【初めての小樽】小樽の観光・見どころダイジェスト!

Tags: ,

公開日:2014/12/3

Pocket

小樽観光イメージ北海道でも人気の高い、歴史の町として有名な観光スポット、小樽。でも、実際にどういった見どころががあるのか、どのように回ればいいか、初めてだとなかなか難しいですよね。

小樽は街中に見どころや観光スポットが多い、歩いて楽しめる、歩くのが楽しい観光地です!

今回は特に初めて小樽に行く方に、ぜひ押さえてほしい、小樽の見どころやグルメ、スイーツ情報などを教えますので、参考になれば嬉しいです。

~もくじ~
1.小樽に行くなら抑えたい!
おすすめ観光スポットダイジェスト

2.【まず行きたい小樽スポット】
ガラス・オルゴールとスイーツがたっぷり!「堺町」をあるく

3.【小樽の街並みを歩こう】
レトロ気分が楽しめる!「北のウォール街」エリア

4.【小樽観光のメインスポットへ】小樽観光のハイライト「小樽運河」
5.【海産物を買う・食べる!】小樽おすすめ観光スポット「海編」
6.【夜は小樽の夜景に感動!】小樽おすすめ観光スポット「山編」
7.【小樽へ行こう♪】小樽への行き方について

1.写真で見る、小樽観光スポットダイジェスト

夏の小樽運河小樽運河・・・北海道を代表する観光スポット。明治から大正にかけて、北の玄関口として栄えた小樽。港の繁栄を象徴する運河に古い倉庫が立ち並ぶ、昔を思い起こさせる風景です。

昼と夜、あずましい夏と雪積もる冬、シーンそれぞれで美しい姿が楽しめます。

ルタオケーキセット小樽スイーツ・・・小樽が女子にとっても人気な理由、それはスイーツ!チーズケーキで有名な「ルタオ」本店の他、人気スイーツ店が勢ぞろいです♪

小樽 市場市場・・・北海道の海の幸が集まる小樽港。観光客はもちろん地元に身近で愛される存在なのが、小樽の市場。北の名産を安く手に入れたい方は必見です。

北海道三大夜景 小樽・天狗山からの夜景夜景・・・港町・小樽を美しく見せる夜景。小樽・天狗山からの夜景は、函館の夜景、札幌・もいわ山の夜景と並び、北海道三大夜景といわれる絶景です。

小樽・伊勢鮨寿司・・・小樽の食の楽しみといえば海産物。特にお寿司はぜひ食べたい小樽グルメの代表格です!

ということで、小樽の魅力を写真でざっとご紹介させていただきましたが、次は、小樽で立ち寄りたい定番人気のスポットから順にご案内いたします。




2.【まず行きたい小樽スポット】ガラス・オルゴールとスイーツがたっぷり!「堺町」をあるく

小樽についたらまず行きたいところ、それは「堺町通り」!

観光ガイドブックなどに載っている小樽ガラス工芸店「北一硝子」(きたいちガラス)や、北海道物産展の超定番「ドゥーブルフロマージュ」が有名な「ルタオ」を代表するスイーツ店がわんさかあるエリアがここです。

まず行き方ですが、新千歳空港や札幌からJRで小樽へ向かう方は、小樽駅のひとつ前、南小樽駅で降ります。そこから歩いて5~6分でつくのが、堺町通りの入り口の「メルヘン交差点」。

小樽オルゴール館そして、そのメルヘン交差点に建つのが、大正時代に建てられた銀行の建物をつかったオルゴール店「小樽オルゴール館」。世界最大級の品数とヴィンテージもののオルゴールの数々がならぶ、まるでオルゴールの博物館です。

小樽メルヘン交差点の蒸気時計建物の前にあるのが「蒸気時計」。1時間おきに時計から蒸気があがる仕掛け時計です。

もっとも有名なスイーツショップ「ルタオ」

続いて、堺町通りを進むと出てくるのが「ルタオ」本店。

ルタオの代名詞といえる「ドゥーブルフロマージュ」をはじめ、チーズケーキその他の洋菓子がたっぷり!スイーツ好きの方には外せないスポットです。小樽・ルタオ外観

ちなみに堺町通りには本店の他、小樽だけのルタオのチョコレート専門店など、3軒のルタオのお店が。せっかくなので、それぞれで売っている限定モノを買うのも、おすすめです。

ルタオチーズケーキラボ本店向かいにある「ルタオ チーズケーキラボ」のイートインで、小樽でしか食べることができない、限定チーズケーキは格別です。

ルタオのケーキ

店内にはたくさんの種類のケーキやお菓子が並びます!

