MENU
SEARCH
× 北海道スキー&スノーボードツアー 
受付開始!
特集ページへ

函館散策に♪地元民お気に入りのテイクアウトグルメ 5選

エリア
函館・道南・奥尻
投稿日
最終更新日:2019年4月11日
異国情緒あふれる町並みや、この町ならではの建造物などを楽しむ散策を目当てに函館を訪れるという方も多いのではないでしょうか?坂道や和洋折衷の建物などを見物しながら歩いていると、ちょっとおなかがすいてしまうということもありますよね。そこで今回はそんな小腹を満たすのにおすすめのテイクアウトグルメを、函館市民に人気のお店の中からご紹介します。
老舗のお店や異国情緒のある函館にぴったりなお店のリーズナブルでおいしいテイクアウトグルメばかりですよ。

1.キングベーク(パン)

函館テイクアウトグルメキングベーク

函館の人であれば一度は食べたことがあるといっても過言ではないのが、キングベークのパン。函館には全国に展開するパンのチェーン店がほとんど見られないのですが、個人経営などのパン屋さんはたくさんあります。
そんなパン屋の中でも長く地元で愛されているのが、こちらのキングベーク。
函館テイクアウトグルメキングベーク商品

食パンやバケットなどの定番のパンはもちろんのこと、小腹を満たすのにぴったりな惣菜パンなども豊富。素材と味にこだわったパンがたくさんあるので、つい目移りしてしまうほどですよ。
素朴なコッペパンにポテトサラダなどをはさんだ各種ドックやサンドイッチは食事メニューにぴったり。

キングベークナチュラル 函館駅前ビル店

住所
函館市若松町16-10 函館駅前ビル1F
TEL
0138-86-7255
イン/アウト
10:00~18:00 定休日:1/1・ビルの休みに準ずる
HP
http://kingbake.co.jp/

2.阿佐利(コロッケ・惣菜)

函館テイクアウトグルメ阿佐利

すき焼きが人気の老舗店、阿佐利。趣のある木造作りの店内で食べるすき焼きのコースが有名なお店ですが、電車どおりに面した部分は精肉店になっているんですよ。この精肉店には阿佐利の店舗で提供される、すき焼きに使われている高級なお肉も販売されているのですが、地元民に人気なのはなんと言ってもお惣菜。
函館テイクアウトグルメ阿佐利コロッケ

中でも1個75円のコロッケは、いつも閉店前に売切れてしまうほどの人気です。とくに土曜・日曜・祝日などのお休みの日には、開店から30分も立たないうちに売切れてしまうこともあるので、早めの来店がおすすめ。
精肉店のコロッケらしくお肉の存在感があるコロッケは、小ぶりでいくつでも食べられそう。味付けがしっかりとしているので、ソースをかけなくてもおいしいんですよ。
函館テイクアウトグルメ阿佐利ショーウィンドウ

人気のコロッケを確実に購入したいという方は事前に予約をしておくのがおすすめです。またコロッケ以外にもシュウマイやから揚げなどの惣菜も絶品!お食事には「すきやき弁当」もありますよ。

阿佐利 本店

住所
函館市宝来町10-11
TEL
0138-23-0421
イン/アウト
10:00〜17:00 定休日:水曜日

3.カール・レイモン(ホットドック)

函館テイクアウトグルメカール・レイモン

函館土産としても人気のカール・レイモン。古くからの製法を大切にして、素材にこだわって作られたおいしいソーセージやハムは見逃せない存在ですよね。函館山のふもと、元町にあるレイモンハウスでは、そんなソーセージを使ったホットドックが楽しめます。
函館テイクアウトグルメカール・レイモンホットドッグ

パリッと焦げ目のついたパンにはさまれたソーセージは、ジューシーでケチャップやマスタードをつけなくてもおいしいんですよ。焼きソーセージやホットドックのメニューが豊富なので、迷ってしまいそう。迷ったときには元町店限定のチューリンガータイプのソーセージがおすすめですよ。
函館テイクアウトグルメカール・レイモン内装

