北海道の秘湯|北海道出身の温泉ファンが推す秘湯10選【入門編】

Tags: ,

公開日:2015/3/24

北海道の秘湯北海道には温泉がたくさんありますが、あまりに広くて人が少ないため、秘湯になってしまった温泉もたくさんあります。また秘湯の中には、無人で無料の露天風呂から、民宿っぽい温泉宿、かなり立派な旅館など、色々あります。

ここでは北海道出身の著者が北海道の秘湯をご紹介していきます! 今回は比較的利用しやすい、でもあまり有名じゃない秘湯を中心にご紹介していきます。あまりハードな秘湯(露天が混浴のみだったり、建物がなかったりするもの)は紹介しませんので、秘湯にハードルの高さを感じている方も秘湯めぐりの入門編として読んでみて、ぜひ日帰り入浴から試してみてください!

<目次>
1. ここだけは外せない北海道の秘湯3選
1-1. 湯宿 だいいち
1-2. 五色温泉旅館
1-3. 温泉旅館 銀婚湯
2. ぜひとも行ってほしい北海道の秘湯5選
2-1. 旭岳温泉 湧駒荘
2-2. せいわ温泉 ルオント
2-3. 真狩村温泉保養センター まっかり温泉
2-4. 谷地頭温泉
2-5. 北海道八雲温泉 おぼこ荘
3. 気になる人だけ行けばいい個人的に好きな秘湯2選
3-1. 野中温泉本館
3-2. 千走川温泉旅館
まとめ

1.ここだけは外せない北海道の秘湯3選

まずは日帰りで行っても思わず泊まりたくなる秘湯の宿を3つご紹介します。どの旅館も、泉質・景観ともに一級品ですよ。

1-1. 湯宿だいいち

湯宿だいいちの混浴露天風呂

ポイント:自然あふれる川沿いの静かな宿

まずは道東、中標津町の養老牛(ようろううし)温泉にある、湯宿だいいちのご紹介です。この旅館、暖炉がある建物もステキなんですが、温泉もかなり立派です。大浴場に加え、露天風呂が丸太風呂やら岩風呂やら、かなりの数のお風呂があります。

露天風呂は男女別(一つだけ混浴)でどれも川沿いにあり、川のせせらぎを聞きながらお湯につかることができ、とてもゆったりできます。ちなみに川の向こう側は、エゾリスやエゾジカなんかが出てくる山の斜面です。

場所が少しわかりにくいですが、2車線の舗装された道路で行けますので、ナビに「養老牛温泉」と入力して進んでください。

近くまで行けば「養老牛温泉」の道路標識もあります。

11_daiichi2

旅館名:湯宿だいいち
住所:北海道標津郡中標津町字養老牛温泉518
日帰り入浴:大人600円(13:00~15:00・19:00~21:00)
宿泊:1泊2食13,600円~
URL:http://www.yoroushi.jp/

☆宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.のページへ移動します)

1-2. 五色温泉旅館

五色温泉旅館の露天風呂

ポイント:高山の景色を楽しめる温泉

二つ目の秘湯は道央ニセコにある、五色温泉旅館です。

ニセコはスキーと温泉で有名で秘湯じゃないだろ! と思いがちですが、登別や定山渓と違い、ニセコの温泉地は広いです。その広いニセコでもスキー場の山の向こう側にあるのが五色温泉旅館です。

そこいらから温泉が湧いている地帯なので硫黄の臭い、いわゆる温泉の香りが漂う旅館です。標高がそれなりにあるので、山の中の木が生い茂る景色ではなく、高山の低木の間に岩が見える、高山地帯的な、なかなかいい景色を楽しめます。

本館、新館と2つの棟に、それぞれ男女別の内湯、露天風呂と、それとは別に混浴の露天風呂があります。もちろん露天風呂から山の景色を楽しめます。

またお風呂がたくさんあり、また旅館のまわりは散歩できるように木道が整備されています。周りに何もないので、景色と温泉にしっかり浸かって、しっかりふやけたくなる秘湯宿です。

場所ですが、ニセコの山の中はちょっとややこしいので、やっぱりナビに住所を入れて進むのが無難です。ここも2車線の舗装された道路で行けます。車でちょっと山を登れば高山地帯になるのも北海道の特色です。お手軽な高山秘湯、ぜひ行ってみてください。

12_goshiki2

旅館名:五色温泉旅館
住所:北海道虻田郡ニセコ町字510
日帰り入浴:大人700円(08:00~20:00)
宿泊:1泊2食 7,863円~
URL:http://goshiki-onsen.com/

宿泊予約はこちらから(じゃらんnet.ページへ移動します)

1-3. 温泉旅館 銀婚湯

銀婚湯の貸切露天風呂

ポイント:絶妙な湯加減がたまらない道南の仙境

3つ目は道南、八雲町の上ノ湯温泉にある温泉旅館銀婚湯です。

ここは山の中の川沿いの温泉宿です。道路向かいに一軒宿がある以外は周りに何もないところで、やはり自然あふれる秘湯です。建物はやや古めですが内装は新しめで掃除が行き届いており、きれいな旅館が好きな人も、味のある旅館が好きな人も、どちらにも受けがいいと思います。

男女別の大浴場と露天風呂があるのですが、その露天風呂の湯加減が絶妙です。ぎりぎりぬるくないくらいのぬるめの温度で、長い時間お湯につかっていてものぼせない、とてもいい温度に保たれています。

また宿泊者専用の貸切露天風呂がいくつかあるのですが、専用のつり橋を渡った先の、川の対岸にあります。浴衣で渡るつり橋も楽しいですし、露天風呂まではきれいな庭になっていて散歩するのも風情があります。また貸切露天風呂には鍵をかけられるので安心して入れます。

温泉までは、国道5号線の落部の交差点、または道央自動車道の落部ICを厚沢部方面へ曲がって10kmほどです。「銀婚湯」と書かれた大き目の看板が交差点にあるので、それに従って進むと着きます。ここも2車線の舗装された道が整備されています。

13_ginkon2

旅館名:温泉旅館 銀婚湯
住所:北海道二海郡八雲町上ノ湯199
日帰り入浴:大人700円(12:00~16:00)
宿泊:1泊2食10,000円~
URL:http://www.ginkonyu.com/

次のページ 2. ぜひとも行ってほしい北海道の秘湯5選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.