網走の「名勝」天都山!外せない観光・ランチ・カフェスポット8選

Tags: ,

公開日:

Pocket

天都山周辺スポット イメージ

1938年から国の文化財「名勝」に指定されている網走市の「天都山」、網走湖や能取湖、オホーツク海や知床連山などの壮大なパノラマの景色を満喫できます。

全国的にも有名な観光スポットがある「天都山」には多くの観光客がやってきますが、口コミで北海道各地からやってくるほど人気の隠れ家的カフェや飲食店もあります。

今回は、「天都山」周辺の観光スポットとオホーツクの自然や景色を楽しみながら美味しいものが食べられると評判のお店をご紹介します。

もくじ
1.森のケーキ屋さん「café&cake 風花」
2.ワンコも一緒に入れるカフェ「Cafe Lodge」
3.どこか懐かしい古民家風お蕎麦屋さん「そば切り温」
4.白樺に囲まれたログカフェ「café Grass Roots」
5.知床連山が望める絶景カフェ「cafe&restaurant 360」
6.国内で唯一の刑務所博物館「博物館 網走監獄」
7.一年中流氷を体感できる「オホーツク流氷館」
8.北方民族の魅力たっぷり「北海道立北方民族博物館」
おわりに

1. 森のケーキ屋さん「café&cake 風花」

森のケーキ屋さん「café&cake 風花」

赤い屋根が可愛らしい森のケーキ屋さん「café&cake 風花」、色々な種類の焼き菓子と素敵にデコレーションされたケーキやタルトを見るだけで幸せな気分になります。

地元産の素材を使った「安心・安全」のお菓子、網走産の低温殺菌牛乳と北海道産の生みたて卵で毎朝手作りされている「網走プリン」や定番の焼き菓子、季節ごとの限定商品などもあり遠くから足を運ぶファンも多いです。

森のケーキ屋さん「café&cake 風花」のケーキ

店内にカフェスペースが設けられているので、お好みのお菓子とドリンクメニューをその場でいただくことができ、夏季限定でパフェやソフトクリームもメニューに加わります。

暖かい季節には網走湖が一望できるテラス席がオープン、美味しいお菓子を食べながらオホーツクの自然を満喫できるおすすめのお店です。

café&cake 風花
HP:http://www.abashiri-fuka.com/
Facebook:https://www.facebook.com/abashiri.fuka/
住所:〒099-2421 北海道網走市字呼人121-7
TEL:0152-48-2006
営業時間:10:00~19:00(カフェラストオーダー夏季18:00 冬季17:00)
定休日:水曜日(祝祭日の場合は翌日)
駐車場:有り
アクセス:女満別空港から車で約15分 JR網走駅から車で約15分

2.ワンコも一緒に入れるカフェ「Cafe Lodge」

Cafe Lodge

愛犬家には嬉しいワンコも一緒に入れるカフェ「Cafe Lodge」、お洒落で機能性の高いSORELのスノーブーツなどアウトドアグッズの販売も行うアウトドア派にも人気のお店。

暖かい季節には網走湖を一望できるテーブル席や白樺の木に囲まれたドッグランもあり、北海道の大自然を満喫できる場所です。

ピザ

カフェメニューは、たっぷりベーコンナポリタンやたらこスパゲッティなどの各種パスタ、チキンや野菜のカレーにふわふわのオムライス、焼きたて熱々の各種ピザに加え、スイーツとドリンクメニューも充実。

貸切のパーティープランにも対応し、例えば「飲み放題付きおまかせプラン」や「お食事はLODGE特製+飲み物は持ち込みたい」などの要望にも相談で応じてもらえます。

Cafe Lodge(カフェロッジ)
HP:http://www.lodge-hokkaido.com/cafe
住所:〒099-2421北海道網走市呼人122-11
TEL:0152-48-3773
営業時間:11:00~15:00(15:00以降来店の場合は要問合せ)
定休日:水曜日(祝祭日の場合は翌日)
駐車場:有り
アクセス:女満別空港から車で約15分 JR網走駅から車で約15分

3.どこか懐かしい古民家風お蕎麦屋さん「そば切り温」

そば切り温

オホーツクの森にひっそりと佇むお蕎麦屋さん「そば切り温」、昭和30年代をイメージした古民家風の建物はどこか懐かしくほっこりとした雰囲気。

玄関のガタガタする引き戸やレトロな建具、漆喰の壁に田舎風の大きな梁、昭和を知る世代が懐かしさを感じる空間は、昭和を知らない世代にも「どこか懐かしい」と感じさせる空間です。

そば切り温のそば

お品書きのメインである石臼で挽いた自家製粉のお蕎麦は、オホーツク産の玄蕎麦と網走のおいしい水を使った手打ちの10割り蕎麦で、なめらかで喉ごしがよくツルツルと入っていきます。

牡蠣の天ぷらやごぼうのかき揚げといったお蕎麦と相性の良い一品料理や、季節毎に女将さんが手作りするスイーツメニューも人気。

ゆったりした雰囲気とおいしいお蕎麦を楽しめるお店なので、時間に余裕を持って訪れるのがおすすめです。

そば切り温
HP:http://www009.upp.so-net.ne.jp/abatennis/sobagiri/on.htm
住所:〒099-2421北海道網走市呼人190-1
TEL:0152-48-3470
営業時間:11:30~17:00(蕎麦の残り具合により早めの閉店あり)
※お蕎麦が品切れになった場合、追打ちのために1~2時間ほどの中休みあり
定休日:月・金曜日(祝祭日の場合は翌日)、臨時休業あり
駐車場:有り
アクセス:女満別空港から車で約20分 JR網走駅から車で約15分

4.白樺に囲まれたログカフェ「café Grass Roots」

café Grass Roots

網走湖畔沿いの国道39号線から少し入ったカフェ「café Grass Roots」、白樺の木に囲まれた北海道らしい雰囲気のログハウス。

靴を脱いで入るスタイルの店内は、木のぬくもりが暖かでソファー席もあり、心地よい音楽が静かに流れるなか、オホーツクの自然を眺めながらゆったりとした時間が過ごせるお店です。

かぼちゃプリン

1975年から網走駅前で「Cafe あんじろ」として営業していたカフェが移転し、「café Grass Roots」として新規開店したのは2011年のこと。

長年親しまれ、「Cafe あんじろ」時代からのファンも多いカフェのメニューは、ホワイトソースのオムライスや各種パスタをはじめ、ふらんすあんぱんバター焼きやかぼちゃプリンなどの自家製スイーツ、オリジナルブレンドのコーヒーなど老舗カフェならではの美味しさです。

café Grass Roots(カフェ グラスルーツ)
ブログ:http://woody011.blog38.fc2.com/
Facebook:https://www.facebook.com/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84-600570810050040/
住所:〒093-0045北海道網走市大曲46-18
TEL:0152-43-2992
営業時間:11:00~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日:水曜日(祝祭日の場合は翌日)
駐車場:有り
アクセス:女満別空港から車で約20分 JR網走駅から車で約7分

5.知床連山が望める絶景カフェ「cafe&restaurant 360」

cafe&restaurant 360

観光スポットとして有名な「オホーツク流氷館」の2階にある「cafe&restaurant 360」、有料の流氷を体感するエリアを利用しなくてもランチやコーヒーが楽しめるカフェ&レストラン。

「オホーツク流氷館」がリニューアルオープンされた2015年に新規オープンしたカフェ&レストランからの眺めは最高で、オホーツク海や網走湖、知床連山が望めるローケーションです。

生パスタ

「天」生パスタ(2種類から選択)、「都」メインが道産の肉か魚、「山」スキレット料理の360ランチコースの3種や、お弁当スタイルの「天都御膳」、エゾ鹿肉や網走産あぶらがにとズワイガニのカレーなど、道産と網走産にこだわった食材を使った料理が豊富です。

