北海道の秘湯|北海道出身の温泉ファンが推す秘湯10選【入門編】

Tags: ,

公開日:2015/3/24

3. 気になる人だけ行けばいい個人的に好きな秘湯2選

ここでちょっとクセのある濃い秘湯を2つご紹介します。行くのもたいへん、建物も古いところですが、秘湯ゆえの良質な温泉と年季の入った建物、まわりの大自然がすばらしい温泉です。このあたりの温泉が好きになったら、あなたも立派な秘湯ファンです。

3-1. 野中温泉本館

野中温泉の湯船

道東、阿寒湖の近くの野中温泉は、2件温泉施設があります。ひとつは「野中温泉別館」。こちらは露天風呂もあるちょっと年季の入った温泉宿です。今回ご紹介するのは別館の奥にある「野中温泉本館」。昔はユースホステルで、今は日帰り専門の施設です。

温泉は男女別の内湯が1つずつのみ。洗い場に水道の蛇口がなく、ダダ流しになっている温泉で体を洗います。

泉質が強いため金属を使えないとかで、釘や金具を一切使わない木製の年季の入った湯船がたまりません。

本当に温泉(お湯)だけを楽しむことができる、とても好きな温泉です。

施設名:野中温泉(本館)
日帰り入浴:大人350円(09:00~20:00)

3-2. ちはせ川温泉旅館

ちはせ川温泉の内湯

次は道南島牧村にある、ちはせ川(千走川)温泉旅館です。道民でも島牧村に行ったことがない人は多いのですが、そんな島牧村のさらに山の中に6kmほど入ったところにこの秘湯はあります。

訪れる人が少ない島牧村の、さらに人が少ない山奥にある温泉宿ですが、温泉には赤褐色の濃厚なお湯があふれています。まさに秘境の一軒宿といった感じで、平屋建ての民宿のような雰囲気の建物が味を出しています。

ここも温泉のためだけに行く場所として、秘湯ファンでは有名な場所となっています。

旅館名:ちはせ川温泉旅館
日帰り入浴:大人500円(13:00~21:00)
URL:http://www.big-hokkaido.com/chihasekawaonsen/

まとめ

以上、道外の人はまず行かない、ツアーにも含まれない、でも道民や地元の人には愛されている秘湯をご紹介しました。どこも日帰り入浴できるところですので、移動の途中の寄り道などで、まずはお気軽に秘湯を楽しんでください!

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.