シーズン到来!礼文島の観光|日本最北の島の楽しみ方

Tags: ,

公開日:2016/1/10

Pocket

礼文島イメージ日本最北の離島、礼文島。花好きの方、自然大好きな方、ただたださいはてが好きな方。めったに訪れることができない島だけに、もし行くのなら目いっぱい楽しみたいですよね。今回は「花の浮島」礼文島の魅力や見どころをざっとご紹介いたしますので、いつか行きたいと思っている皆さんの参考になれば幸いです。

1.礼文島について・礼文島へ行くには

1-1.礼文島は花の島

rebun-sukai-cliffPhoto by (c)Tomo.Yun  http://www.yunphoto.net
礼文島は別名「花の浮島」と呼ばれます。それは日本で一番北の島という立地から、海抜0メートルから高山植物が咲くという、礼文島独特の植生が見られるからです。

6月頃、島の観光シーズンを迎えると、今か今かと待ち構えていた植物たちが一斉にその姿を現します。夏はハイキングやトレッキングで希少な花々を観に来る観光客で賑わう島なのです。

厳しい気候を雪の下でじっと耐え、待ちに待った花デビュー。人々に見てもらう為に命の限り咲き誇る花々は見る人を虜にします。

以下の写真は、礼文町の小野町長さんが撮影した代表的なお花たちです(礼文町ホームページのお花コーナーより)。
レブンアツモリソウレブンアツモリソウ

レブンコザクラレブンコザクラ

レブンウスユキソウレブンウスユキソウ

これらの代表的なお花をはじめ、300種類以上の花々が礼文島内に咲き乱れるのです。

1-2.シーズンについて

rebun-green-image2Photo by (c)Tomo.Yun  http://www.yunphoto.net

一般的には、ある程度花が咲き始める6月上旬から、冬が始まる直前の10月下旬までが礼文島の観光シーズンとされます。でも、せっかく行くなら花のベストタイミングを狙いたいところですよね。

何の花が見たいかにもよりますが、代表的な花を挙げると5月から6月に咲くレブンコザクラ、終盤になるとレブンキンバイソウや特定国内希少野生動植物にも指定されている島の顔、レブンアツモリソウなどが咲き始めます。その他300種類もの植物で彩りよく見ることができるのは8月頃まで。トレッキングが目当てで来られる方が大多数なので、狙うなら6月頃から8月頃がオススメです。

1-3.礼文島に行くには

ferry-cypria-soya-image
礼文島へ行くには、通常の手段はフェリーしかありません(漁船など除いて)。また礼文島には飛行機では行けません(空港は現在休止中です)。

通年運航されているのが、稚内から礼文島直通の香深(かぶか)港で約2時間、利尻島・鴛泊(おしどまり)から香深港行きです。夏には更に利尻島・沓形(くつがた)港から香深港への航路が加わります(利尻島から礼文島までは約40分です)。

そしてぜひ知っておきたいこと、それは、船がとっても混むということ。稚内港の早朝の行列はもはや夏の風物詩といえるほど。その中でも、混む時間帯は往路は朝1番の始発便で、帰路は最終便。そこでは、2つの選択肢があることを知っておいてください。

■1・1等を予約して快適移動!
お金を払ってでも快適な船の旅も満喫したい方にオススメです。
2等の倍料金ではありますが、要予約なので確実に席の確保ができます。1等はとても快適で、椅子は新幹線のグリーン車並みの広さです。朝1番で移動する場合は行のみ奮発して2時間を仮眠時間に当てるなど、体力の温存ができます。
ferry-cypria-soya-first-room(こちらは1等ラウンジ席 ※1等料金+530円必要)

■2・2等で予算を押さえて尚且つ混雑を避けたい!
2等が一番混む時間帯は先のとおり朝1番の始発便です。団体ツアーの方々は大体この時間で来ます。ピークを迎えると何と15~16団体は当たり前!(1つのツアー客が約25名から40名とすると・・・どきどきです)絶対混雑は避けたいという場合は季節と時間をずらせばうまく行く場合があります。動向としては7月から8月がピークのようなので、6月上旬の朝1番(6時半が通常です)以外を検討されると良いと思います。(あくまで動向なので保証するものではありません・・ご了承ください)
ferry-cypria-soya-second-room(こちらは2等椅子席。床に座るカーペット席もあります)

◆◆◆ハートランドフェリー◆◆◆
<運賃・料金>
※2016年1月時点で決定している2016年4月~6月の片道運賃です。燃油サーチャージによって変動があります
☆稚内~礼文島(香深港)
1等運賃(和室):3,990円(1等ラウンジ座席指定の場合プラス530円)  
 2等運賃    :2.260円
<お問い合わせ>
電話:(稚内営業所)0162-23-8010
営業時間:9時~17時30分(年中無休)

1-4.礼文島内の移動手段について

香深港からの移動手段をご紹介します。どの移動でも、フェリー到着前にお手洗いを済ませておきましょう(島内のトイレは限られます。意外と大切なことなんです。)
rebun-harvor-image1

★路線バス
路線バスは3方向に伸びていて、礼文島の北側に位置するスコトン、南部にあるキンバイの谷方面の知床、西に向かう元地があります。ただし本数が少ないので、よく調べてからでないと難しい場面も。上手に利用すればとても有効に使える利点もあります。※予約はできません

★レンタカー
時間を気にしないでドライブも楽しみたい方にオススメです。好きな場所を好きなだけ居れるのも魅力の1つです。

ただし、礼文島は島1週海沿いを走れる訳ではありません。どちらかと言うと縦断する形になります。宇遠内から元地の間は高波や落石の恐れがある為通行禁止にもなっています。

でも!南部の知床からスコトン岬まで要所をご自分のペースで回れる利点は大きいです。気になった場所に車を泊めて最高の1枚をパシャリ。が叶うのもレンタカーのいいところですよね!

