夏の北海道1番人気の日帰りバスツアーで、旭山動物園&富良野・美瑛に行ってきました♪

Tags: ,

公開日:2016/8/3

Pocket

北海道 バスツアー

北海道には東西南北、観光地が多数ありどこに行くか迷いますよね。

特に初めての場合は、限られた時間で効率よく観光したいですよね。

筆者は、「旭山動物園」と「富良野のラベンダー畑」・・・
この代表的な2つの観光地を、1日で回れないかと模索。

効率的にかつ、経済的に観光できる交通手段・方法はないか…と調べた結論は”バスツアー”。

今回は人気のバスツアー「北海道パノラマロード」で、旭山動物園、富良野・美瑛に日帰り観光。

安く、そして時間を有効に使えるバス観光、一度体験してみてください♪

<目次>
1. 北海道中央バス・バスツアー「北海道パノラマロード」とは?

2. 実際に乗車してみました!
2-1. 札幌駅から旭山動物園まで
2-2. 旭山動物園で動物に癒される!
2-3. 美瑛の風景~車窓より~
2-4. ファーム富田でラベンダー鑑賞♪
2-5. ファーム富田から札幌駅まで

3. 乗車体験を踏まえての感想
3-1. 良かった点
3-2. 惜しかった点

4. 他にもある!オススメの観光バス
4-1.旭山動物園と青い池・ファーム富田・美瑛の丘めぐり
4-2.北海道の夏を楽しむ1日コース ~絶景積丹岬コース~
4-3.白い恋人パーク&小樽散策コース

1.北海道中央バス・バスツアー「北海道パノラマロード」とは?

北海道中央バス

北海道中央バス・バスツアー「北海道パノラマロード」は北海道観光の2大人気スポット、「旭山動物園」と「富良野・美瑛」を1日で巡る観光バス。

2016年度は、6月6日から10月11日までの期間限定の運行。

こちらのバスは、北海道観光の定番コースとして観光客をはじめ、多くの方が利用しています。

音声での多言語案内もしており、近年では訪日観光客も増えています。

実際に、こちらのバスツアーがいくら・何時間かかるのか見てみましょう。

料金は小人(小学生以下)が5,050円、大人が7,600円です。

所要時間は、観光地を巡る時間も含め10時間半です。

2.実際に乗車してみました!

ここからは、10時間半に及ぶバス旅の模様をお伝えします。

2-1. 出発から旭山動物園まで

まずは出発の様子から、旭山動物園までの様子をご紹介。

8:10 バス案内所到着

 

札幌駅前バスターミナル

 

「週末になると、バス乗り場が混雑している」という噂を聞きつけ、早めに到着。

定期観光バス窓口は、エスタビルの2階になっています。


住所:北海道札幌市中央区北5条西2丁目JR札幌駅前バスターミナル2F (エスタビル2F)

▼▼▼▼▼

8:20 チケット受け取り

 

札幌駅前バスターミナル
到着すると、すでに大勢の人が列に並んでいました。
私も今か今かとその順番を待ちます。

 

 

北海道パノラマロード バスチケット

こちらが、本日のバスチケットです。
旭山動物園の入場券と、2枚綴りになっていました。

 

▼▼▼▼▼

8:30 係員の人が案内

 

北海道中央バス 案内人
各観光バス、乗車10分前になると係員の方が、該当バスの名前を呼び、集合を促します。

今回、私が乗車するバス「北海道パノラマロード」も呼ばれました。

緑色のベストが目印の、係員さんの元に集合しました。
▼▼▼▼▼

8:40 出発

北海道中央バス 車体

さあ、いよいよ出発です!

