MENU
SEARCH
現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

芦別岳と桜がコラボレーション!「東大演習林樹木園桜並木」ひとときの絶景|北海道を象徴する春景色

エリア
富良野・美瑛・トマム
投稿日
最終更新日:2022年5月13日
本州より少し遅れて、春が訪れる北海道。桜の見頃はゴールデンウィークから始まります。函館をはじめとした道南では4月下旬、道東や道北では5月から6月にかけて、お花見を楽しむことができます。

メジャーな桜名所が数多くある中で、今回は雪山×桜という時期限定のコラボレーションが楽しめる富良野の「東大演習林樹木園桜並木」をご紹介します。

1.「東大演習林樹木園桜並木」へのアクセス

東大演習林 桜
「東大演習林樹木園桜並木」が位置しているのは、富良野市の南部。
富良野市と南富良野町・金山をつないでいる国道38号線(北海道ガーデン街道)沿いに、300本近いエゾヤマザクラが植わっています。

富良野市街から車で約15分、新千歳空港から道東道を経由して車で2時間弱の場所です。

東大演習林樹木園とは、1899年に林学の教育と北方林業の研究を目的に設置された樹木園。所定の手続きを踏めば、一般の方でも資料館の見学や園内の散策ができます※1。桜並木については無料開放されているので、気軽に立ち寄ることが可能です。

※1 2022年の一般公開(例年5月初旬~10月後半平日9:00-16:00)は倒木のため開始日未定となっております。

東大演習林樹木園 桜公園

住所
北海道富良野市字山部第一苗圃
HP
https://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/hokuen/
備考
桜の見頃:5月上旬〜中旬

2.ソメイヨシノより色の濃い「エゾヤマザクラ」

東大演習林 桜
「東大演習林樹木園桜並木」で見られるのはエゾヤマザクラです。本州でよく見られるソメイヨシノより北海道ではメジャーな品種で、花の色がソメイヨシノよりも濃く、花が開くと同時に朱色の葉が芽吹くので、木全体が鮮やかに鑑賞できます。

野山に自生しているほか、街路樹としても好んで植えられています。同じエゾヤマザクラでも咲く場所によって咲く時期や色も異なり、野趣ある佇まいが魅力です。

3.富良野の春を代表!芦別岳とのコラボレーション

東大演習林 桜

桜名所としてはややこじんまりとしている「東大演習林樹木園桜並木」ですが、醍醐味は時期限定のコラボレーションにあります。それは芦別岳(あしべつだけ、標高1726m)を主峰とする夕張山地の雪山と、桜並木のコラボレーションです。

南富良野町や金山から富良野方面へ北上すると、道の向こうに夕張山地を一望できます。桜が咲く時期には、まだ北海道の山々は冬の様相。冬と春が同居する絵画のような絶景に出会えますよ。
東大演習林 桜
また雪山×桜も大変美しいですが、青空と一緒に眺めれば、北海道らしいスケール感も味わえます。路側帯が広がるポイントがあるほか、大きなパーキングがあるので、そちらに車を止めて、心ゆくまで雄大な北海道の春景色を満喫しましょう。

交通量が多いので、道路を横切るときはよく注意してください。そしてラストにはぜひ、この道を車で走ってみてくださいね。
東大演習林 桜
ツーリングしているバイクもたくさん見かけましたが、とても気持ち良さそうです。

あまり春の印象が少ない富良野ですが、雪山と桜のコラボレーションのように春ならではの絶景があり、閑散期のためゆったりと旅行を満喫することができます。

北海道らしいのどかな時間と風景を楽しみたい方にオススメです。

日本深掘りサイクリスト・フォトグラファー 土庄雄平

1993年生まれ、愛知県豊田市出身。同志社大学文学部文化史学科・英文学科卒。サラリーマンの傍、自転車旅&登山スタイルで、日本各地を駆け巡るトラベルライター。 四季折々の日本を五感で捉え、発信しています。

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト