一足早い秋を楽しむ!層雲峡の魅力をご紹介

Tags: , ,

公開日:2018/9/5

日本で一番早く秋がやってくる、大雪山。
層雲峡はそんな大雪山国立公園にある峡谷です。

起伏に富んでいる地形にたくさんの木々がはえ、ほかの地域に先立って美しい紅葉が堪能できます。

また国内だけでなく、海外からもたくさんの観光客がやってくる温泉地でもあるんですよ。

今回はそんな層雲峡の紅葉スポットをはじめ、特徴や魅力を一挙にご紹介します!

<もくじ>
1. 層雲峡の秋を堪能できる紅葉のみどころ
2. 層雲峡温泉の特徴
3. 秋の味覚を堪能する層雲峡のグルメ
4. 全身で秋の層雲峡を楽しむアクティビティ
おわりに

1. 層雲峡の秋を堪能できる紅葉のみどころ

紅葉谷の散策道

最初にご紹介するのは、層雲峡の紅葉スポット3つ。1つめは紅葉谷の散策道です。

こちらのスポットにはモミジが多く、見頃には真っ赤な紅葉を堪能できます。

中には層雲峡の観光スポットとして人気だったのに、落石の危険性があるとして通行止めになっている場所もあるのだとか。

そこでは滝と柱状節理の両方を見ることができるそう、ぜひ探してみてくださいね!

<紅葉谷の散策道>
住所:上川郡上川町層雲峡
入場料:無料
公式ホームページ:http://www.sounkyo.net/category/detail.php?id=49

赤岳銀仙台

次にご紹介するのは、赤岳銀仙台。
色とりどりの紅葉を一挙に眺められます。

こちらの紅葉の見頃は、なんと9月中旬!
日本のほかの地域ではまだ残暑感じる季節に、この光景が見られるんです。

赤く色づくモミジ以外にも、黄色い広葉樹、一年中緑の葉を絶やさない針葉樹が混在。
だから絵画のような光景になるんですね。

<赤岳銀仙台>
住所:上川郡上川町層雲峡赤岳銀泉台
公式ホームページ:http://www.sounkyo.net/category/detail.php?id=40

銀河・流星の滝

ラストは2つの滝が同時に見られることで知られる、銀河・流星の滝。

断崖をはさんで流れ落ちる2つの滝は、繊細な銀河の滝と力強い水の流れが魅力の流星の滝です。

その間にあるのは、不動岩と呼ばれる絶壁。
一年中美しい景色を見せてくれるスポットですが、周囲の木々が色づく紅葉の季節は格別ですよ!

<銀河・流星の滝>
住所:上川郡上川町層雲峡
公式ホームページ:http://www.sounkyo.net/category/detail.php?id=38

2.層雲峡温泉の特徴

層雲峡は景色の美しい紅葉だけでなく、体の芯からあたためてくれる温泉があるのも特徴。

壮大な自然の中には大小さまざまな宿泊所があり、道内でも有数の温泉街なんですよ。

泉質は単純硫黄泉で、関節痛・慢性皮膚病・切り傷・糖尿病に効果があると言われています。

層雲峡温泉街ではコンビニさえも茶色い外観でそろえるなど、景観への配慮がなされています。

そのため露天風呂を持つ宿泊施設では、紅葉をさまたげることなく、温泉を満喫できるんです。

3.秋の味覚を堪能する層雲峡のグルメ

層雲峡温泉の宿や食事どころでは、季節ごとに旬の食材をそろえて、おいしい食事を提供しています。

中でもお肉では、大雪高原牛が人気。
近くで獲れるニジマスや山菜料理も豊富です。

また秋の層雲峡といえば、きのこは外せません!
様々なきのこを一度に楽しめるきのこ鍋、ぜひ召し上がってみてくださいね。

4.全身で秋の層雲峡を楽しむアクティビティ

高原温泉沼巡り

最後にご紹介するのは、秋の層雲峡を全身で楽しめるアクティビティを2つ。

1つめは自分の足を使って、大自然の中をまわる高原温泉沼巡りです。

約4時間使って沼の多いエリアを歩くコースで、スタートとゴールは画像のヒグマ情報センター。

情報センターがの名通り、このあたりにはたくさんのヒグマが生息しているので、出発前に出没状況を必ず確認するようにしましょう!

こちらは大雪ダム建設の際にできた、大雪湖。

ダムの上から湖を見渡すと、色づいた木々と一緒に湖に映る紅葉の両方が見られます。

天気のよい日には、青空と紅葉が映る湖面が大変美しいのだそうです。

嬉しいことにヒグマ情報センター付近には、温泉施設があります。

こちらは北海道では珍しい、源泉かけ流しの白濁湯。沼巡りで疲れた足を休めるのにぴったりです。

紅葉の季節には自家用車の規制が行われているので、気をつけましょう。

またヒグマの出没状況によっては途中で折り返すコースとなることもあるので、事前に状況を確認しておいたほうがよさそうです。

大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ

紅葉を堪能したいけど、自分で歩くのは自信がないという方にオススメなのが、ロープウェイ散策。

画像でもわかるように、大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイがすすむ場所の紅葉は圧巻です。

ゴンドラは大きな窓で、風景がよく見えます。

約7分で、黒岳の5合目に到着。
ここからの眺めも大変美しいのですが、ペアリフトを使うとさらに高い7合目まで行くことが可能です。

歩かずに黒岳の高所まで行けるのは、嬉しい!
こちらが5合目から7合目までをつなぐペアリフト。
ゴンドラとは違って囲いがないので、大雪山を紅葉に色づかせる冷たい風を感じることができます。

手が届きそうな位置にある美しい木々の間を進む時間は、ほかでは味わえないものです。

また9月とはいえ黒岳の気温は大変低いので、防寒着の準備を万端にして出かけるようにしましょうね。

<大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ>
住所:〒078-1701  上川郡上川町層雲峡
TEL:01658-5-3031
営業時間:季節によって異なるため、公式ホームページでご確認ください。
料金:ロープウェイ往復大人1,950円・小学生以下1,000円、ペアリフト往復大人600円・小学生以下400円
公式ホームページ:https://www.rinyu.co.jp/kurodake/

おわりに

紅葉の美しさだけでなく、あたたかい温泉やおいしいグルメもある層雲峡。

今回ご紹介した以外にも、魅力的なスポットがたくさんあります。

ぜひ層雲峡でほかよりも早い秋の訪れを堪能してくださいね!

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.