北海道の海の幸を楽しむ市場8選

Tags:

公開日:

北海道 海の幸 市場

観光スポットめぐりやアクティビティで楽しむなど、さまざまな魅力がある北海道ですが、海の幸を楽しみにやってくるという方も多いですよね。

できれば北海道旅行中の食事だけでなく、家で堪能するためやお土産にするために海の幸を購入したいという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、おいしい海の幸が大集結する北海道のおすすめの市場を8つご紹介します。

<もくじ>
1.札幌中央卸売市場 場外市場
2.札幌二条市場
3.函館朝市
4.はこだて自由市場
5.小樽中央市場
6.南樽市場
7.網走感動市場
8.釧路和商市場
おわりに

1.札幌中央卸売市場 場外市場

北海道 札幌中央卸売市場 場外市場

まず最初にご紹介するのは、北海道第一の都市として知られる札幌にある市場から。

札幌卸売市場は北海道内から海の幸だけでなく、さまざまな食料品が集まってくる市場です。
ただし卸売りがメインとなるので、一般の方が買いものをすることはできません。

でも、札幌でおいしい海の幸を購入したいという方におすすめなのが、中央卸売市場の近くにある場外市場です。

海産物はもちろんのこと、農産物やお菓子などお土産にぴったりな商品も多くそろっているのも魅力。

その場で海の幸を満喫できる食堂もたくさんありますよ。

<札幌中央卸売市場 場外市場>
住所:札幌市中央区北11条西21丁目2-3
TEL:011-621-7044
営業時間:6:00~17:00
定休日:なし
公式ホームページ:https://www.jyogaiichiba.com/

2.札幌二条市場

北海道 札幌二条市場

できれば観光と一緒に市場めぐりもしたいという方におすすめなのが、大通公園の近くにある二条市場です。

先ほどご紹介した札幌中央卸売市場は中央区にあるのですが、商業施設がたくさんある札幌駅エリアからは少し遠いのが難点。

店頭にカニや高価な魚介類がずらりと並ぶ二条市場は、100年以上の歴史がある市場です。

直産の海産物をそのまま販売するだけでなく、一夜干しなどの加工を行っているお店もたくさんあります。

すしや海鮮丼などを提供する飲食店が入っているのれん横丁も見逃せません。

<札幌二条市場>
住所:札幌市中央区南3条東1~2丁目
TEL:011-222-5308
営業時間:7:00~18:00(飲食店は6:00~21:00)
※店舗によって異なる場合があり
定休日:なし
公式ホームページ:https://nijomarket.com/

3.函館朝市

北海道 函館朝市

北海道各地にある市場の中でも、よく知られているのが函館朝市。

テレビの旅行番組などにもよく登場するので、おなじみですよね。

以前は歴史の長さを感じさせる古い建物の中に、たくさんのお店が並んでいたのですが、ここ数年建て替えが進みきれいに変身しました。

それでも開放的な雰囲気は変わらず、気軽に話しかけてくる店員さんとの会話を楽しめる環境はそのまま。

北海道 函館朝市2

函館駅のすぐ近くにあるという好立地のため、海産物の販売だけでなく、海鮮丼などを食べるスポットとしても人気の函館朝市。

イカ釣りができるところや函館のゆるキャラを祭った「イカール星神社」などのみどころもたくさんありますよ。

<函館朝市>
住所:函館市若松町9-19
TEL:0120-858-313
営業時間:1月-4月 6:00~14:00過ぎ、5月-12月 5:00~14:00過ぎ
※店舗によって異なる場合があり
定休日:なし
※店舗によって異なる場合があり
公式ホームページ:http://www.hakodate-asaichi.com/index2.php

4.はこだて自由市場

北海道 はこだて自由市場

函館朝市は観光客が訪れる市場として人気ですが、より地元の人たちに密着している市場がこちらのはこだて自由市場。

市民や観光客だけでなく、プロからの信用も厚く、お店の仕入れをここで行うという店もあるんですよ。

店頭に立っている店員さんたちは扱っている海産物の知識が豊富で、おいしい食べ方もよく知っています。

ぜひコミュニケーションをとりながら、買いものを楽しんでみてくださいね。

市場で購入したものを食べることができる、休憩スペースもありますよ。

<はこだて自由市場>
住所:函館市新川町1-2
TEL:0138-27-2200
営業時間:8:00~17:30
※店舗によって異なる場合があり
定休日:毎週日曜日
公式ホームページ:http://hakodate-jiyuichiba.com/

5.小樽中央市場

北海道 小樽中央市場画像提供元:小樽市

戦後、発足した小樽中央市場は、海産物はもちろん農産物やお惣菜など、幅広い食料品を販売している市場で、地元の人たちが買いものによく訪れる場所です。

3つのビルからできている市場の中には、居酒屋やバーなどが入っている棟もあり、観光や買いもので疲れた足を休めながらおいしい料理を満喫することもできますよ。

<小樽中央市場>
住所:小樽市稲穂3丁目11-2
TEL:0134-22-5384
営業時間:9:00~18:00
※店舗によって異なる場合があり
定休日:毎週日曜日・祝日
公式ホームページ:http://otaru-market.com/

6.南樽市場

北海道 南樽市場画像提供元:小樽市

こちらも観光客だけでなく、地元の人からも愛される市場。

国道沿いに位置する市場のため、車でのアクセスが便利なんですよ。

少しこじんまりとした市場ではありますが、海産物を扱っているお店が複数。

そのほかにもおいしい海産物を使った惣菜店やかまぼこ屋さんもあるので、買いものと一緒に食べ歩きも楽しんでみてくださいね。

<南樽市場>
住所:小樽市新富町12-1
TEL:0134-23-0722
営業時間:9:00~18:30
定休日:毎週日曜日
公式ホームページ:http://www.nantaruichiba.or.jp/

7.網走感動市場

北海道 網走感動市場

7月から9月の期間限定で開催される網走感動朝市。

とれたての魚介類や収穫してすぐの農産品などが並ぶ市場は、産地直送価格で名前通り感動をおぼえる品揃えです。

施設内には市場で購入した魚介類を炭火で焼いて食べることができるコーナーもあるので、朝ごはんはこちらで食べるのがおすすめですよ。

北海道 網走感動市場 海鮮丼

炭火焼だけでなく、海鮮丼やカニがたっぷり入った鉄砲汁を提供する「感動の朝飯」や、濃厚なソフトクリームを堪能できる特設コーナーも人気。

その場で味を確認してからお土産やお持ち帰りのものを購入してみましょう。

<網走感動市場>
住所:網走市港町4
TEL:0152-43-7670(網走感動朝市実行委員会事務局)
営業時間:6:00~10:00
定休日:7月中旬~9月中旬の金・土・日曜日、祝日
※8月初旬から中旬は毎日営業

8.釧路和商市場

北海道 釧路和商市場

1954年に設立された釧路和商市場は、市民の台所とよばれるように地元の人々に愛され続けている市場です。

市場の中には海産物・農産物・惣菜などさまざまな商品を扱うお店がたくさん入っていて、飲食店もあります。

飲食店の中にはご飯だけを販売してくれるお店があり、鮮魚店などの中から好きなアイテムを購入して自分だけのどんぶりを作ることも可能なんです。

<釧路和商市場>
住所:釧路市黒金町13丁目25
TEL:0154-22-3226
営業時間:1月-3月 8:00~17:00、4月下旬-10月下旬 8:00~18:00(日曜のみ8:00~16:00)、11月-12月8:00~18:00
定休日:1月-3月と11月の日曜日
公式ホームページ:http://www.washoichiba.com/

おわりに

北海道の海の幸を堪能できる市場をご紹介しましたが、いかがでしたか?

どの市場も新鮮な海産物だけでなく、農産品やお惣菜などを販売する店が入っていて、買いものついでに北海道のおいしいものを食べることもできます。

ぜひ買いものと食事を楽しめる市場に訪れてみてくださいね。

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.