係員さんの誘導により、1階のバス乗り場まで降りると赤いバスが止まっていました。

すでに窓口でチケットを購入しているためか、そのままバスに乗車する形でした。

 

北海道中央バス 車体2

こちらのバスは4列シートで、お手洗いはついていませんでした。
座席は、ほぼ満席でした。

 

北海道中央バス 座席

私の席は、窓側でした。
座席幅は一般的な4列シートだったためか、若干狭く感じました。

 

北海道中央バス 足元

足元は、足を伸ばせるような十分なスペースがありました。(筆者は154㎝)
身長が高い方には、少し窮屈かもしれません。

 

北海道中央バス 収納

座席前にはものを入れるための収納ネットや、ドリンクホルダーも完備。

 

北海道中央バス コンセント

個人的に嬉しかったのが、コンセントが付いていたこと。
携帯の充電を気にすることなく、観光を楽しめました♪

 

▼▼▼▼▼

9:00  道央自動車道に入る

バスが走行し、約20分で高速道路に入りました。

 

北海道中央バス イヤフォン

イヤホンから今後の案内が流れるそうで、早速、収納ポケットにあったイヤホンを装着。

すると、シートベルト着用義務や禁煙に関するお知らせが流れてきました。

イヤホンを使ったアナウンスが初めてだった私は、少し新鮮でした!

車窓から景色を眺めていると、イヤホンから札幌市の概要についてのアナウンスが。

このイヤホンガイドのおかげで、移動時間も退屈せず過ごせました。

▼▼▼▼▼

9:45  砂川サービスエリア到着

砂川サービスエリア1

走行約1時間で最初の休憩スポット、砂川サービスエリアに到着。

お手洗いを済ませた後、時間が余っていたので
中のお土産屋さんにも立ち寄ってみました。

砂川サービスエリア2

 

砂川サービスエリア3

お土産・ご当地ドリンク共に充実の品揃えです。

 

とうきび茶

その中でも、私が気になったのはこのとうきび茶。
とうきびの香ばしい香りがクセになり、本当に美味しい。

これからの旅のお供です!

▼▼▼▼▼

10:00 砂川サービスエリア出発

ガイドさんの人数確認が終わり、定刻通りに出発。

旭山動物園 うちわ

サービスエリア出発後に、旭山動物園で使える、特典付うちわが配られました。

どうやら、お食事後に提示するとポストカードがもらえるそう。

▼▼▼▼▼

11:00 旭山動物園到着

砂川サービスエリア出発から約1時間、定刻の10分前に到着!

これから約2時間40分の、自由行動の始まりです。

2-2. 旭山動物園

今回のメイン観光スポット1つ目、旭山動物園の過ごし方についてレポート。

*昼食

レストハウス雪の村

昼食は駐車場にほど近い、「レストハウス雪の村」で頂きました。

 

旭山動物園 ランチ

野菜を中心にした、健康的でボリューム満点のメニュー。

お腹が空いていたので、あっという間の完食でした。

 

旭山動物園 ランチ 特典

ライオンのうちわを見せると、アザラシのポストカードがもらえました!

*入園します!

旭山動物園 東門

今回は、東門からの入園です!

 

旭山動物園 お土産処

お土産屋さんも通過しつつ…。

 

旭山動物園 入園口

階段を下りてから、ゲートに向かいます。

 

旭山動物園 チケット

こちらの入園券をスタッフに見せて、いざゲートイン!

 

旭山動物園 階段

階段を降りると…。

 

旭山動物園 地図

旭山動物園全体の地図が。
今回は、反時計周りに観光してきました♪

・チンパンジー館

旭山動物園 チンパンジー

こちらでは、チンパンジーをかなり近い距離で鑑賞できました!

遊具で遊んだり、子育てをしたりとその様子は様々。

・北海道産動物舎

旭山動物園 北海道産動物舎

 

旭山動物園 キタキツネ

キタキツネをはじめとする、北海道の動物が展示。

タヌキの写真を試みましたが、5分粘っても後ろ姿しか撮影できず…。

・きりん舎

旭山動物園 キリン

かなり間近でキリンが撮影できました!
実際に見ると、迫力がありますよね。

・かば舎

旭山動物園 カバ

かばの生態が水中からも見られるのは、新しいなと思いました。

かばが水中を歩く時の音は、結構響きました。

・ペンギン館

旭山動物園 ペンギン

 

ペンギン館では、水中でペンギンが泳ぐ姿や寝る姿を鑑賞。

よちよち歩きや寝ている姿…見ていて飽きなかったです!

