祝バニラエア就航!函館空港で買えるオススメのお土産8選

Tags:

公開日:2017/2/27

函館空港お土産コーナー2

2017年2月、いよいよ函館空港において初となるLCCが就航しました。その記念すべき一社目は、大手のANAグループである「バニラエア」です。
ちなみに今回、バニラエアが就航するのは函館-成田、函館-関西の2路線。関東や関西の主要都市からの函館旅行も、この就航のお陰でかなり身近なものとなりそうですね。

ところで、旅行の際のお土産品を行く先々で調達していては「旅行中の荷物が増えて重たい」という大きなデメリットが頭を悩ませます。

しかしながら、実は、函館名菓などを始めとするお土産品たちは函館空港で揃えられるものが多数!ということで今回は、函館空港で買えるオススメのお土産品を8種に厳選してご紹介させていただきます。


<もくじ>
はじめに.お土産品調達に便利なつくりとなっている函館空港
1.スナッフルスの「チーズオムレット」
2.ロイズの「ポテトチップチョコレート」
3.五勝手屋本舗の「丸缶羊かん」
4.トラピスト修道院の「トラピストクッキー」
5.ポテトファームの「じゃがピリカ」
6.阿部商店の「いかめし」
7.函館あじさいの「味彩乾拉麺」
8.函と館ショップ限定の「函館ふきん」
おわりに

1.お土産品調達に便利なつくりとなっている函館空港

函館空港エントランス
こちらが函館空港の国内線出発口のエントランス。人数や荷物が多くても入りやすい、大きい回転扉が入口です。

3階まである建物で、エントランス・各社受付カウンター・到着ロビーは1階、出発ロビーは2階、レストランやゲームコーナーなどは3階に配置されています。

函館空港お土産コーナー

お土産コーナーがあるのは2階のフロア。搭乗口のすぐ横にありますので、搭乗時間までゆっくり見てみるのも良いですし、時間が無いけどお土産品を買い忘れたという時にも非常に便利ですよ。

旅行会社から手渡されたクーポンや、航空会社のクレジットカード提示で割引になるお店もありますので、お持ちの方は手元に用意した上で買い物に臨むことをオススメしますよ♪

1.スナッフルスの「チーズオムレット」

函館空港スナッフルス1
函館の洋菓子店スナッフルスの「チーズオムレット」は、函館でも特に人気の高い銘菓のひとつ。

一言で表すと「手の平サイズのチーズケーキ」ともいえますが、とろけるようなふわふわの食感と濃厚なチーズの味は食べた人しか知ることのできない美味しさです。1度食べたらヤミツキになること間違いなしです。

函館空港スナッフルス2
消費期限は製造日含めて7日。要冷蔵商品のため、自宅までの持ち歩きに不安がある場合はクール便での配送をオススメします。

空港のショップでは、チーズオムレット8個入が1296円(税込)、チーズオムレット5個&蒸し焼きショコラ5個が1箱に詰められた10個入が1620円(税込)の2種を販売中!個装となっているので、1度で食べきらなくても良いのが嬉しいところです♪

3.ロイズの「ポテトチップチョコレート」

函館空港ロイズ1
北海道のチョコレートメーカーとして有名なロイズの「ポテトチップチョコレート」。北海道名産のじゃがいもを使ったポテトチップスにロイズのチョコレートをかけたお菓子で、その斬新さに衝撃を受けた人も多数!

現在も人気なロングセラー商品ですが、発売当初は北海道の地元人でさえも買いに走る現象が起こり、売り切れとなるお店も続出したほどです。

函館空港ロイズ2
賞味期限は約1か月。チョコレート商品ですが要冷蔵ではありませんので、常温のお菓子と一緒に持ち運びは出来ますが、高温多湿は避けたほうが良いでしょう。1箱777円(税込)。

オリジナル(ミルクチョコ)・マイルドビター・フロマージュブラン・キャラメルという4種の味がラインナップされています。

4.五勝手屋本舗の「丸缶羊かん」

函館空港羊羹
北海道檜山郡江差町の五勝手屋本舗は明治3年創業で、名物の丸缶羊かんは老若男女問わず地元人たちから親しまれてきました。

一般的な四角い羊羹の形ではなく、丸い筒の中にぎっしりと中身が詰め込まれています。筒の底から指でスッと押し上げて食べたい容量だけ出し、1本ずつに付属している紐でカットして食べる、という珍しい食べ方が一般的!