コースにはサラダ、スープ、パン、デザート、コーヒーが付いてボリュームも満点!ガトーショコラやチーズケーキなどパティシェが作るスイーツもすすめで、季節に合わせたメニューも登場します。

cafe&restaurant 360
HP:https://www.ryuhyokan.com/restaurant/
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/ryuhyokan.cafe.restaurant360/
住所:〒093-0044北海道網走市天都山244-3 オホーツク流氷館2F
TEL:0152-67-7643
営業時間: 5月~10月8:30 ~ 18:00(ラストオーダー17:00)
11月~ 4月9:00 ~ 16:30(ラストオーダー16:00)
年末年始10:00~15:00(ラストオーダー14:30)
(各種ランチコース、天都御膳のラストオーダーは14:30)
定休日:なし(オホーツク流氷館に準じます)
駐車場:有り
アクセス:女満別空港から車で約20分 JR網走駅から車で約10分

6. 国内で唯一の刑務所博物館「博物館 網走監獄」

博物館 網走監獄 内観

その昔、「網走刑務所」とは極悪人が収容されている怖くて暗い最果ての地、そんな当時の「網走刑務所」を体感できるのが「博物館 網走監獄」。

日常では味わえない体験をしながら、昔の過酷な刑務所暮らしを想像できる国内でも唯一、世界的にも珍しい監獄ミュージアムです。

博物館 網走監獄

明治時代から実際に「網走刑務所」で使用されてきた建物を移築や再現し、4つの重要文化財と3つの登録文化財を含む建造物を公開している野外歴史博物館。

保存上のリスクを踏まえたうえで実際に建物を開放し、リアルな人形を使って当時の囚人たちの暮らしぶりを再現している場所や、季節限定で囚人の人形たちと一緒に「監獄食」を食べるというユニークな体験ができる「旧網走刑務所 二見ヶ岡刑務支所」の食堂棟など、魅力的な展示方法で来園者を楽しませてくれます。

監獄食堂

刑務所内の会議室として使われていた「庁舎」の一室、現在は喫茶コーナーとして再利用され、上げ下げ窓と高い天井の落ち着いた空間でドリンクやスイーツメニューが楽しめます。

博物館に入場しなくても利用が可能で気軽にランチが楽しめる「監獄食堂」(旧番外地食堂)が2017年2月1日リニューアルオープンし、カフェめし風の新メニュー「監獄の森ランチ」や現在の網走刑務所で出されている昼食を再現した「監獄食」が食べられると評判です。

博物館 網走監獄
URL: http://www.kangoku.jp/index.html
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/abashirikangoku/
住所:〒099-2421 北海道網走市字呼人1-1
電話番号:0152-45-2411
入場料:大人1,080円、大学/高校生750円、小中学生540円、福祉料金540円
団体割引(20名様以上)2割引、網走市民2割引、インターネット割引券10%OFF
営業時間:5月~9月8:30 ~18:00 10月~4月9:00 ~17:00(入館は閉館時間1時間前まで)
休 館 日:なし
アクセス:女満別空港から車で約20分 JR網走駅から車で約7分

7.一年中流氷を体感できる「オホーツク流氷館」

オホーツク流氷館

2015年リニューアルオープン後、さらに魅力的で気軽に行ける場所になった「オホーツク流氷館」は、流氷やオホーツク海の生き物に出会える体感型施設。

見頃の時期といっても毎日出会えるわけではない流氷に一年中出会える場所であり、実際に本物の流氷に触れたり、流氷が来る時期の寒さを体感したり多くの観光客を魅了しています。