携帯をあまり近づけると過剰反応してしまうので要注意。

・ほっきょくぐま館

 

旭山動物園 ホッキョクグマ

旭山動物園の一番人気、ほっきょくぐま館です。

離れた距離でも、綺麗に撮影できました。

間近で見られるアイスカプセルもありましたが、長蛇の列が出来ていたので断念…。

・お土産処

 

旭山動物園 お土産処

各所に点在するお土産屋さんでは、動物をモチーフにした小物類や旭川の名物がずらり。

私は、ポストカードを集めるのが趣味。

ペンギンなどのポストカードを2枚購入し自分用のお土産にしました。

▼▼▼▼▼

13:40 旭山動物園出発

旭山動物園 バス

2時間40分、旭山動物園での時間を大満喫しました!
これからは、美瑛に向かいます。
ガイドさんの人数確認が終了し、いざ出発です。

▼▼▼▼▼

14:00 車窓から美瑛の風景を鑑賞

旭山動物園で動き回ったからか、移動中は見事に爆睡…。
気が付くと、美瑛に着いていました。

2-3. 美瑛

車窓から、パッチワークの丘などの観光名所を堪能しました。

・パッチワークの丘

パッチワークの丘

美瑛の丘陵地帯を走る道で、様々な作物が作られています。例:じゃがいも等

 

ケンとメリーの木

ケンとメリーの木

1971年に、日産自動車のCMに採用されて以来「ケンとメリーの木」と呼ばれています。木の種類はポプラです。

▼▼▼▼▼

14:50 ファーム富田到着

ファーム富田9

これから、約1時間の自由行動が始まります!

2-4. ファーム富田

 

ファーム富田8

最初に見つけたのは、ラベンダー。
初めて間近で見ましたが、あの癒しの香りが漂います。

 

ファーム富田7

オレンジや黄色が目を引くポパイの前には、看板が。
観光客の方がひっきりなしで、写真を撮っていました。

 

ファーム富田6

この日は小雨でしたが、綺麗に花が咲いていました。

 

ファーム富田5

こちらにはお土産処や休憩スペースも。

 

ファーム富田 ラベンダーティー

この日は、少し寒かったのでラベンダーティーを注文。
温かい飲み物が体を癒してくれます。香りも抜群に良かったです。

 

ファーム富田 バイク

お土産屋さんに行くと、ラベンダー色のバイクを発見!

 

ファーム富田 石鹸

 

ファーム富田 香水

売店内には、ラベンダーの香水や石鹸も多数ありました。
どれもいい香りで、買うかどうか本当に迷いました…。

 

ファーム富田3

こちらでは、ラベンダー石鹸の制作過程が見られます。

 

ファーム富田2

売店の窓からの景色です。色とりどりで見とれますね。

 

 

ラベンダー1

全てのものがラベンダーやお花モチーフで、
お土産を見ているだけで、あっという間に時間が過ぎてしまいました…。

2-5. ファーム富田から札幌駅まで

さあ、このバス旅もいよいよラストスパートです!

▼▼▼▼▼

16:00 ファーム富田出発

ファーム富田1

到着より1時間、定刻より25分早くファーム富田を出発。
ラベンダーを始めとする、花に癒された1時間でした。

▼▼▼▼▼

17:25 岩見沢サービスエリア到着

岩見沢SA1

本日2度目の休憩スポット、岩見沢サービスエリアに到着。
道路も空いていたのか、予定より45分早い到着です。

ここでは、お手洗い休憩だけ済ませてバスの中へ。

 

岩見沢SA2

ご覧の通り、観光バスも多数並んでいました。

▼▼▼▼▼

17:40 岩見沢サービスエリア出発

約15分の休憩後、バスは札幌市内へと向かっていきます!

