MENU
SEARCH
現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、臨時休業や営業時間短縮など、サイト内でご紹介している施設・店舗でも営業内容が通常と異なる場合があります。

絶景露天とままえ温泉ふわっと|天売島、焼尻島、晴れた日は遠く利尻富士を

エリア
道北・稚内・利尻礼文
投稿日
最終更新日:2020年9月17日
北海道の日本海側を南北に走る国道232号線、通称オロロンラインのすぐ近くにある温泉施設「とままえ温泉ふわっと」。道の駅風Wとままえが併設していることもあり、温泉を楽しむ宿泊客と日帰り客で賑わっています。

この記事ではとままえ温泉ふわっとと道の駅風Wとままえの魅力や楽しみ方についてご紹介します。オロロンラインで日本海の絶景を楽しみながらドライブをしてから、オーシャンビューの温泉で一休みしてみてはいかがでしょう。

1.日帰り入浴・足湯について

ふわっと

高台に位置するとままえ温泉ふわっとの目印はドーム型の白い屋根とコンクリート壁。
メインの施設である温泉は日本海に面しているため、露天風呂からはオーシャンビューの絶景を楽しみながらゆっくり温泉で疲れを癒せる「絶景温泉」です。

とままえ温泉ふわっとの見どころはなんといっても露天風呂!
ふわっと 露天風呂
日本海に浮かぶ天売島と焼尻島を眺めることもでき、晴れている日には海のはるか遠くに利尻富士を見られることも。水平線に沈んでいく夕日を見ながらの温泉は極上のひととき。

男女日替わりで浴場が入れ変わるため、いつ行っても絶景を楽しめるというわけではありません。

ただ5月~9月中旬頃の間は無料の足湯があり、足湯からであれば夕日もバッチリ。
ふわっと 足湯
例年、5月19日~24日頃と7月19日~24日頃には、夫婦島の天売島と焼尻島の間に夕日が沈みます。
ふわっと 足湯 夕日

とままえ温泉ふわっとの泉質は美肌の湯ともいわれる塩化物強塩温泉なので、湯上がりはお肌がツルツル。
温泉成分の塩分が肌を覆うことで、発熱を防ぎ身体の心から温めてくれる効果もあります。
ふわっと 浴場
日帰り入浴の営業時間は10時30分~22時までとなっており、夕方から夜の時間帯は道の駅や隣接している夕陽丘オートキャンプ場に訪れている人たちで賑わっています。
それほど浴場は大きくないので、ゆっくり温泉を楽しみたいのなら宿泊して朝に入るのがおすすめです。
ふわっと 宿泊
<とままえ温泉ふわっと:日帰り温泉>

住所:北海道苫前郡苫前町字苫前119-1
電話:0164-64-2810
営業時間:10時30分~22時(最終受付21時30分)
料金:大人500円(5月1日~10月31まで:400円)、小人250円
URL:http://www.town.tomamae.lg.jp/section/shokouroudou/lg6iib0000000xrq.html
その他:タオル、バスタオルのレンタル有り

2.苫前の特産品グルメ、お土産もチェック

とままえ温泉ふわっとにの隣にある「風Wとままえ」の名前の由来は、街のシンボルでもある風力発電に掛けられてふうわっと=風(ふう)+W(わっと)の名で親しまれています。
ふわっと 売店
施設内には地元の特産品である甘エビや煮蛸などの海産物の他、かぼちゃ団子やとままえ風あまざけなどの農産物加工品を購入できる売店があるので旅の思い出にお土産の購入も可能です。
とままえ 名産 甘エビ
レストラン風夢では地元産の新鮮な素材を使った、豊富なメニューでお腹を満たしてくれますよ。
温泉に新鮮なグルメそして絶景を楽しめる、心も身体もリラックスできる癒やしスポットです。

<売店・レストラン基本情報>
住所:とままえ温泉ふわっと・風Wとままえ温泉施設内
電話:0164-64-2810
営業時間:売店8時~22時
レストラン風夢11時30~15時、17時~21時

3.おわりに

日本海を横目にドライブコースとして人気のあるオロロンラインからすぐ近くのとままえ温泉ふわっとは見て・食べて・感じ、身体の心からリラックスできる温泉施設です。ふわっと 足湯 夕日

キャンプやドライブで訪れる際は、一度立ち寄ってみてはいかがでしょう。

こちらの関連記事もどうぞ

  • 歴史あふれる港町、増毛(ましけ)の観光スポット&グルメ!
  • 【留萌の観光】夕陽に海の幸!港町、留萌の楽しみ方教えます♪
  • 道北のツーリングベストスポット&ルート7選
  • 北海道遺産ピアソン記念館で知ろう!野付牛の開拓時代と人々に愛されたピアソン夫妻
  • 大自然の森の中でサウナって?下川町「森ジャム」で体験できる「森のテントサウナ」
  • 日本最北端のまち稚内で泊まりたい!おすすめホテル3選
  • 北海道下川町「くらしごとツアー」|仕事と暮らしがゆるやかに繋がる「ワーク・ライフ・リンク」な生き方を探る【寄稿】
  • 一度は行きたい利尻島の見どころ完全版!【春~夏~秋版】

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト