美瑛・白金温泉 白ひげの滝ライトアップ、初日に行ってきました!

Tags: ,

公開日:2015/12/6

Pocket

美瑛・白ひげの滝「青い池」で有名な美瑛、白金(しろがね)温泉地区。その白金温泉のもうひとつの絶景として知られる名勝「白ひげの滝(しらひげのたき)」が、2015年よりライトアップされたのはご存知でしょうか?

ということで今回は、記念すべきライトアップ初日の12月4日に、雪降りしきる天気の中早速行ってまいりましたので、ご紹介させていただきます。
(※2016年は11月1日から2017年3月31日まで実施)

1.白ひげの滝とは

白ひげの滝とは、美瑛の十勝岳側に位置する白金(しろがね)温泉にある滝で、がけの途中、岩盤の割れ目から十勝岳の地下水が湧き出して滝になる(しかもダイナミック!)という珍しい滝です。この滝から流れ落ちるのが美瑛川、別名ブルーリバーと呼ばれる川で、鮮やかな青い色を見せる、不思議な川なのです。

美瑛・白ひげの滝霧氷が美しい、冬の白ひげの滝とブルーリバー。

また、このブルーリバーの下流、約3km程のそばにあるのが、あの有名な「青い池」。
ということで、青い池をより深く楽しみたいという方にとって、青い池、ブルーリバー、そして白ひげの滝を3点セットでご覧いただくのが必然とも言えるでしょう。

2.白ひげの滝ライトアップ

ということで、実際の様子をご覧いただきましょう。

美瑛・白ひげの滝

こちらがライトアップされた、美瑛・白ひげの滝です。白い滝と周囲の霧氷、そして青い美瑛川(ブルーリバー)の、迫力ある美しい光景が広がります。

美瑛・白ひげの滝

こちらは美しい青色バージョン。ライトアップでは2分程度の間にライトのパターンが変わり、飽きさせません。

美瑛・白ひげの滝

滝の上にはまた白く凍った木々が広がり、その上の橋とあわせて美しい景色を見せます。

3.白ひげの滝ライトアップへ行くときの準備

白ひげの滝は、白金温泉の中心から徒歩1~2分程度で行くことができるので、特別な用意は必要ありません。

しかしながら美瑛の山間部である白金温泉の冬はとても寒いので(0度以下~マイナス10度越えも)、頭の上からつま先までしっかりと防寒対策をしてください。

なお、見学自体は特にこだわって撮影をしなければ、所要時間:10分程度で十分かと思います。

4.白ひげの滝に近い宿泊施設

白ひげの滝ライトアップが始まる17:00頃はすでに夜。白金温泉に宿泊をして楽しみましょう。
白ひげの滝から一番近い宿は、ホテルパークヒルズさん。客室数など規模も大きく、冬季の平日なら2名以上1室で10,000円以下(1人あたり)で泊まれるとリーズナブル(日程や予約状況により変わります)。

ホテルパークヒルズ外観

白金温泉もかけ流し(源泉温度が51度ということで若干の加水あり)で楽しめます。

パークヒルズの温泉

その他、
・大雪山白金観光ホテル
・湯元白金温泉ホテル
・森の旅亭びえい
などのホテル・旅館がございます。

また気をつけたいのが、冬期は白金温泉より十勝岳温泉側へ続く道は積雪により通行止めになるということ。

白金温泉から比較的近い十勝岳温泉も、冬期は上富良野の中心部まで迂回しなければならなくなります(片道90分以上)ので、白ひげの滝ライトアップ目的で十勝岳温泉に宿泊しないようにしてください。

ちなみにこちらは翌朝の白ひげの滝。ぜひ夜と朝、見比べて楽しんでください。

5.白ひげの滝ライトアップへの行き方

美瑛中心部から県道をまっすぐ白金温泉方面へ。車で約3~40分程度(路面の程度による)。
白金温泉に入り、ホテルパークヒルズを越えると左折、約100メートル先が白ひげの滝です。

白ひげの滝

なお橋のそばに数台駐車は可能ですが、橋から徒歩2分程度の白金観光センター前の公共駐車場を利用しましょう。

ブルーリバー橋こちらの白金橋(別名:ブルーリバー橋)の右側に、白ひげの滝が広がります。

また白金温泉まで、旭川駅ならびに美瑛駅より路線バスが出ております(本数が少ないので必ず時間を確認ください。)

なお冬期は白金温泉より十勝岳温泉側へ続く道は積雪により通行止め。通り抜けできませんのでご注意ください。

おわりに

以上、2015年から初開催の「白ひげの滝ライトアップ」、いかがでしたでしょうか?
ただの滝のライトアップと思うなかれ、予想以上の迫力と美しさに、きっと感動すること請け合いです。ぜひ実際に足を運んでみてくださいね。

青い池ライトアップ(同日に撮影した、青い池ライトアップ)

なお、2016年11月1日から2017年2月28日までは同時開催で、温泉街から車で5分程度にある「青い池」で、「青い池ライトアップ」も実施しています。
同時開催期間中であれば、ぜひ2ヶ所のライトアップを楽しまれ、しっかりと冷えきった(であろう)身体を、白金温泉のお湯で温まる。きっと思い出に残る、素敵な体験になることでしょう。

白ひげの滝(しらひげの滝)ライトアップ
2016年11月1日~2017年3月31日
お問合せ・・美瑛町観光協会
TEL 0166-92-4378
http://www.biei-hokkaido.jp/

【関連記事】
・見わたす限りの雪景色!冬だから行きたい美瑛の魅力とは?
・【一度は見たい絶景!】美瑛・青い池の四季の魅力と行き方!

winter-easthkd-640banner ↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

皆様の感想、コメントなどお寄せください

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.