音楽だけじゃもったいない!北海道らしさを感じる夏フェス4選

Tags: ,

公開日:

ライジングサンロックフェスティバルイメージ
どこまでも高い青空にきらめく太陽がまぶしい北海道の夏。本州と違って空気がからりとしているので、過ごしやすく旅行にもぴったりのシーズンです。そんな北海道の夏を満喫するなら、おすすめしたいのが野外フェス。

日本最大級のロックフェスのひとつであるRISING SUN ROCK FESTIVALをはじめ、様々な音楽ジャンルのフェスが開催されます。

北海道の広い大地で音楽を聴きながら美味しいものを食べる。そんな贅沢を満喫できる北海道のおすすめ野外フェスをまとめてみました。

<もくじ>
1.JOIN  ALIVE(岩見沢)
2.Sapporo City Jazz(札幌)
3.GANKE FES(新得町)
4.RISING SUN ROCK FESTIVAL(石狩)
まとめ

1.JOIN  ALIVE(岩見沢)

JOINALIVE①

札幌から東へ50㎞ほどのところに位置する岩見沢市。その岩見沢市の「いわみざわ公園」を舞台に毎年7月に開催されるのが、「JOIN  ALIVE(ジョインアライブ)」です。

2010年から始まった比較的新しい夏フェスで、公園の一角にある遊園地と野外ステージを会場とし、チケット代に遊園地の入園料が含まれるというユニークな特徴があります。

いわみざわ公園Photo by Wikipedia :いわみざわ公園トリムコース「冒険の谷」(北海道岩見沢市)/ Dddeco

公園内には、ほかにもバラ園や展望台、ミニ動物園などがあり野外フェスでありながら、ピクニック感覚で楽しめるのが魅力。飲食ブースには、岩見沢のご当地グルメである岩見沢バーガーを始め、道内各地のB級グルメが並びフェスを盛り上げます。

JOINALIVEローズステージPhoto by Wikipedia : Rose Stage at Join Alive rock festival, held in Iwamizawa, Hokkaido. /カメラがいっぱい

会場内には趣の違ういくつかのステージが用意され、国内の人気ロックバンドをはじめ、世代やジャンルを超えた様々なアーティストによる音楽が奏でられます。ハンモックエリアを配したステージや遊園地のサーカステントを使ったこのフェスならではの独特なステージもあり、子どもから大人まで思い思いの楽しみ方が出来る野外フェスになっています。

2018年の開催は、7月14日(土)、15日(日)の二日間。公園内には期間中だけ有料のテントサイトも設けられますので、キャンプをしながら参加することもできますよ。

<JOIN  ALIVE>
開催日:2018年7月14日(土)、15日(日)*雨天決行
会場:いわみざわ公園<野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地>
開催時間:開場 9:00 / 開演 11:00 / 終演 22:00
チケット:通し券18,000円、その他早期割引、一日券などあり。詳しくは公式HPをご確認ださい。
公式HP:http://www.joinalive.jp/2018/

2.Sapporo City Jazz(札幌)

サッポロシティジャズイメージ(イメージ)

「Sapporo City Jazz(サッポロシティジャズ)」は、「サッポロがジャズの街になる」をコンセプトに2007年から開催されている国内最大規模のジャズフェスティバルです。1年を通して札幌市内の様々な場所で国内外のアーティストによるライブが行われるのですが、なかでも人気なのが夏期間ならではの野外ライブ。

2018年は、7月14日(土)に200人を超える市民が参加してのオープニングパレードに始まり、札幌駅前通地下歩行空間ほか市内約10ヶ所でパークジャズライブが開催されます。

またグランドフィナーレとなる7月22日(日)には、札幌市南区にある札幌芸術の森野外ステージにおいて、国内外のジャズプレイヤーによる迫力の野外ライブ「ノースジャムセッション」が開催。

ノースジャムセッションの醍醐味は、芝生に寝転がりながら上質なライブパフォーマンスを観ること。午後1時から始まるライブは、夜の9時ごろまで続きます。

会場内では、札幌の人気飲食店のフードメニューも販売されているので、お腹が空いても安心。からりと晴れた札幌の夏の宵、ジャズをお供に過ごしてみませんか?

