MENU
SEARCH

朝ドラでも注目!十勝のイベント5選

エリア
十勝・日高
投稿日
最終更新日:2019年5月2日
2019年4月から放送がはじまった朝ドラのロケ地として注目を集めている十勝エリア。

広々とした十勝平野を利用した酪農や農業が盛んなエリアで、そんな特産品を利用したスイーツをはじめとしたグルメや北海道らしい雄大な風景楽しめる地域として、北海道旅行でも人気のエリアです。

今回はそんな十勝エリアの魅力を存分に満喫できるたくさんのイベントの中から、おすすめのものを5つご紹介します。

四季折々の十勝を堪能できるイベントがたくさんありますよ!

魅力いっぱいの十勝エリア

十勝 イベント 道路
十勝エリアは北海道の東側に位置する地域。

広大な十勝平野を開拓して作られた農地で作られた特産物が多いエリアで、酪農も盛んなため、おいしいスイーツを楽しめるエリアとしても人気です。

海に面した町では海産物の水揚げが豊富ということもあり、さまざまなグルメを味わえます。

また豊かな自然を生かしたガーデンが点在している地域でもあり、北海道の豊かな自然や風景を満喫できる地域。北海道らしい景色を堪能することもできますよ。

おすすめイベント1.本別山渓つつじ祭り

十勝 イベント 本別山渓つつじ祭り
毎年5月、エゾムラサキツツジが満開になる季節に合わせて本別町で開催される「本別山渓つつじ祭り」。

会場の義経の里本別公園はエゾムラサキツツジ16000株が植えられているツツジの名所です。

園内のステージでは、ショーや太鼓の演奏などが行われ、春の訪れを喜ぶ楽しい雰囲気が会場を満たしています。

ステージショーの中には子供が楽しめるものも多く、家族での旅行におすすめのイベントです。

十勝 イベント ジャンボ義経鍋

会場内では本別町産の食材を使用した「ジャンボ義経鍋」の提供があるので、ツツジが咲き誇る景色を見ながら、グルメも堪能できるイベント。

ツツジが満開の季節には園内に植えられている2000本のエゾヤマザクラも咲くので、ちょっと遅い花見を楽しみましょう。

本別町には鉄道が通っていないので、義経の里本別公園へのアクセスには自動車がおすすめ。

道東自動車道を利用して帯広空港からは1時間15分ほど、釧路空港からは1時間ほどの所要時間です。

<本別山渓つつじ祭り>
開催時期:例年5月中旬の日曜日 2019年は5月12日
開催場所:義経の里本別公園
公式HP:https://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/sightseeing/fes/details/post_1.html

おすすめイベント2.北海道バルーンフェスティバル

十勝 イベント 北海道バルーンフェスティバル

十勝エリアの中でも内陸部にある上士幌町は、熱気球競技が盛んで「気球の町」として知られています。

そんな熱気球を身近に感じられるのが8月に開催される「北海道バルーンフェスティバル」です。

熱気球を近くで見ることができるだけでなく、搭乗体験ができたり、競技フライトを観戦することができたりなど、気球の町ならではの経験ができるイベント。

ステージショーなどもあり、老若男女問わず楽しめるイベントです。

十勝 イベント 北海道バルーンフェスティバル 夜

幻想的な景色を見たいのなら、夜間の「夜空に映えるバルーングロー」がおすすめ。

近隣の明かりが少ないので、真っ暗な中に浮かび上がる熱気球の姿を見ることができますよ。

開催地へのアクセスは帯広空港から車で1時間10分ほどです。

<北海道バルーンフェスティバル>
開催時期:例年8月中旬 2019年は8月10日~12日
開催場所:上士幌町航空公園
公式HP:https://www.kamishihoro.jp/sp/balloonfestival