焼きソーセージやホットドックはテイクアウトだけでなく、イートインスペースで食べることもできますよ。ドリンクメニューもソフトドリンクだけでなく、地ビールなど豊富にあるので、ゆっくりとおいしいソーセージとドリンクを楽しんでくださいね。
2階には歴史展示館があるので、観光にもぴったり。気に入ったソーセージはお土産として購入・配送できるのもうれしいポイント。

レイモンハウス 元町店

住所
函館市元町30-3
TEL
0138-22-4596
イン/アウト
9:00~17:30 定休日:なし
HP
http://www.raymon.co.jp/index.html

4.カフェ&デリ マルセン(デリカメニュー)

函館テイクアウトグルメマルセン

函館でもとくに人気の観光スポットベイエリアの近くに店を構えるカフェ&デリ マルセンは、カフェスペースで提供されるワンプレート料理やランチメニューが人気のお店。平日でもランチタイムは混雑することが多いんですよ。
そんなマルセンではデリカメニューがテイクアウトできます。ランチなどでも人気のキッシュやサンドイッチ、サラダなどが単品で購入できるのはうれしいですよね。
函館テイクアウトグルメマルセン商品

またカフェでも提供されるパンも1個から購入することができるので、デリカメニューとの組み合わせを考えながらの買いものは楽しいですよ。食事にぴったりのメニューも販売されているので、小腹を満たすだけでなく、素泊まりのホテルに泊まったときの食事にもおすすめ。チーズとサラダやマリネを購入して、ホテルで晩酌というのもいいですね。

カフェ&デリ マルセン

住所
函館市大手町5-10 ニチロビル1F
TEL
0138-85-8545
イン/アウト
11:00~22:00 定休日:火曜日
HP
http://www.cafe-marusen.com/index.html

5.パティスリー ラパン・ド・ネージュ(スイーツ)

函館テイクアウトグルメラパン・ド・ネージュ

最後にご紹介するのは2011年に開店して以来、地元のスイーツ好きからの支持を得ているパティスリー ラパン・ド・ネージュ。函館市役所の近くにあり、かわいらしい水色の店舗が目印になっています。
函館テイクアウトグルメラパン・ド・ネージュメニュー

ショーケースの中には季節のフルーツをふんだんに使ったタルトや、プリンアラモードのほかに濃厚なガトーショコラなど、たくさんのケーキが並んでいます。壁には季節のケーキの写真が並んでいるので、メニューを選ぶ参考にして見てくださいね。
また店内にはケーキ以外にクッキーなどの焼き菓子や、カレルチャペックの紅茶ギフトも。
函館テイクアウトグルメラパン・ド・ネージュ内装

お土産やプレゼントにぴったりなかわいい包装も対応してくれるので、贈り物にもおすすめですよ。
イートインスペースもあるので、散策で疲れた足を休めながら甘いスイーツとドリンクを楽しむのもいいですね。店名はフランス語で「ゆきうさぎ」を意味していて、店内には店名にあわせてたくさんのうさぎがたくさん。

パティスリー ラパン・ド・ネージュ

住所
函館市大手町16-1
TEL
0138-27-5505
イン/アウト
10:00~19:00 
※日曜・祝日は10:00~18:00 
定休日:火曜日 ※月に1回不定休あり
HP
https://ameblo.jp/lapin-de-neige/

6.おわりに
地元民に人気のあるテイクアウトメニューが楽しめるお店をご紹介しましたが、いかがでしたか?
どのお店もリーズナブルなメニューが豊富で、手軽に食べることができるものばかりです。ぜひ今回の内容を参考においしいテイクアウトを楽しみながら、函館散策を満喫してみてくださいね。

こちらの関連記事もどうぞ

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト

エリアから選ぶエリアから選ぶ

注目のタグから検索注目のタグから検索

  • 貸切ジャンボタクシー特集 北海道ラボアプリバナー
  • Instagram Facebook WBFダイナミックパッケージ

    姉妹サイトのご紹介

    沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト
  • 北海道ラボをフォロー北海道ラボをフォロー

    • Facebookをフォロー
    • Instagramをフォロー