北海道ご当地ハンバーガー厳選7品目、一気にご紹介します!

Tags:

公開日:

Pocket

北海道 ハンバーガー北海道は言わずと知れた食材の宝庫。広い土地と相まって、全道各所に本格派のハンバーガーからユニークなご当地バーガーまで数限りなく商品があります。

たくさんあるからこそ、まだよくわからないものもあるはず。

今回はそんなユニークなご当地バーガーを一気に紹介いたします。

全道各地でその個性を競い合っているご当地バーガーだから、どの地域を旅行しても必ず口にできるはずです。この記事をご参考にザ・北海道といえるようなB級グルメを堪能してください。

<目次>
1.チャイニーズチキンバーガー(函館市 ラッキーピエロ)
2.別海(べつかい)ジャンボホタテバーガー(別海町)
3.白老(しらおい)三昧バーガー(白老町 ななかまど)
4.逆バーガー(由仁<ゆに>町 まるやま食堂)
5.ホタテバーガー(常呂<ところ>町 北勝水産)
6.エゾシカバーガー(弟子屈<てしかが>町 道の駅屈斜路(くっしゃろ)湖)
7.ホッケフライバーガー(羅臼<らうす>町 道の駅 知床らうす)
おわりに

1.チャイニーズチキンバーガー(函館市 ラッキーピエロ)

函館に来たら誰もが立ち寄るラッキーピエロ。観光客だけでなく地元からの支持率が高いからこその毎日の盛況ぶりです。
何をセレクトするか迷うほどのメニューの豊富さ、一人では食べきれないほどのボリューム。

飽きのこない味、リーズナブルな価格とこれで人気が出ないはずがないほど魅力でいっぱいのお店です。

その中でもチャイニーズチキンバーガーはどのお店でも人気ナンバーワンのメニュー。大ぶりな鶏のから揚げを甘辛いたれに絡めバンズにはさんだものです。

ラッキーピエロイメージ画像提供:ラッキーピエロ

柔らかくジューシーなから揚げとたれが絶妙な組み合わせ。他のメニューを試したくてもリピートしてしまうほどの病みつき感があります。これがごろごろと入っているのでボリュームは十分。

普通のハンバーガーの1.5倍増しの迫力があります。しゃきしゃきのレタスがいいアクセントとなり、ペロリと間食してしまいます。普通のハンバーガーショップとは一味違うのは、定食やスパゲッティ、ピザ、オムライスなどのメニューも豊富にあること。函館圏内16店舗、何度でも訪れたいお店です。

ご当地バーガーPhoto by Frickr : Lucky Pierrot ラッキーピエロ Hakodate 函館 / Ari Helminen

<ラッキーピエロ ベイエリア本店>
TEL 0138-26-2099
住所 北海道函館市末広町23-18
営業時間 月~金・日・祝 10:00~翌0:30 土 10:00~01:30
定休日 無休
そのほか函館圏内店舗多数。

2.別海(べつかい)ジャンボホタテバーガー(別海町)

道東に位置する別海町は人口よりも牛の数が多いという畜産のまち(ヒト:約1万6000人に対し、ウシ:約11万頭!)。

乳牛から肉牛まで幅広く飼育されていますが、濃厚な甘みで有名な北海シマエビやホッキ、サーモン、そしてホタテと相当長いリストが出来上がるほど水産グルメも豊富なのです。

ジャンボホタテバーガーはそのうちL2サイズ以上という粒の大きなものを使った一品。ご当地バーガーコンテストでも常に上位入賞というB級をこえた超B級の存在です。

別海ジャンボホタテバーガー

しっかりとした大ぶりのホタテを春巻の皮で包み、別添えのソース、バンズとともに供されます。最初から挟み込まず、お好みの味を自分で作ります。柔らかい弾力たっぷりのホタテ。パリパリとした食感の衣、変化に富んだ3種類のソースと合わせて、かなりのボリュームのものがあっさりとおなかの中におさまります。

ジャンボミルクと合わせて、道東旅行の新名物として知名度もナンバーワン。ぜひご賞味ください。

別海町内のジャンボホタテバーガー提供店舗情報、別海町ご当地グルメ情報は、別海町観光協会サイトにてご確認くださいませ。

3.白老(しらおい)三昧バーガー(白老町 ななかまど)

白老といえば道内随一の和牛の産地。味の評価も道内ではナンバーワン。良心的な農家さんが丁寧に肥育した和牛は全国的な評価も高まってきています。そのお肉を使ったハンバーガーが白老バーガー。市内のお店で30種以上が白老バーガーとして販売中です。

単にハンバーグを挟んだものから、牛丼風、焼き肉を挟んだもの、メンチカツ、そしてステーキとその具材の種類もバラエティ豊かです。

その中11月20日登場予定の白老バーガーのニューフェースが白老三昧バーガー。発売元ななかまどさんの自信作です。

白老は、和牛以外に虎杖(こづえ)浜のからし明太子。生産量で日本でもトップクラスのシイタケと食材の宝箱、その二つをコロッケにして、白老和牛のパテとコンビネートしました。

濃厚な味わいを支えるのは北海道十勝産のユメチカラ、ハルユタカの小麦粉を使ったバンズ。おいしくない理由が見つからない最高のコラボレーション。白老和牛、虎杖浜の明太子、シイタケと三味一体の攻撃でノックダウンは確実です。

ご当地バーガー画像提供:ななかまど

ご当地バーガー画像提供:ななかまど
< ベーカリーショップななかまど>
TEL 0144-82-6677
住所白老郡白老町大町2丁目2-27
営業時間:10:00~17:00
定休日:第一日曜日、祝祭日

4.逆バーガー(由仁<ゆに>町 まるやま食堂)

ハンバーガーはバンズにハンバーグをはさんだもの。その常識を覆すのが由仁(ゆに)町まるやま食堂の逆バーガーです。

表面をライスペーパーで包んであるから、手が汚れるという心配もありません。厚い玉ねぎの輪切りは甘みもたっぷり、バンズは濃厚なハンバーグの肉汁を吸ってうまみをしっかり舌に伝えてくれます。バンズ玉ねぎ双方が2枚入っているハンバーグの濃厚さをうまく受け止めています。

この味とユニークな存在感が受けて毎年行われる大通公園でのオータムフェストでも大人気の一品です。定期的に札幌での販売も行われています。お店のある由仁町は豊かな田園地帯。夕張や岩見沢、栗山、長沼という北海道の畑作の核心的な地域にあります。

札幌からも千歳からも近く、約1時間の距離。温泉を楽しみ、花いっぱいのガーデンを楽しみながら味わっていただきたいと思います。
ご当地バーガー
画像提供:まるやま食堂

ご当地バーガー画像提供:まるやま食堂

<まるやま食堂>
TEL 0123-83-2511
住所 北海道夕張郡由仁町本町153
営業時間[月~金] 11:00~19:00 [土・日・祝] 11:00~17:00

5.ホタテバーガー(常呂<ところ>町 北勝水産)

オホーツク海の豊かな海産資源をしっかり使い北海道を走るライダーたちの口コミでそのうまさがじわりじわりと広がっているのが北勝水産のホタテバーガーです。

大ぶりなホタテのフライがごろごろと2個、3個。たっぷりのタルタルソースとしっかりと甘みのあるバンズ。注文を受けてから上げるので衣はサクサク。中身はアツアツ。極上の甘みを身にたくわえたホタテのうまみがしっかりと口の中に広がっていきます。

普通サイズに比べると大きめなサイズだけにボリュームも十分。大人の男性でも2個食べるのは難しいかもしれません。

残しても安心なのはさめても十分においしいから。多くの観光客が2個、3個と買い込むのもその安心感があるからかもしれません。紋別、網走方面へ流氷を見に行くならば、ドライブの途中で必ず体験しておくべきB級グルメ。おススメです。

ご当地バーガー画像提供:北勝水産

ご当地バーガー画像提供:北勝水産

<北勝水産 (ほくしょうすいさん)>
TEL 01587-6-2121
住所 北海道常呂郡佐呂間町字浪速51
営業時間 8:00~17:00
定休日 不定休(日曜・祝日は営業)

6.エゾシカバーガー(弟子屈<てしかが>町 道の駅屈斜路(くっしゃろ)湖)

北海道でよく見かけるエゾシカ。ドライブの途中で道路のわきから澄んだ瞳でじっとこちらを見つめる様子に遭遇した方もあるかもしれません。しかし、かわいい鹿たちも農家や森にしてみれば迷惑もの。盛んに駆除も行われています。

その過程で出てくる肉も様々な形で利用されていますが、最も身近な形で活用している例がエゾシカバーガーです。

野生の獣だけにクセやにおいが気になるという方もあるかもしれませんが、きちんと処理をしミンチにした道の駅摩周温泉のエゾシカバーガーはその心配ご無用。まったく臭みもありません。

その一方でエゾシカの赤身を中心とした気にのうまみはたっぷり。シカ肉は脂肪分が少なく鉄分が多いといわれ、道内では体を温める肉として女性向けであるともいえます。話のタネにするにはもったいないくらいの栄養価。ご当地バーガーの異次元への扉を開いてみてください。
ご当地バーガー画像提供:道の駅摩周温泉

ご当地バーガー画像提供:道の駅摩周温泉

<道の駅『摩周温泉』>
TEL 015-482-2500 FAX 015-482-2338(観光案内所・ツアーデスク)
住所川上郡弟子屈町湯の島3丁目5番5
開館【5月~10月 8:00~18:00】【11月~4月 9:00~16:00】

7.ホッケフライバーガー(羅臼<らうす>町 道の駅 知床らうす)

ホッケといえば、干物。開きにして油がたっぷり乗っていておいしいですね。

しかし、道民には生で売られている魚で、給食ではフライがよく出ます。味は淡白でなおかつ柔らかくクセもありません。上質の白身魚のうまみも持っています。

そして、近海物のこれをサクサクのフライにして定番のタルタルソースをかけてバンズにはさんだのが、道の駅知床らうすのホッケフライバーガーです。

ご当地バーガー画像提供:知床食堂

これが実は隠れた一品。フィッシュバーガーのホッケ版というシンプルなものですがシンプルであるがゆえに素材の良さがダイレクトにおいしさにつながります。であれば、新鮮な近海もの。お店自体が海鮮丼、はも丼などの海鮮料理を扱うお店だけに魚の扱いや調理には定評あり。リーズナブルな価格と相まって大人気の商品です。

B級とは思えない上品な味わいを堪能ください。ホッケに向ける目が変わってくると思います。

< 羅臼の海味 知床食堂>
TEL 0153-87-4460
住所 目梨郡羅臼町本町361-1 道の駅知床・らうす内
営業時間 夏季 10:00 – 20:00 冬季 11:00 – 15:00
定休日 夏季 無休(冬季 火曜日)

おわりに

いかがだったでしょうか。本当はこれ以外にも紹介しきれないご当地バーガ―がたくさんあります。岩見沢のキジ肉を使ったものや紋別バーガー三兄弟などなど。広い北海道では地域ごとに特産品がそれぞれ違います。

今回は代表例としての7品目でしたが、旅行の行先に応じてご当地バーガーに出会えるはず。あなた自身のお好みのご当地バーガーに出会ってください。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Speak Your Mind

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.