ルタオケーキセット

ルタオ2階のカフェで食べられる限定メニュー☆「奇跡の口どけセット」

この「ルタオ」本店のほか、「開拓おかき」で有名な北華楼、「マルセイバターサンド」が有名な「六花亭」、ミルクものが人気の「雪印パーラー」などなど。北海道の有名お菓子、この一帯でおおよそコンプリートできちゃいます。

堺町通りにあるその他の有名なスイーツショップ

  • 「開拓おかき」で有名な北華楼
  • 「マルセイバターサンド」で知られる六花亭
  • ミルクものが人気の「雪印パーラー」

甘いものに飽きたときには有名かまぼこ

そして、甘いのが飽きた(?)人にはずせないのが、かまぼこの「かま栄」。

堺町通りを先にすすんで約10分。揚げかま系を中心としたかまぼこがいっぱい。

かま栄のパンロールここで抑えたいのが、名物「パンロール」。すり身をパンでくるんで揚げた1品は、なるべくできたて揚げたてをその場で食べて頂きたいものです(おみやげでもって帰ってしまうと、油でべちゃっとしてしまいます・・・)。

なお、札幌駅に隣接するデパート「大丸」の地下のお店や新千歳空港の店舗でも揚げたてを購入可能です。

北一硝子の外観

そして、この界隈の代表といえば、やはり「北一硝子」。こじちらも北海道開拓時代からある倉庫を使ったお店で、ガラス館やガラスのアウトレット館、クリスタル館などに分かれ、ちょっと薄暗い雰囲気のある倉庫の中できらきら光り輝く、美しい空間です。

なお堺町通りには、その他、歴史的建物を使った雑貨店や喫茶店など、おもしろそうなお店がいろいろ。雑貨が好きな方、スイーツが好きな方であれば、こちらの観光で3時間程度は見ておくことをおすすめします。
堺町のイメージこちらは昔からの建物を使った雑貨屋さん。大正・昭和初期のノスタルジーな建物がたくさんあります♪

3.【小樽の街並みを歩こう】レトロ気分が楽しめる!「北のウォール街」エリア

さて、堺町通りからまっすぐ進むこと10分から15分でたどり着くのが、明治から大正・昭和初期のレトロな建物が続くエリアです。

旧日本銀行や旧三井銀行、今はなき拓殖銀行などが点在する、「北のウォール街」と呼ばれます。

旧北海道銀行小樽支店(写真は明治45年に建てられた「旧北海道銀行本店」)

その中で「入って楽しめる」建物の代表が、旧日本銀行小樽支店の建物をそのまま使った「金融資料館」です。

実際に使われたいた金庫の内部や、シュレッダーにかけられた現ナマ1億円、1億円の重さを体験できるコーナーなど、子供から大人まで興味をそそられる内容。1人でも楽しめる観光スポットです。

旧日本銀行小樽支店左:旧日本銀行小樽支店外観
右上:モダンな造りの館内 下中央:シュレッダーされた1億円の紙くず。
右下:金庫内部。札束(レプリカ)が積まれています。

小樽鉄道手宮線旧日本銀行近くにある、国鉄旧手宮線跡。日本で3番目に敷かれた、北海道で一番初めに出来た鉄道線です。

4.小樽観光のハイライト「小樽運河」

さて、小樽の古い町並みや建物を楽しんだら、次はいよいよ、小樽の象徴ともいえる「小樽運河」

小樽運河の中心、中央橋までは、堺町通りの基点、南小樽駅からはゆっくり歩いて2~30分程度、小樽駅からなら徒歩10分程度で到着です。

中央橋から臨む小樽運河

小樽運河の中心は、「中央橋」から「浅草橋」までの約500メートル。運河沿いの歩道をゆっくり歩くなり、写真撮影を楽しむなり、小樽ならではの景観を楽しみましょう!

詳しくは、【初めての方もこれで安心!小樽運河パーフェクトガイド】でご紹介しておりますので、ご覧ください!

<PR>
こどもと行く雪国でもあったか! この冬注目のアイテム
ライナープレゼントキャンペーン実施中
STONZimage冬の北海道旅行におすすめなのがキッズ防寒ブランドSTONZ(ストーンズ)。抱っこのベビーからキッズ向けのあったか冬アイテムが、豊富に揃っています。
現在、STONZ公式サイトにてブーティーをお買い上げで、ライナー1足プレゼントキャンペーン実施中! ブーティーとライナーをカートに入れ、クーポンコードHKD(北海道)  をご入力下さい。ライナー分が無料になります。
【STONZ公式サイト】http://stonz.jp/

5.【海産物を買う・食べる!】小樽おすすめ観光スポット「海編」

さて今までは、散策で楽しめる小樽の中心地の観光スポットをご紹介しましたが、次は、少し足を伸ばして、海沿いのエリアをご紹介いたします。

・小樽の朝市「鱗友(りんゆう)市場」

鱗友朝市の外観

北海道で朝市というと、札幌や函館の朝市が有名ですが、小樽にも朝市があるのはご存知ですか?

