絶対後悔しない!流氷見学ツアーを目的別に上手に選ぶマル得情報!

Tags:

公開日:2014/12/12

流氷とワシ
北海道のオホーツク海に1月下旬~3月にだけ姿を表す流氷。テレビや観光雑誌などで見るその幻想的な姿に、一度は見てみたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。

でも道東というなかなか行く機会がない場所だけに、『どうやって見に行けばいいのかさっぱりわからない!』『どんなツアーがあって、どうやって選べばいいの?』などと迷う方も多いかと思います。

今回はそんな北海道冬の奇跡・流氷を見に行くためのおすすめツアー情報を、あなたにあった目的別に紹介致します!数ある流氷ツアーの中から、是非あなたが存分に楽しめるものを見つけてください!


~もくじ~
1.流氷とは?どこで見られるの?
2.流氷の魅力は!?
3.団体ツアーで流氷を楽しむ♪
4.個人向けセットプラン(飛行機+ホテル+α)で流氷!
5.現地(札幌)発のバスツアーで流氷!
6.自力で流氷を見に行く!
7.冬の便利なバス!ひがし北海道エクスプレスバス
8.流氷を見に行く際の準備

1.流氷とは?どこで見られるの?

流氷マップ画像

流氷の正体は、中国とロシアの国境を流れるアムール川がオホーツク海側へ流れる際に次第に氷結し、大きくなりながら北海道のオホーツク海側に現れる現象です。1月下旬ころに姿を現し、3月中旬から下旬にかけて北海道の東側を抜けていきます。

流氷を見ることができる施設・観光設備が充実している地域は【網走】【紋別】【知床ウトロ・羅臼】の3箇所が基本です。この地域ではシーズンになると海岸や港まで大量の流氷が押し寄せ、幻想的な姿を見せてくれます。

2.流氷の魅力は!?

 ・オホーツクを埋め尽くす壮大な風景!

IMG_0596

まずはなんといっても、他の海では絶対に出会うことができない『非日常』を間近に見ることができる感動です。

・流氷に訪れる珍しい動物達!

流氷はただ氷塊が流れてくるだけではなく、オホーツクに自然の恵みをもたらすとも言われています。流氷が豊富なプランクトンを運んでくることで、実に珍しい動物達も訪れます。

☆アザラシ☆

アザラシ1

運がよければ、ゴマフアザラシが流氷の上で寝そべっている姿を見ることができます。可愛くて癒されます…。

☆オオワシ・オジロワシ☆

流氷とワシ2

翼を広げると2メートルを越える大きさになる大迫力の渡り鳥。絶滅危惧種となっている大変珍しい鳥でありながら、流氷で羽を休める貫禄のある姿を目にすることができます。

☆クリオネ☆

20121228

「流氷の天使」と呼ばれるクリオネ。食事をするときに恐ろしい姿になることでも有名ですよね。船や海岸から直接見ることは難しいかもしれませんが、流氷ウォークで直にすくったり、網走・紋別では、オホーツク流氷館など観光施設でも見ることができます。

・流氷観光は様々な楽しみ方がある!

流氷はただ眺めるだけではありません!後述に紹介する『流氷ウォーク』や各地観光船に乗って間近に流氷を見学するツアーなど、多くのバリエーションがあり、オフシーズンと言われる北海道の冬をアクティブに楽しむことができるんです。

3.団体ツアーで流氷を楽しむ♪

まず旅慣れない方でも一番わかりやすいのは、団体型ツアーです。
東京などの本州の出発地から添乗員同行のもの、現地では貸切バスで移動など、参加するだけで連れて行ってもらえるのは楽ですよね♪

<旅行会社ツアー例>
・阪急交通社:北海道ツアー
・クラブツーリズム:「流氷観光ツアー特集」
・読売旅行:「流氷クルーズ特集」

東京発の場合の(一般的な)予算・価格帯:ひとりあたり50,000~100,000円程度です。

4.個人向けセットプラン(飛行機+ホテル+α)で流氷!

