MENU
SEARCH
現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

真っ赤に彩られる♡は神の沼「豊似湖」の行き方・紅葉時期

エリア
十勝・日高
投稿日
最終更新日:2020年8月5日
北海道のえりも町の山の中にひっそりと佇んでいる秘境「豊似湖」。これまではあまり観光化されずにいましたが、北海道の銘菓石屋製菓のCMで起用されたことから一気に注目が集まり、ひと目見ようと足を運ぶ観光客が増加。

ハートの形をしていることから「ハートレイク」の愛称でも親しまれていますが、緑の中にぽっかりと浮かぶその姿は神秘的で謎にひしめいています。

そこでこの記事では豊似湖への行き方やもっとも美しい景観を楽しめる紅葉時期についてご紹介していきます。

1.豊似湖の場所・行き方


豊似湖は帯広より約100km、苫小牧からは約200kmのえりも町の山林の中にある内陸湖。
地図をググっと拡大して見ると、流れ込む川も無くまさしくハート型であることが見て取れます。

豊似湖までは車でのアクセスが基本。
太平洋沿いを走り襟裳岬へ続く国道336号(通称、黄金道路)から、日高町目黒延びる猿留川沿いの林道を9km、約30分車を走らせたところに駐車場があります。

林道は車でのアクセスは可能ですが道幅も狭く砂利道も続き急カーブも多く、まるでオフロード状態です。

バスや車高の低い車での通行は困難。レンタカーの場合でも車に傷をつけないよう十分注意しなければいけません。

駐車場(公衆トイレ有)からは豊似湖畔までは200mほど歩きます。

ゴツゴツした岩や草木が生い茂っていて足場も非常に悪いので気をつけながら歩いていると、片道20分はかかってしまうでしょう。

とくに林の中は前日に雨が降るとぬかるみ歩きにくくなるため、履き慣れた歩きやすい靴や汚れてもいい動きやすい服装で行くのがベストです。

2.豊似湖の見どころ

豊似湖

じつは、残念ながら湖畔(地上)からは湖がハート型になっていることは確認できません。
しかし湖の周囲には1kmほどの散策路があり、水深が最大で18mある透き通る湖で優雅に泳ぐ魚たちを観察しながら森林浴も楽しめます。

また散策路は途中で猿留山道と合流しており、少し歩いて高台まで登り、林が開けたところでは眼下に太平洋を望むことができるビュースポットもあります。

ハート型に見えないならわざわざ行っても無駄・・・なんて思う方もいらっしゃるかもしれません。

それでも静寂につつまれた豊似湖の景色・空間は美しく、また紅葉や希少なナキウサギを目当てに訪れる人は後を絶ちません。

2-1.紅葉|最盛期はいつ頃?

豊似湖 紅葉 時期
豊似湖のベストシーズンは紅葉の季節。10月上旬くらいから徐々に木が黄色や茜色に色づき始めていきます。
紅葉 紅葉時期
夏は湖の周りを見渡せば多くの緑に囲まれていましたが、秋は木々が彩られ夏とはまた違った雰囲気の湖を楽しませてくれます。何度足を運んでも季節によってさまざまな顔を見せてくれるのも、豊似湖の魅力のひとつです。

2-2.ナキウサギ|氷河期の生き残り

豊似湖 ナキウサギ
豊似湖では寒冷な気候の地域に分布するナキウサギの生息も確認されています。氷河期に海面が上昇したことにより大陸に戻ることができずに取り残されてしまったと考えられており、現在は山岳などの寒冷地に生息。

豊似湖もそのひとつで、豊似湖鳥獣保護区として北海道は保護をしています。

キュートな丸い耳がチャームポイントのナキウサギはそれほど体も大きくなく、ハムスターのように素早い動きが特徴。「ピィイー、ピィイー」という鳴き声が聞こえたら、もしかしたらナキウサギかも!

3.豊似湖を俯瞰から見る方法

豊似湖 ヘリツアー
豊似湖に足を運ぶことはおろか高台に登ったとしてもCMや写真のようなきれいなハート型の湖は残念ながら見ることはできません
でも、せっかく豊似湖まで行くからにはハートの湖を見てみたいですよね…

ここでは、豊似湖に行くからにはハート型をこの目でみたいという方に、ハート型を楽しむ方法を教えます。

3-1.ヘリコプターツアー

森の中にポツリと存在するハート型の湖を見るにはJTBが企画・実施しているヘリコプター周遊プランに参加する必要があります。しかし、残念なことに2020年はコロナウイルス感染症拡大防止のため、豊似湖のヘリコプター周遊飛行は中止が決定しました。

例年は10月上旬の2週間ほどの期間限定で運行し、15分間隔で空の旅へといざなってくれます。
コースも「豊似湖周遊コース」と襟裳岬まで足を伸ばして飛行する「豊似湖、襟裳岬周遊コース」があり、上空からは日高山脈や色づいた紅葉も楽しめます。

3-2.ドローン

時間や費用、乗り物酔のことを考えてもヘリコプターは難しい場合は、ドローンで撮影してみるのもいいかもしれませんね。
上空からの景色を撮影できるドローンは、自分の目で見ることはできませんがきれい豊似湖の姿を好きな角度や高さから撮影できます。
自分だけの豊似湖の素晴らしさを見つけ出すことができるでしょう。

4.おわりに-豊似湖に行く場合に注意したい事―

雪が積もっている冬季は豊似湖へ続く林道は通行止めになってしまいます。そのため雪をまとった豊似湖は見ることができません。
また、豊似湖周辺は深い森に囲まれており野生の動物たちの住処です。もちろんヒグマの生息地でもあります。

豊似湖へ行くときは熊鈴などのクマ対策を行い、野生動物たちに悪影響を及ぼさない行動が必要です。
これからも豊似湖の素敵な姿を残していくためにもゴミを捨てたり外来生物を放したりはせず今残っている自然を守っていきましょう。

ぜひ、森の中にぽつんとたたずむ秘境「豊似湖」に足を運んでみてください。

こちらの関連記事もどうぞ

  • 帯広のソウルフード!インデアンカレーの魅力に迫る@まちなか店
  • 帯広 はげ天 本店|天ぷら・郷土料理、豚丼の老舗で舌鼓!
  • 【北海道ガーデン街道】8つの庭園で大自然を満喫しよう!
  • 北海道 定番のお菓子!六花亭 帯広本店 喫茶室でスイーツをいただいてきました
  • 十勝ヒルズ|花と食と農のテーマパークで癒しの時間を満喫♪
  • 世界で唯一のばんえい競馬!ばんえい十勝(帯広競馬場)へ行ってきました!
  • ジュエリーアイス・氷の芸術品を求めて│十勝・豊頃町
  • ワイワイ派・女子旅にもオススメ!サホロリゾートスキー場の魅力

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト