【小樽の観光船まとめ】風情あふれる小樽の美しい景色を海から堪能!

Tags: ,

公開日:2017/9/14

Pocket

小樽運河 イメージ

みなさん観光地に訪れたとき、船に乗ることはありますか?
歩いて小樽を散策するのも楽しいですが、船から観光することで一味違う街並みを堪能することができます。

この記事では、北海道小樽市にある観光船についてご紹介していきます。
それぞれ違った小樽の街並み、景色を堪能することができますので、小樽を訪れた際は観光船に乗ることをおすすめします♪

<もくじ>
小樽・観光船
1.小樽海上観光船「あおばと」
2.小樽港内遊覧屋形船「かいよう」
3.窓岩クルーズ
4.小樽運河クルーズ
5.ソルトバレー408
6.「あおばと」は観光&カモメに餌やりが体験できる!
7.冬でも楽しむことができる小樽運河クルーズ
8.夏でも冬でも存分に小樽を楽しもう!

※記載の料金・航路内容は2017年8月時点の情報です。予めご了承ください。

小樽・観光船

1. 小樽海上観光船「あおばと」

1. 小樽海上観光船「あおばと」

ダイナミックな小樽を堪能できるのが、小樽海上遊覧船「あおばと」です。
小樽水族館や鰊御殿などがある祝津航路や、断崖絶壁の景色を迫力満点で見ることができるオタモイ航路があります。

●祝津航路
周遊時間:約20分(片道)
料金:大人 700円 小人 350円

●オタモイ航路
・Aコース
(小樽港第3号ふ頭発〜 オタモイ周遊〜 小樽港第3号ふ頭着)
周遊時間:約90分
料金:大人 2500円 小人 1250円

・Bコース
(小樽港第3号ふ頭発〜 オタモイ周遊〜 祝津港着)
周遊時間:約65分
料金:大人 1950円 小人 970円

・Cコース
(祝津港発〜 オタモイ周遊〜 小樽港第3号ふ頭着)
周遊時間:約65分
料金:大人 1950円 小人:970円

・Dコース
(祝津港発〜 オタモイ周遊〜 祝津港着)
周遊時間:約40分
料金:大人 1300円 小人 650円

URL:http://otaru-kankousen.jp/

2. 小樽港内遊覧屋形船「かいよう」

小樽港内遊覧屋形船「かいよう」

北海道唯一の屋形船である「かいよう」は、小樽港内を観光ガイド付きで周遊します。
海から見る小樽の景色は、自然と街が共存している様子を堪能することができます。

周遊時間:約40分
料金:大人850円 小人420円

お寿司ランチが人気!

小樽港内遊覧屋形船「かいよう」では、小樽の港をめぐり景色を堪能しながら、お寿司ランチを楽しむことができます
。飲食しながらゆったりと観光できるのは、小樽港内遊覧屋形船「かいよう」ならではす。

乗船料と寿司弁当、お茶がセットになっております。持ち込みも可能です。
お子様連れでも安心の、お子様用ランチプレートが用意されておりますので、ご予約の際にご相談ください。

周遊時間:60分
料金:おひとりさま 2500円
URL:http://otaru-kankousen.jp/
※3日前までにご予約下さい。

3. 窓岩クルーズ

窓岩クルーズ

青の洞窟をはじめとした絶景ポイントをボートでクルージングしていきます。

洞窟周辺の海の色が、太陽の光によって神秘的なブルーになります。それはとても美しく息をのんでしまうほど。

その他にも、岩山に窓のような穴がぽっかり開いている「窓岩」や冬になるとトドが集まってくる「トド岩」など見ごたえたっぷりのクルージングを楽しむことができますよ。

●コース:トド岩→赤岩→オタモイ海岸→窓岩(青の洞窟)
周遊時間:約1時間
料金:大人 2500円 小学生以下2250円(2名以上10名まで)
URL:http://www.mw-otaru.jp/enjoy/

4. 小樽運河クルーズ

小樽運河クルーズ

小樽観光の新定番と言われているのが、運河を中心にボートから観光案内をしてくれる「小樽運河クルーズ」です。
約40分の時間の中で、小樽の歴史や運河から見るロマンあふれる小樽の景色を楽しむことができますよ。

デイクルーズ(日没前出港)とナイトクルーズ(日没後出港)があり、明るい時間帯のクルーズを楽しむことができますが、夜のライトアップされた美しい小樽の街並みを堪能できるナイトクルーズもおすすめです。

小樽運河クルーズはチャーター(貸切)も行っており、お誕生日などのイベントやロマンチックな小樽運河でプロポーズなど、色々なサプライズ企画に合わせてスタッフがサポートしてくれます。

「こんな内容をしたい!」など要望がある人は、ご予約の2週間前までにご連絡が必要です。

周遊時間:約40分
料金(デイクルーズ):大人 1500円 小人 500円
料金(ナイトクルーズ):大人 1800円 小人 500円

チャーター料金:
URL:https://otaru.cc/

5. ソルトバレー408

ソルトバレー408

青の洞窟の中を探検することができるクルージングが「ソルトバレー408」です。
船の種類は、ボートとラフトがありますので、安定した乗り心地を求めている人はボート、座面が界面とほぼ同じ感覚を味わいたい人はラフト(ゴムボート)がおすすめです。

岩間をすり抜け、崖下にある青の洞窟へ攻め入るように進むので、その変化や面白さは他のボートと比べると断然インパクトがあります。
そして、7月中旬から8月中旬までは、ライフジャケットを着た状態で海の上にプカプカと浮かんで遊ぶこともできます。

周遊時間:約60分
料金:大人 5000円 小人 3000円(小学校6年生まで)
URL:http://saltvalley408.jp/boat-rafting.html

6.「あおばと」は観光&カモメに餌やりが体験できる!

カモメ餌やりが体験

チケット売り場にカモメやウミネコの餌が販売しています。
出港と同時に、カモメがついてくるので、エサをあげて楽しむこともできます。

オタモイ航路に乗船すると、美しく青い小樽の海を眺めながら、オタモイの断崖絶壁を仰ぎ見ることができます。
オタモイ海岸は土砂崩れによって、遊歩道から立ち入り禁止になっており、歩いていくことができないので、オタモイ海岸を眺めることができるのは、海からのみになります。

ダイナミックな自然を観光しながら、船から直接カモメやウミネコに餌やりを体験できるというのは、観光船「あおばと」ならではです。

7.冬でも楽しむことができる小樽運河クルーズ

冬の小樽運河 イメージ

北国の小樽では、冬の季節になると景色がガラッと変わり、運河付近は雪と運河のコラボレーションがとても美しく思わず見入ってしまいます。

そこで冬の小樽を堪能したい人におすすめの観光船は、「小樽運河クルーズ」です。
小樽の観光船は、冬の季節は休業している所がほとんどですが、小樽運河クルーズは通年営業をしています。

小樽の街並みや歴史に溶け込むよう特別なデザインで作られた船は、ノスタルジックで優しい気持ちになります。
冬はしっかりと座席ヒーターや幌付きの冬仕様なので、小樽の外気温が寒くても、船の中はポカポカ快適です。

小樽運河で特別な冬の景色を堪能することができますよ。

8.夏でも冬でも存分に小樽を楽しもう!

レトロでノスタルジックな小樽を存分に楽しむには、観光船がおすすめです。
大自然を堪能したり、小樽の歴史の移り変わりを目で感じることができます。

様々な観光船がありますので、目的に合わせた観光船を選ぶことができます。

冬は小樽運河クルーズのみになりますが、雪と小樽の美しい景色のコラボレーションを体験することができます。

※記載の料金・航路内容は2017年8月時点の情報です。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

コメントを書く

*

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.