小樽駅から車で約8分程度、小樽運河の北側「北運河」の一番先にあるのがこちらの「鱗友(りんゆう)市場」。

小樽に数箇所ある市場の中で一番早い、朝4時オープン。約8軒のお店で、小樽港などから水揚げされた新鮮な海産物や野菜・果物が並びます。

鱗友朝市イメージこちらの「鱗友市場」や、その他の小樽の市場の情報については、【小樽で行きたいおすすめ市場5選!北海道の海の幸がいっぱい!】 にて詳しくご紹介しておりますので、ご覧くださいませ!

・グルメ旅には欠かせない名店「民宿青塚食堂」

次は、小樽ならではの新鮮でおいしい魚が食べられるお店をご紹介いたします!

にしん小樽市内から車で約15分、おたる水族館などがある“祝津(しゅくつ)”という漁港の向かいに店を構えるお店、民宿青塚食堂。

民宿という事で宿泊ももちろんできるのですが、観光シーズンのお昼時ともなると長蛇の列!小樽でも「この店だから食べられる」うまい魚を求めて、地元の方から観光客まで、多くの人が訪れます。

詳しくは、【1度は行きたい!小樽のグルメを最高に楽しめる名店2選】 で詳しくご紹介しておりますので、どうぞご覧ください!

6.【夜は小樽の夜景に感動!】小樽おすすめ観光スポット「山編」

さて最後は、小樽で泊まるならぜひ見て欲しい、小樽の絶景をご紹介いたします。

・小樽「天狗山」からの夜景

皆さんは「北海道三大夜景」という言葉をご存知ですか?北海道で一番有名な夜景である「函館(函館山)の夜景」、北海道最大の都市・札幌の街並みを一望する「札幌・藻岩山の夜景」、そしてもうひとつの三大夜景が「小樽・天狗山からの夜景」です。

北海道三大夜景 小樽・天狗山からの夜景

小樽駅から車で10分から15分にある「天狗山ロープウェイ」に乗ること約8分でたどり着くのが「天狗山」、そこから見える、小樽港の海岸線と街並みを照らす灯が輝く夜景は必見です。

詳しくは、【あなたも絶景に感動♪北海道三大夜景<小樽の夜景>完全攻略法!】 にてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

手宮公園の桜小樽・手宮公園より

7.【小樽へ行こう♪】小樽への行き方について

さて最後に、小樽への行き方をご紹介いたします。

・JRで行く

小樽へ行く一番ポピュラーな方法、それはJRです。新千歳空港からなら「快速エアポート」に乗って約80分、札幌からなら半分の約40分で小樽駅まで到着。新千歳空港から乗り換えなしなので、らくらくです。

・レンタカーで行く

また、小樽以外にもいろいろな観光地を回りたい!街中以外の小樽の名所も楽しみたいというという方なら、レンタカーがおすすめです。
新千歳空港から直行なら、高速を利用しておおよそ約1時間(約80キロ)。こちらも千歳インターから高速に乗ってしまえば、終点が小樽なので道に迷うこともないので安心です。
~以下、各観光地から小樽までの所要時間(車利用)~
・札幌から・・・約40分 ・定山渓温泉から・・・約40分
・ニセコから・・・約100分 ・洞爺湖から・・・約2時間
・旭川から・・・約2時間 ・函館から・・・約5時間

おわりに

以上、北海道に行くなら一度は行ってみたい人気の街、小樽の見どころを簡単にご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?北海道の歴史や味、その他いろいろの魅力が詰まった小樽を、実際に現地に行って、存分にお楽しみください。

☆あわせてこちらもどうぞ!
・初めての方もこれで安心!小樽運河パーフェクトガイド
・初めての北海道旅行!絶対行くべきおすすめスポットまとめ♪
・【王道コース】で巡る札幌観光スポット|初めての札幌旅♪
・シルバーウィークは北海道へ行こう!観光・イベントまとめ
・初めての方もこれで安心!小樽運河パーフェクトガイド
・1度は行きたい!小樽のグルメを最高に楽しめる名店2選!

札幌・小樽・函館格安ツアーGEOバナー

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

   

Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.