オホーツク流氷館

極東最大のアムール川河口で生まれた海氷がオホーツク海沿岸に流れ込み、生き物のように気ままに漂う流氷は冬のオホーツク海最大の魅力。

北海道内最大級の「プロジェクションマッピング」で流氷の迫力を感じたり、流氷の天使「クリオネ」を間近で見たり子供も大人も楽しめる場所です。

展望テラス

知床連山を眺望できる「展望テラス」で春夏秋冬の季節の景色や展望レストラン「Café&restaurant 360」で旬の素材のランチを楽しんだり、大人気の「流氷ソフトクリーム」やここでしか買えないおみやげも見逃せません。

冬の流氷の時期にはスリル満点の「流氷絶景スライダー」などの楽しいイベントも開催され、既に訪れたことのある方も、これから行ってみたいと思っている方も楽しめる場所です。

オホーツク流氷館
U R L: https://www.ryuhyokan.com/
住所:〒093-0044 北海道網走市天都山244番地の3
電話番号:0152-43-5951
入場料金:大人750円(600円) 、高校生640円( 510円)、 小/中学生 540円( 430円)
※( )内は20名以上の団体料金
営業時間:5月~10月8:30 ~ 18:00 11月~ 4月9:00 ~ 16:30(入館は閉館時間30分前まで)
年末年始10:00~15:00(最終入館14:30)
休 館 日:なし
※レストラン「Café&restaurant 360」の営業もオホーツク流氷館に準じます。
(各種ランチコース、天都御膳のラストオーダーは14:30)
アクセス:女満別空港から車で約20分 JR網走駅から車で約10分

8.北方民族の魅力たっぷり「北海道立北方民族博物館」

北海道立北方民族博物館

天都山に建つ三角形が印象的な「北海道立北方民族博物館」、北方民族の文化を専門的に紹介している日本で唯一の博物館で、北方民族の魅力に触れられる場所。

オホーツク文化の代表的な遺跡「モヨロ貝塚」からの出土資料を含む、北方民族の衣食住などに関する約900点もの資料が展示されています。

北海道立北方民族博物館

伝統的な民族衣装や装飾品、工芸品などデザイン性の高さやセンスが伺える展示物も多く、復元品を含む19世紀後半から20世紀前半までに使用された資料を中心に展示。

大量生産されたものではなくオリジナリティーを好む人も多い今日、伝統的な文化にとても新鮮さを感じます。

北海道立北方民族博物館右上・左下資料提供:北海道立北方民族博物館

「北海道立北方民族博物館」では、北方民族について楽しく学ぶ「体験コーナー」や可愛らしい小物をつくる「ものづくり」などの各種コーナー、小中学生向けの各種講習会など楽しいイベントが開催されています。

書籍や北方民族のグッズなどを扱う併設のミュージアムショップには、オリジナル商品や民族刺繍の小物も多く魅力的な品々が揃っています。

北海道立北方民族博物館
U R L: http://hoppohm.org/index2.htm
Facebook:https://www.facebook.com/HoppohmMuseum/
住所:〒093-0042 北海道網走市字潮見309-1
電話番号:0152-45-3888
常設展示観覧料:一般550円(440円)、高校生/大学生200円(160円)、小中学生/65歳以無料
※( )内は10名以上の団体料金
営業時間: 7月~ 9月9:00 ~ 17:00 10月~ 6月9:30 ~ 16:30
休 館 日: 7月~ 9月、2月→休館日なし
10月~ 6月→月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)年末年始 他臨時休館
アクセス:女満別空港から車で約20分 JR網走駅から車で約15分

おわりに

天都山周辺 イメージ

美しい景色と観光スポット、おいしい食事やスイーツが楽しめる三拍子揃った天都山周辺は、オホーツク地方の魅力がたっぷりです。

女満別空港から約20分ほどの天都山周辺ですが、JRやバスで網走を訪れる方には、網走バスターミナル(網走駅経由)発着の観光名所を巡回するバス「観光施設めぐりバス」がおすすめです。

あばしり観光施設めぐりバス(1dayパス料金:大人800円 小人400円)
http://www.abakanko.jp/news/event/kankoushisetsumeguribus.html

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.