ねっとりとしていて食べごたえのある食感と、あっさりとした甘さが最高。常温保存可能で賞味期限は製造から60日。お土産にもぴったりな3本セットは843円(税込)です。

1本からのバラ売りもありますので、ご自宅用としてもいかがでしょうか?

5.トラピスト修道院の「トラピストクッキー」

函館空港トラピスチヌクッキー
北海道北斗市にあるトラピスト修道院は日本初のカトリック修道院として明治29年に創立。修道院ではさまざまなお土産品を製造していて、中でも人気なのがこちらのトラピストクッキーです。サクサクの食感がたまらない、ティータイムのお供としても最高な一品!

価格は3枚包×8個入が1袋540円(税込)、トラピスト修道院のロゴがパッケージにあしらわれている3枚包×12個入が1箱734円(税込)となっています。賞味期限は製造日から180日で日持ちする商品なため、多めに買っても保存がききますよ。

6.ポテトファームの「じゃがピリカ」

函館空港じゃがピリカ1
大ヒット商品の「じゃがポックル」が有名なポテトファームの新商品!3種のじゃがいもの内2種は有色じゃがいもを使用し、じゃがいもの自然な色味を活かしたカラフルでかわいらしいポテトスナックです。

価格は6袋入が540円(税込)、10袋入が864円。賞味期限は製造日から90日となっています。

函館空港じゃがピリカ2
なお空港の店頭では、じゃがピリカの試食品も用意されています!美味しさを知った上でお土産品を買えるのはありがたい♪お土産にお菓子を考えている人は、ぜひこちらの商品も要チェックです。

7.阿部商店の「いかめし」

函館空港いかめし
函館はいかの名産地。そしてそのいかを使用した森町の名物料理「いかめし」は、お土産品として持ち帰ることができます。

プリプリないかと、その中へパンパンに詰められたもち米が、甘じょっぱく煮込まれた道南の家庭料理。ぜひご自宅で味わってみてくださいね。
価格は2尾入で777円(税込)、常温での持ち運びが可能で、賞味期限は製造日から90日です。

8.函館あじさいの「味彩乾拉麺」

函館空港ラーメン2
函館の名物グルメのひとつ、塩ラーメン。その名店として知られるのが函館市五稜郭町に本店を持つ「あじさい」です。

函館名産の昆布と豚骨・鶏ガラを使用したスープは、深い味わいを感じさせながらも後味はあっさり。これぞ函館が自慢する塩ラーメンです!

1食入378円(税込)。乾麺タイプのため、賞味期限は製造日から180日と長く、常温での持ち運びが可能です。

9.函と館ショップ限定の「函館ふきん」

函館空港ふきん
お菓子や函館グルメなどの他にも、函館土産に最適な「雑貨」が空港内の「函と館ショップ」にたくさん並んでいます。

中でも「函館ふきん」は、五稜郭やいかや洋館など函館ならではのイラストが描かれた可愛いキッチン雑貨で、女性から大人気。

優しい蚊帳生地で出来ているので、使い心地も抜群♪形に残るお土産品として、ご友人とお揃いで購入してみるのも良いかもしれませんよ。価格は432円(税込)です。

<函館空港>
住所:〒042-0952 北海道函館市高松町511番地
TEL:0138-57-8881(インフォメーション直通)
営業時間:7:00~20:00
定休日:無休
駐車場:有料、時間毎で加算(30分まで無料)
公式ホームページ:http://www.airport.ne.jp/hakodate/

おわりに

函館空港内で買える、オススメのお土産品をご紹介しました。他にも有名なお土産品を多数取り扱っていますので、函館を訪れた際には空港のショップもゆっくり見てみてくださいね。

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.