大湯沼川の天然足湯に海外から観光客が殺到!【登別温泉】

Tags:

公開日:2018/6/9

大湯沼川の足湯

北海道の登別温泉といえば、道内でも大変有名な温泉スポットです。

そんな温泉スポットには、「地獄谷」と呼ばれる源泉が湧き出るまるで地獄のようなパワースポットが存在しています。

そこでは、源泉が流れている川や湖があったりと、温泉好きには大変たまらない場所となっています。

また、特に海外の観光客にも大変人気なのが、源泉が流れる川でできる「大湯沼川の天然足湯」です。

秘境とも呼ばれるその場所でぜひとも、北海道の広大なパワーを感じてもらい源泉の足を堪能してください。

大湯沼川の足湯へ行ってみた!

大湯沼川の足湯
登別温泉ではたくさんの温泉宿が点在しており、最近だと特にアジア圏内の観光客が多く利用しています。

また、登別温泉の中でも特に海外の観光客に好評なのが地獄谷と呼ばれる源泉が湧き出るパワースポットです。

そこにはたくさんの原泉が湧き出ており、それらがまるで地獄のように見えることからそう呼ばれるようになりました。

そんな温泉地ということもあり、日本でも多くの文豪がここを訪れ執筆に勤しんだそうです。

時にとある文豪が「大湯沼川の足湯」と呼ばれる以前に「これを観光スポットとして売り出さないのはもったいない」と言ったことが、大湯沼川の足湯ができたきっかけとなりました。

それからというもの、多くの観光客が地獄谷でも大変奥地にある「大湯沼川の足湯」まで通うようになりました。

私も、実際に「大湯沼川の足湯」まで行って浸かってみましたが、湯の質感は大変滑らかで本当に驚きでした。

また、「大湯沼川の足湯」の場所は地獄谷の中でもとても山の中にあります。

日本でしか味わえない、日本だからこそ味わえる観光スポットではないでしょうか。温泉好きには、たまらないとてもおすすめの観光スポットです。

大湯沼川散策路の紹介(行き方、地獄谷駐車場から)

大湯沼川の足湯

大湯沼川の足湯までの道のりは、地獄谷にある駐車場から徒歩約20分程度で行くことが出来ます。
また、駐車場は温泉街から徒歩約5分の場所にあります。

大湯沼川の足湯

地獄谷のメインとなる場所です。ここからの風景もまさに圧巻です。

大湯沼川の足湯

地獄谷からは、歩道がしっかりと「大湯沼川の足湯」まで続いていますので、案内掲示板に従いながら進んでください。

大湯沼川の足湯

道中は、このように急な階段が続いており軽いトレッキングコースとなっています。

夏場だと飲み物等の持参が必須です。

大湯沼川の足湯

地獄谷にある駐車場から、ある程度進むと広場につきます。

ここでは、眼下に地獄谷を見下ろすことができ、フォトスポットにもなっているのでインスタ映えする写真を撮りましょう!

大湯沼川の足湯

広場を過ぎますと、また少し歩きます。

また雨の日だと、この道がぬかるんでいる可能性があるので、その際には地獄谷のゲート近くにある休憩所で無料レンタルの長靴を借りるのがおすすめです。

大湯沼川の足湯

この日(4月中旬頃)も雨に付け加え、雪がまだ残っていました。足元もゆるゆるです。

また途中に「大湯沼川の足湯」と「大湯沼」との道が別れていますが、「大湯沼」までは徒歩約2分ぐらいでいけるので、この際に見学して行くのが良いでしょう。

大湯沼川の足湯

こちらが「大湯沼」です。

大湯沼川の足湯

足湯は、こちらから川を下り流れてきています。源泉では、大変熱いお湯が湧き出てきてますが、川を下って行くことで足湯スポットでは適温に冷やされているわけです。

また、大湯沼の周囲は約1㎞あり深さは約22mと言われており、ボコボコと源泉が湧き出ています。その風景はとても神秘的です。

大湯沼川の足湯

大湯沼を後にして、そこからまた徒歩約5分ほど歩くと左手に「大湯沼川の足湯」の看板が見えてきます。ここからは、後ちょっとです。

大湯沼川の足湯

こちらからまた、階段を下って行きます。少し階段が古いので、足元に十分気をつけて下ってください。ここからは、足湯まであと5分程度です。

また、階段を下っていると、(本当に足湯があるのか?)と思えるぐらいへんぴなところにありますが安心してください。

大湯沼川の足湯

湯気立つ川が見えてきたら、川沿いにずっと歩道を進んで行きます。

川から湯気がたっており、これが全て温泉だと思うと本当にすごいです!

大湯沼川の足湯

到着!こちらが「大湯沼川の足湯」となります。

また、足湯をする際にはタオルを持参したほうが良いでしょう。観光客が多い時期は、座る場所がないぐらい多くなります。その際は、もっと下って行って入れる場所を探してください。

大湯沼川の足湯へ行く際には、服装は登山するような長袖長ズボンがベターです。靴は、スニーカー等が良いでしょう。サンダル等はちょっと厳しいです。

大湯沼川の足湯は、一年中24時間行けるようになっていますが冬場(12月〜3月頃)はまだまだ雪が残っていて危ないのでおすすめしません。

しかし、4月以降はとても綺麗ですのでぜひとも行ってみて下さい。また、夜になると日没から21:30頃まではライトアップされていてとても幻想的です。

ゆっくりと温泉に浸かって、北海道の大自然を堪能しましょう!

まとめ

大湯沼川の足湯
登別温泉というと、北海道でも有数の温泉地ですがその中でも源泉が湧き出る場所で足湯ができるはここ「大湯沼川の足湯」だけです。

有名な文豪が、「ここを観光スポットとしてアピールしないのは勿体無い!」と言ったのも頷ける場所となっていますので、ぜひとも北海道を訪れた際には足を運んでみてはいかがでしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.