北見で育つ無農薬ハーブ|農業法人「香遊生活」のカフェ&ショップはこんなところ

Tags: ,

公開日:2017/8/9

Pocket

北見 ハーブ イメージ

可憐な花や心地の良い香りに癒されるハーブ♪北海道北見市の「(有)香遊生活(こうゆうせいかつ)」は約60種類のハーブと野菜を育て、

特に自慢のジャーマンカモミールを、良質なハーブティーやスキンケア商品へと加工して販売も行う農業法人。

今回は、栽培から加工まで一貫して作られるハーブと野菜の美味しさや、畑に隣接するカフェ「Organic Vege café葉奏(ハノン)」、

札幌市大通ビッセにある直営店「FARMER’S HERB 大通BISSE店」などをご紹介していきます。

1. 農業法人「(有)香遊生活」の取組み
2. 北見市「Organic Vege café葉奏」
3.札幌直営店「FARMER’S HERB 大通BISSE店」
おわりに

1. 農業法人「(有)香遊生活」の取組み

北見 ハーブ イメージ

種を蒔き、育て、収穫し、加工し、届ける・・・無農薬有機栽培のハーブと野菜を生産から販売まで一貫して行う農業法人「(有)香遊生活」。

安心安全なハーブと野菜を消費者に届けたいという気持ちから、生産者でありながら常に消費者の目線で商品作りに取組んでいます。

北見 ハーブ イメージ

北見市は雨が少なく湿度の低い涼しい夏の気候、そして強風が少ない盆地であることなど、さまざまな条件からハーブ栽培に最適な土地として、かつてはハッカの生産が盛んで全盛期には世界市場の約70%を占めていたほど。

北見 ハーブ イメージ
画像提供 : (有)香遊生活

そんな肥沃で豊かな大地で栽培される「(有)香遊生活」のハーブはオーガニックの認証を取得し、特に良質なジャーマンカモミールは商標登録名「オホーツクカモミール®」として、ハーブティーやキャンディー、スキンケア商品に加工されています。

一つ一つ丁寧に手摘みされるカモミールの収穫時期は毎年6月下旬から7月末頃までで、筆者が訪れた7月中旬にはスタッフ総出で作業にあたっていました。

2. 北見市「Organic Vege café葉奏」(はのん)

北見 ハーブ イメージ
画像提供 : (有)香遊生活

畑に隣接する「Organic Vege café葉奏(はのん)」。北見市街から少し離れた高台にある、町の喧騒を離れ、木々に囲まれた静かな隠れ家的なカフェ。

採れたての100%オーガニックハーブと野菜のランチやハーブティーが楽しめる場所で、「心と体にやさしい食」をコンセプトに安心して食べられるメニューを提供しています。

北見 ハーブ イメージ

ログハウスのほっとする空間の店内、夏にはテーブルにさり気なくハーブが飾られ、寒い時期には暖炉の暖かさでほっこりした気分になれる、そんな季節ごとの雰囲気を味わうことができます。

北見 ハーブ イメージ

数種類のランチプレート(スープ、ミニサラダ、ハーブティー付)のほかに、パスタやピザ、キーマカレーなどのメニューがあり、予算は1000円(税別)から。

お肉や魚などを使用せず有機野菜や豆類が中心のメニューですが、一部チーズやバター、卵を使用しているものがあるので、アレルギーなどが心配な方はスタッフさんに聞いてみてくださいね。

北見 ハーブ イメージ
画像提供 : (有)香遊生活

健康への意識が高い人たちを中心に話題になっている「マクロビオティック」という言葉、どこかで耳にしたことはないでしょうか?

それは、食材の陰陽バランスを大切にした食事法のことで、カフェではこだわりの「マクロビ御膳」メユーもあります。

定番の「黒大豆粉のシフォンケーキ」は、小麦粉を使用せず自家製有機黒大豆粉100%で作られているので、小麦粉アレルギーの方でも安心して食べられるスイーツです。

北見 ハーブ イメージ

目にも鮮やかなエディブルフラワー(食用花)のサラダ、お花の咲き具合にもよりますが、毎年7月中旬から9月末頃までの期間限定メニュー。

こんもりと盛られた新鮮なルッコラは少し辛味があり、ナスタチューム(黄色とオレンジ色の花)は山わさびの風味がし、チャービル(緑色のギザギザした葉っぱ)はケーキのトッピングでよく見られるハーブですが、実はほんのりパクチーに似た味がする・・・などなど色々な発見がいっぱいです♪

北見 ハーブ イメージ

恥ずかしそうに下を向いて咲く青い星型のボリジ、鮮やかなピンク色のクローブピンク、ブルーの他に白とピンクのコーンフラワーなど、サラダの色彩を鮮やかにするエディブルフラワー、自宅でも栽培に挑戦したくなってしまいました。

北見 ハーブ イメージ
画像提供 : 右上と下(有)香遊生活

ハーブティーを選ぶとき皆さんはどんな点に注目しますか?好みや体調に合わせたり、お茶の色で選んでみたり、色々と楽しいですよね。

ピンク色なのにブルーマロウと名前がついているハーブ、乾燥させると紫になり、それにお湯をそそぐとブルーに変化するという不思議なハーブ。

そんなオホーツク海をイメージさせるブルーのブレンドハーブティーもあるので、色も楽しめるお気に入りのハーブティーを見つけてみてください。

北見 ハーブ イメージ
画像提供 : (有)香遊生活

紅葉の季節になるとカフェの前の楓(かえで)が赤や黄色、オレンジに色づき、とてもロマンチックな雰囲気に・・・カフェのスタッフも絶賛の秋の風景です。

ちょっとした集まりやパーティーなどでの貸切も要相談で応じてもらえるので、何か予定のある方や雰囲気に一目ぼれして興味のある方は、カフェに直接問い合わせてみてください。

3.札幌直営店「FARMER’S HERB 大通BISSE店」

北見 ハーブ イメージ
画像提供 : (有)香遊生活

北海道へ旅行や用事で行く予定だけど、なかなか北見市まで足を延ばせないという方には、札幌大通ビッセ3Fの直営店「FARMER’S HERB 大通BISSE店」がおすすめです。

北見 ハーブ イメージ

「(有)香遊生活」で丁寧に作られたさまざまなブレンドハーブティーをはじめ、ハーブビネガーやオイル、スキンケアなどのオリジナル商品の購入が可能。

カフェは併設されていませんが、不定期で「(有)香遊生活」で収穫した野菜の販売や各種ワークショップなどを開催しています。

おわりに

北見 ハーブ イメージ
(Organic Vege café葉奏店)

無農薬の安心安全な商品作りに取組む「(有)香遊生活」は、全国各地でイベント販売会や試飲販売会、北海道物産展への出店などを行っています。

もしかしたら、どこかで「オホーツクカモミール®」の商品に出会っている方もいらっしゃるかも知れませんね♪

すでにで出会っている方もそうでない方も、安心安全な自慢のハーブを試してみてはいかがでしょうか。

(有)香遊生活
HP:http://www.koyu-seikatu.co.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/koyuseikatu/?fref=nf
住所 : 〒099-0877 北海道北見市柏木14-3
TEL : 0157-66-1201
営業時間 : 11:00~17:00
定休日 : 水曜日
駐車場 : あり
アクセス : 女満別空港から車で約1時間

◆Organic Vege café葉奏
(有)香遊生活内
営業時間 : 11:00~17:00 (ラストオーダー16:30)
営業日 : 木、金、土、日曜日 (10月末から5月中旬 : 金、土、日曜日)

◆FARMER’S HERB 大通BISSE店
Facebook:https://www.facebook.com/farmers.herb/?hc_ref=ARRsMwwOMmSdKJcSAI7aYXflTLKBZynemXd27wlvL7nazoibtXH3fxn4cphSZCRfSn0
住所 : 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3丁目大通ビッセ3F
TEL : 011-272-1212
営業時間 : 11:00~20:00
定休日 : 大通ビッセに準じます

アクセス

北見 ハーブ イメージ

「(有)香遊生活」は郊外にあるため、車で行くのがおすすめです。
まず最初に「北海道北見運転免許試験場」まで行き、その前の道を山の方へまっすぐ。すると写真左の看板が見えますので左へ、その後は道なりに進むと約10分ほどで到着です。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.