団体行動はイヤ、個人である程度は自由に回りたい、という方におすすめなのは、個人向けのセットプランです。
往復の飛行機や現地バス、流氷船乗船券などがセットになっていて、それなりにお得な価格になっているというもの。
個別に現地バスや流氷船の予約をしなくてもいいのがラクですよね♪

・ホワイト・ベアーファミリー:「オホーツク流氷見学ツアー特集」
・近畿日本ツーリスト:流氷ツアー特集
・ライフツアー:冬のひがし北海道特集

東京発の場合の(一般的な)予算・価格帯:ひとりあたり30,000~100,000円程度です。

5.現地(札幌)発のバスツアーで流氷!

そして最近人気が高まっているのがコチラ。札幌からの日帰りバスで流氷を楽しむというバスツアー。

札幌から片道5時間前後かかるためバスに乗りっぱなしというのが難ですが、1万円前後で流氷が楽しめます!

【ツアー例】
【網走おーろら号:札幌発】ダイナミック流氷パッケージ! 料金:9,990円
2018<札幌発>流氷砕氷船『ガリンコ号II』乗船日帰りバスツアー 料金:11,000円

ちなみに、上記のバスに宿泊を加えたタイプのものもあります

【往復バス+おーろら号乗船&宿泊】ダイナミック流氷パッケージ【網走1泊プラン】 料金:19,900円~
【札幌⇔網走往復バス+おーろら号乗船】流氷満喫!知床1泊+大人気の流氷ウォークプラン 料金:31,500円~

6.自力で流氷を見に行く!

以上、ツアーをご紹介しましたが、それでも「自分の希望にあうツアーがない」「もっと自由に旅したい」という方も多いのではないでしょうか?
ということで、【網走】【紋別】【羅臼】の3大流氷船ポイントへのアクセスをそれぞれ紹介したいと思います。

6-1【網走】流氷砕氷船おーろらとアクセス

おーろら①

網走監獄や流氷館が有名な観光地・網走のおーろらターミナルから出航する流氷を間近で見ることのできる観光船。その特徴は、氷塊を船の重さ(その重量491トン!)で砕きながらダイナミックに進んでいく様子を、流氷の漂う界面に限りなく近い所から見ることができることです。

暖かい船内でゆっくりと流氷を鑑賞できる他、展望デッキに上がれば五感で流氷を楽しむことができ、外国人観光客の増加も相まって人気も加速しています。

おーろらスケジュールピークシーズンの2月前半~中旬にかけてはお昼頃の便からすぐに埋まってしまうので、早めに予約することをおすすめします。※流氷が見られないときは能取岬までの海上遊覧になります。

【料金】大人:3,300円/小学生:1,650円/幼児無料

<おーろら号乗り場【道の駅流氷街道網走】までのアクセス>
・女満別空港から空港連絡バスで約40分、990円
・JR網走駅からバスで約8分、200円
・JR網走駅からタクシーで約5分

6-2【紋別】流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱとアクセス

garinko 01

オホーツク紋別のガリンコステーションから出航している流氷砕氷船。『流氷とガリンコ号』で北海道遺産にも登録されており、その赤いカラーが白銀の流氷世界によく映えます。その中でもよく疑問にあがるのは、先にあげた「おーろら」と何が違うのか?ということ。

最大の違いは、おーろらは船の重みで砕氷し進んでいくのに対して、ガリンコ号は先端にある二つのドリルで氷を砕きながら進んでいくことです。どちらも豪快に進んでいくので、乗り比べするのもおすすめです!

ガリンコスケジュール こちらも完全予約制・お昼頃の便から一気に満席になる場合がありますので、早めのチェックをおすすめします。

【料金】大人:3,000円/小人:1,500円※流氷無しの場合大人:2,500円/小人:1,250円

<ガリンコ号乗り場【ガリンコステーション】までのアクセス>
・紋別空港から空港連絡バスで約15分
 例年1月下旬~2月にガリンコステーションへのバスが運行されます。
 参考までに、昨年(2017年)の情報はこちらからご覧いただけます。

6-3【羅臼】流氷バードウォッチングクルーズとアクセス

流氷クルーズ

網走・紋別よりもより密度のある流氷が訪れるのがウトロ地区の知床・羅臼です。流氷砕氷船ではなく、クルーザーをつかってかなりの至近距離で流氷を楽しむことができます!一番の見所は写真にもあるオジロワシ・オオワシの舞う姿。たくさんの大きな翼が飛び交う様子は迫力満点。是非一度は体験してみたいアトラクションです。クルージングは観光船と違って料金が高めですが、臨場感はピカイチです。