<Sapporo City Jazz>
【ノースジャムセッション】
開催日:2018年7月22日(日)
会場:札幌芸術の森 野外ステージ
開催時間:開場12:00 /開演13:00
チケット:【椅子指定席】前売4,500円 当日5,000円(税込)【芝生自由席】前売3,500円 当日4,000円(税込)*保護者同伴に限り未就学児無料
*その他のライブスケジュールについては、公式HPをご確認ください。
公式HP:http://sapporocityjazz.jp/

3.GANKE FES(新得町)

GANKEFES①画像提要:GANKEFES実行委員会

札幌から東へ約180㎞。北海道のちょうど真ん中にある新得町。雄大な東大雪の山々と日高山脈のふもとにあり、町内には、悠々とした十勝川が流れています。豊かな新得町の自然を活かして、この地で2013年から開催されているのが、「GANKE FES(ガンケフェス)です。

GANKEFES②画像提要:GANKEFES実行委員会

会場となるのは、十勝川上流にある「屈足湖」の湖畔。野外フェスの名称となったガンケと呼ばれる岩肌がむき出しになった大きな崖を望むフェス会場で、バラエティ豊かなアーティストによる演奏を楽しんだり、カヌーやラフティング、ボルタリング、スタンディングパドルなど自然を相手にした新得町ならではのアクティビティに挑戦したりすることができます。

GANKEFES③画像提要:GANKEFES実行委員会

フェスのコンセプトは、「子供と一緒に野外フェス」。会場内では、フェイスペイントや麦稈ロールアスレチックなど小さな子供でも楽しめる催しが盛りだくさんです。

また少し疲れたら、広い芝生に寝転んでお昼寝したり温泉に浸かったりしてのんびりとするもよし。テントサイトにテントを張れば、時間を気にせず夏の思い出作りが出来ます。

夜には、ナイトシネマやカフェバーなどが登場し、フェスの余韻に浸りながら大人の時間を過ごすこともできますよ。

2018年の開催は、7月7日(土)。一足早い夏の思い出をGANKE FESで作ってみませんか?

<GANKE FES>
開催日:2018年7月7日(土)*雨天決行
会場:湯宿くったり温泉 レイクイン
チケット:前売4,500円 当日5,000円(税込)その他早期割引、キャンプサイト券などあり。詳しくは公式HPをご確認ださい。
公式HP:http://www.ganke-fes.com/

4.RISING SUN ROCK FESTIVAL(石狩)

RSR①Photo by Wikipedia : ライジング・サン・ロックフェスティバル (Rising Sun Rock Festival) / Nesnad

北海道の夏フェスの代名詞ともいえる「RISING SUN ROCK FESTIVAL(ライジングサンロックフェスティバル)」。札幌市のお隣、石狩市の石狩湾新港樽川ふ頭横に作られた野外ステージを舞台に、オールナイトで開催されるロックフェスティバルです。

1999年に始まったこちらの野外フェスは、2018年で20回目の開催。

RSR②https://www.flickr.com/photos/snotch/2328917646/” target=”_blank”>Photo by Frickr : _DSF4619/ snotch

普段はなにもない石狩の広大な敷地が、毎年のこの2日間だけは、眠らないロックシティに。場内に設けられた複数のステージでは、人気バンドやアーティストのライブのほか、ここでしか見ることのできない特別なセッションも!
ステージとテントサイトの距離が近く、キャンプを楽しみながら音楽が聴けるのもこのフェスの醍醐味です。

2018年の開催は、8月10日(金)、11日(土)の2日間。北海道の広大な大地で、大好きな音楽のことだけを考える贅沢な時間を過ごしてみては?

~以下の記事もご覧ください~
北海道ラボ:地元マニアが伝授!ライジングサンロックフェスティバル(RSR)の楽しみ方

<RISING SUN ROCK FESTIVAL>
開催日:2018年8月10日(金)、11日(土)*雨天決行
会場:石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
開催時間:10日 開場 10:00 / 開演 15:00 / 終演 23:00 予定
11日 開場 10:00 / 開演 12:30 / 終演 05:00 (12日)予定
チケット:通し券22,000円、その他早期割引、一日券などあり。詳しくは公式HPをご確認ださい。
公式HP:http://rsr.wess.co.jp/2018/

まとめ

以上、北海道の夏の野外フェスを一部、ご紹介いたしました。

どの野外フェスも音楽はもちろん、北海道の魅力を十分に感じることのできる仕掛けがいっぱいです。

みなさんも今年の夏は、北海道の「夏フェス」に参戦してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.