イヤホンのアナウンスでは、観光帰りに立ち寄れる札幌グルメの紹介が流れていました。

札幌ラーメンにカニ、ジンギスカン…どれも魅力的ですね。

▼▼▼▼▼

18:30 サッポロファクトリー

こちらのサッポロファクトリーでは、降車客がいなかったのでそのまま通過。

▼▼▼▼▼

18:35 札幌市時計台

札幌市時計台

札幌市時計台で、4~5名が下車しました。
近くで見ると、迫力がありました。

▼▼▼▼▼

18:40  札幌駅前バスターミナル到着

札幌駅 夜景

予定より30分早く、札幌駅前バスターミナルに到着。
これをもって約10時間のバス旅は終了です!

3. 乗車体験を踏まえての感想

今回乗車した観光バス、「北海道パノラマロード」の感想をまとめました。

3-1. 良かった点

○ 観光地を効率よく回れた!

→初めての北海道観光で地理があまりよく分からなかった私。
一度に、旭山動物園とファーム富田を巡れて短い時間内で観光を楽しめました!

○ 添乗員の対応が丁寧だった。

→観光後に入口で傘を持って出迎える姿や、席を変更して下さったりと
お客様第一の姿勢が、随所に見えました。
ガイドさんの笑顔や気配りで、観光がより楽しめました!

○ イヤホンから流れてくる豆知識が、面白かった。

→観光地に向かうまでのアナウンスは、約70%がイヤホンでした。
「北海道で名産の鮭は、匂いをもとに川に戻ってくる」とか
「富良野のへそ祭りは、北海道内での富良野の位置から由来がきた」など、
聞いてタメになるような情報が多く、移動中も退屈せず過ごせました!

3-2. 惜しかった点

△時間の制約がある。

→旭山動物園で160分、ファーム富田で60分の観光時間がありましたが
ゆっくり見られる時間ではないなと思いました。
時間を気にせず、一つの観光地をじっくり見たい!という方には、あまり向いていないかも。

× 悪天候だったこと。

→私が実際に観光した日は、曇りのち雨でした。
旭山動物園とファーム富田は、どちらも外での行動でしたので
人混みの中、傘を持っての移動はキツかったです…。

× 座席幅が若干狭かった。

→座席には肘掛けも無く、隣に人が座ると少し狭く感じました。

「北海道パノラマロード」基本情報
【料金】
大人:7,600円
中学生・旭山動物園入園券なし大人:6,800円
小人(小学生以下):5,050円
【所要時間】
10時間30分
※2016年7月28日現在で、6月6日~10月11日運行分を調査。(割引含まず)
※運行時間は、道路状況にも左右されます。

★こちらのバスツアーは、大変人気です。そのため、早目の予約がオススメです。詳細はコチラより、ご覧ください!

4. 他にもある!オススメの観光バス

先ほどご紹介した「北海道パノラマロード」以外でも、
いくつかオススメの観光バスをご紹介します!

4-1.旭山動物園と青い池・ファーム富田・美瑛の丘めぐり

美瑛 青い池

乗車体験記でご紹介したコース(旭山動物園+ファーム富田)に加え、
美瑛の青い池も楽しめるという大変人気のコース。
効率良く観光したい!という方には非常にオススメです。

コースの詳細はコチラをご覧ください!

 

4-2.北海道の夏を楽しむ1日コース ~絶景積丹岬コース~

積丹岬

水中から積丹ブルーを眺めながら、北海道の海鮮料理などが楽しめるコース。
余市のニッカウヰスキー工場では、試飲も楽しめます。
バス移動なので、気兼ねなく美味しいお酒を試飲できますよ!

コースの詳細はコチラをご覧ください!

 

4-3.白い恋人パーク&小樽散策コース

白い恋人館
小樽運河

こちらは、小樽→札幌観光の半日コース。(11:00-18:00)
小樽の街並みを堪能した後は、白い恋人パークで工場見学。
小樽観光はもちろん、お買い物が好きな方におすすめです。

コースの詳細はコチラをご覧ください!

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.