ちなみに、羅臼の観光船は、【知床ネイチャークルーズ】【流氷クルージング(ゴジラ岩観光)】【アルラン3世クルーズ(羅臼の宿まるみ)】【流氷ウォッチング(はまなす)】の4社が運行しています。
【料金】2時間~2時間30分コース 8,000~10,000円 1時間コース 4,000円程度

<羅臼流氷船乗り場(羅臼中心部)までのアクセス>
・中標津空港から車で約80分
・中標津空港から【ひがし北海道エクスプレスバス8号※注1】で約75分、4,000円
・知床ウトロから【ひがし北海道エクスプレスバス8号※注1】で約2時間30分、5,000円
※1:2018年1月20日~3月11日までの期間限定、要予約

7.冬の便利なバス!ひがし北海道エクスプレスバス

さて、冬の北海道で一番苦労するのが交通手段。電車は思うように通っていなかったり、レンタカーで雪道を運転するのは怖いし…。といった方におすすめなのが、主要観光地や流氷観光に最適なバス「ひがし北海道エクスプレスバス」です。主要な滞在エリアや、流氷船の時間に合わせたルートと時間設定が組まれているので、自分でツアーをアレンジしたい方にオススメです。

ひがし北海道エクスプレスバス

【関連記事】
ひがし北海道エクスプレスバスで冬の道東を上手に楽しむ!

8.流氷を見に行く際の準備

・服装

外で流氷を見るときは、本州などの寒さとは比較にならず、簡単に-10度くらいになります。しかし反面、ホテルや船の中は暖房が効いておりなかなか暑いです。

簡単に脱げるダウンジャケットやコートを準備して、服装をコントロールできるようにするのがポイントです。

また、道は凍りついていたり、雪があってかなり滑りますので、寒冷地仕様の靴や、靴底に滑り止めをつけておくのが得策。ポケットに手を入れるのも危険なので手袋は必須です。

cawi009-s
その他、使い捨てカイロや耳あてなどもあると便利ですね。

・シーズンと知っておきたいこと

一般的に流氷のベストシーズンは2月初旬~3月中旬頃までと言われています。3月後半にも見ることが出来るのですが、見られる率も落ちてきて、船に乗っても見られなかった!ということもあります。
また例年1月下旬に流氷初日(気象台から初めて流氷が見える日)を迎えますが、高い確率で見たいのであれば、2月に入ってからの日程で計画されるのがおすすめです。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. こんにちは(*^^)まさに今、私があれこれプランを練っているところです!
    来年3月1日から3日、流氷を見に行きます! 私は釧路生まれ、函館に住み札幌で育ちましたが
    流氷は死ぬまでに、どうしても1度見ておきたいので関西育ちの友を連れ、命がけで(苦笑)行くと決めましたが、飛行機は乗り継ぎ、2か月前でないと取れないし、とりあえず網走の宿だけ、押えました。究極飛行機取れなければ、キャンセル。ノロッコ列車に乗りたいですが、斜里に着いて折り返し網走行きに乗るのも芸がないけれど他に帰る(網走の宿連泊)手段はあるのかな?50代と60代のオバさん2人なので、あまりむちゃなスケジュールも無理があるし・・悩むところ。やはり予算はおさえたいしツアーは高い! 伊丹~羽田~女満別か伊丹~札幌~女満別か・・関空か・・・と、丸投げされている私は元旦の朝JALのチケット予約なんです。寒さに超弱いので本当に決死の覚悟で行きます(笑)参考にします。ありがとうございました(^^)/

    • こんにちは!流氷、いいですね~!凍ってしまわない程度に(笑)命がけで頑張ってくださいね♪ノロッコに乗って斜里まで行くなら、もう少し足を延ばして知床の流氷も楽しまれるといいのではないでしょうか?知床・ウトロならそれなりにお宿もありますよ! 知床斜里観光協会さんのHP⇒⇒ http://www.shiretoko.asia/ 流氷ウォークはもちろんですが、スノーシュで歩く知床5湖などが最近人気のようですよ。ではでは、いってらっしゃい~!by北海道ラボ

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.