おすすめイベント3.しんとく新そば祭り

十勝 イベント しんとく新そば祭り
十勝エリアの北部に位置する新得町は、そばどころとして有名な町。

毎年9月には新そばの収穫を祝い、おいしいそばを食べられる「しんとく新そば祭り」が開催されます。

採れたての新そばを挽きたて・打ちたて・茹でたてで提供してくれるイベントです。

十勝 イベント しんとく新そば祭り わんこそば

ステージイベントでは新得町産のそばをおなかいっぱい食べられるわんこそば大会も開かれるんですよ。

イベントが開催される新得町保健福祉センター「なごみ」は、新得駅から徒歩7分ほどと駅近です。帯広駅から新得駅までは特急で約30分。

車では帯広広尾自動車道を経由して帯広空港から1時間強の道のりです。

<しんとく新そば祭り>
開催時期:例年9月下旬
開催場所:新得町保健福祉センター「なごみ」前駐車場
公式HP:http://sobanosato.com/

おすすめイベント4.広尾毛がにまつり

十勝 イベント 広尾毛ガニまつり
十勝エリアの南端に位置する広尾町は、十勝港を有する太平洋に面した町。

12月に開催される「広尾毛がにまつり」は、広尾で水揚げされた豊富な海産物を堪能できるイベントです。

会場内では直径2メートルもある大がまを使って茹でられた茹で毛がにのほかに、かに汁も提供されています。

いくらやししゃもなどの販売もあるので、お土産の購入にもぴったり。
十勝 イベント 広尾毛ガニまつり 茹で上がり

イベント中には毛がにの早食い競争が行われるので、大食い早食いに自身のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

開催地はシーサイドパーク広尾に作られた特設会場で、帯広空港からは帯広広尾自動車道を経由して約1時間です。

<広尾毛がにまつり>
開催時期:例年12月上旬
開催場所:シーサイドパーク広尾特設会場
公式HP:http://www.town.hiroo.hokkaido.jp/topics/keganimatsuri.html

おすすめイベント5.氷灯夜

十勝 イベント 氷灯夜
開拓前を彷彿とさせる柏の大樹が残る芽室町では、2月にアイスキャンドル約5000個が輝く「氷灯夜」が開催されます。

バレンタインデーに開催されるということで、カップルや夫婦での来場も多いのですが、子供が主役のイベントも行われるので、家族連れも楽しめるイベントです。

十勝 イベント 氷灯夜 アイスキャンドル ハート

バレンタインデーに開催されるイベントにふさわしく、アイスキャンドルを使ったハート型の装飾もあり、フォトスポットとして人気なんですよ。

イベントの中では雪の教会や氷のハート像の前で愛を誓うスノーブライダルも開催。

アイスキャンドルがきらめく中でのブライダルフォトは、幻想的ですてきです。

十勝 イベント 氷灯夜 花火
イベントの最後には雪原をさまざまなカラーで彩る花火を楽しむことができますよ。

イベント会場の芽室公園は芽室駅から徒歩で約15分。

芽室駅は帯広駅から各駅停車を使っても19分ほど。

帯広空港から車で開催地を目指す場合には帯広広尾自動車道を利用して約35分です。

<氷灯夜>
開催時期:例年2月14日
開催場所:芽室公園内
公式HP:https://memuro-hy-2016.jimdo.com/

おわりに

十勝エリアの魅力を体感し、満喫できるイベントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

広々とした大地とおいしいものがたくさんあるグルメという、北海道旅行の醍醐味を堪能できるイベントばかりでしたね。

今回ご紹介したもののほかにも、十勝の魅力を味わえるイベントがたくさんあります。

ぜひ次の北海道旅行では十勝エリアのイベントをメインとして計画をたててみてくださいね。

こちらの関連記事もどうぞ

  • 十勝がいっぱい詰まったスイーツ♪十勝トテッポ工房でくつろぎ時間を過ごしてきました!
  • 今だけ!むかわ町でだけ!完売必至のししゃも寿司を食べに行って来た!
  • 手軽に雪遊びが堪能できる!十勝エコロジーパーク・ウインターフェス
  • 十勝・日高・釧路エリアおすすめの海鮮料理&食事処
  • 帯広 はげ天 本店|天ぷら・郷土料理、豚丼の老舗で舌鼓!
  • 行くと幸せになれる!?帯広にあるピンクがかわいい“幸福駅”って?
  • 花咲く春を待ちわびる十勝のガーデンたち!【春の帯広・十勝】
  • 十勝ヒルズ|花と食と農のテーマパークで癒しの時間を満喫♪

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト