、最低気温が−7℃。
日中でもプラスの気温になることはほとんどありません。

また、神社の周りには建物があまりないので、お詣りの順番待ちのあいだは体が冷えやすくなります。
しっかりと防寒対策をしていきましょう!

帽子や手袋のほかにカイロがあるといいですね。そして、そのほかにあると助かるのが耳あてです。 
札幌とはいえ、長時間外にいると耳が寒すぎて痛くなってしまいます。
耳あてや大きめの帽子で耳をカバーすることをおすすめします。

まとめ

以上、旅行者が参拝しやすい初詣スポットをご案内させて頂きました!
最後に大晦日から元旦の交通事情についてご案内します。

年末年始は特別ダイヤで運行しますが、関東や近畿でみられるような公共交通の終夜運転はありませんので注意が必要です。
深夜の移動についてはタクシー利用を視野に入れて移動の計画を立てるといいでしょうね!
参考サイト:市営地下鉄の平成28年度年末年始(12月31日・1月1日)特別ダイヤ

では、北国での年越しを楽しんでくださいね!

【こちらもどうぞ】
・札幌市内のパワースポット5選!癒しや元気をチャージ

札幌・小樽・函館格安ツアーGEOバナー

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.