※予約は必ずしておきましょう(シーズンはなるべく早く!)
rebun-nissan-rentacar
<情報>
※3時間約1万円(特別な地域の為、高いです) 要予約
・礼文観光レンタカー/電話:0163-86-1360(マイクロバスの送迎も可能)
・トヨタレンタカー /電話:0163-86-1117
・ニッポンレンタカー/電話:0163-89-6677

★定期観光バス
港前に待機していてフェリーから降りた後5分から10分で乗り込まなければいけないのが定期観光バスです。

フェリー下船後目の前にあるので、迷う事無くバスへ移動できるので、地理に自信がない方はオススメです。ただし団体行動なので、他の方と同じペースで時間制限のある行動になること、休憩場所でのトイレが混むことなどが欠点で挙げられます。

が!香深港発着で礼文島に来たらここだけは行っておきたいポイントをしっかり押さえた名所を巡る人気コースがあるのと、同じ目的で来られた旅の仲間と仲良くなれるステキな面もあるので利用して損はありません。
(※桃岩、スコトン岬などを巡るコースが人気ですよ☆)
※予約は必ずしておきましょう

<情報>
周遊観光バス(所要時間約3~4時間)
電話:宗谷バス(株)礼文営業所  0163-86-1020

★観光タクシー
観光タクシーは貸切で行きたい場所、もしくはオススメの場所へ連れて行ってくれるので、混むのはいや、運転もいやという方にオススメです。ご自分のペースで回れるのでとても楽です。ただし、台数がとても少ないのでリサーチしてみてくださいね。
rebun-sightseeing-taxi
<情報>
礼文ハイヤー 電話:0163-86-1320(香深)
小型1時間7,000円/ジャンボ(9名まで)1時間10,000円
石動ハイヤー 電話:0163-86-1148
※要予約:2ヶ月前から予約可能です
開成タクシー 電話:0163-87-3222

2.礼文島の観光スポット

rebun-flower-image
礼文島はシーズンになると島中が花で飾られるステキな島です。てっぱんスポットはモチロンのこと、意外と知られていない穴場までをご紹介したいと思います。

2-1.高山植物園

季節ごとに見事な高山植物が咲いている植物園です。30種類の高山植物が約2万株あり、季節順に咲き誇ります。ビジターセンターも併設されていて、高山植物についての資料を展示しているので、お花好きさんは必見ですよ。
rebun-suzuran-image
<情報>
住所:北海道礼文郡礼文町船泊村上泊
電話:0163-87-2941
時間:9時~16時30分(5月~8月は無休、9月は日曜休み)
料金:大人300円、小人150円(5月1~19日、9月は無料)
営業時間:5月上旬~9月下旬(期間中は無休)

2-2.スコトン岬

rebun-sukoton-cliff日本最北の有人島、礼文島のいちばん北にある岬(ちなみに日本最北端は稚内・宗谷岬)。無人島、海驢(とど)島を望むこの岬に立ち風に吹かれると、最果てまで来た!という何ともいえない感情があふれだすこと間違いなしです。

2-3.北のカナリアパークがあまりにも有名!

rebun-summer-image
2012年に吉永小百合さん主演の映画、「北のカナリアたち」で一躍有名になったロケ地がそのまま公園になりました。映画のロケで使用されたものを展示してあるので、映画を見た方も見てない方も解りやすく観光できます。

礼文島島の南、カナリアパークから望む景観(利尻島のランドパーク、利尻富士)はバツグンです。冬の顔と夏の顔が違う礼文島の景色を見ることができます。

2-4.元地海岸のメノウ原石と地蔵岩

rebun-motiji-sea
メノウとは、よく灰皿や置時計などにも使われている縞模様の石のこと。

仏教では七宝のひとつにもなっているようです。運が良ければメノウ原石を拾えることもあると言われている元地海岸のメノウ浜です。

rebun-jizo-iwa
海に面した場所には地蔵岩と呼ばれる奇岩もあります。両手を合わせているようにも見えるんですよ!立ち寄る価値ありです。

2-5.桃台猫台展望台

島の南部にある「桃台猫台展望台」は、不思議でかわいらしい形の2つの岩を望む名所です。
桃岩
こちらは桃岩。海底から出たマグマ等により形成されたという、くりっとした形が特徴的。

猫岩こちらは猫岩。猫が座っているような形のかわいらしい岩は展望台から遠い為、撮影する際は望遠レンズを用意することをおすすめします♪

2-6.澄海岬(すかいみさき)

澄海岬
誰もがこの場所の写真を見て「よし!礼文島へ行こう」と思う決め手の場所です。湾曲した断崖に囲まれた入り江と、晴天の時に見ることができる礼文島ブルーのコントラストで素晴らしい景観を望めます。

(ちょっと寄り道を・・・)

2-7.日食観測記念碑

昭和23年、戦後間もない頃に礼文島が世界に名を知らせる出来事が起こりました。

日米の科学者が金環日食の観測場所に礼文島を選んだのです。戦後、心も体も痛めていた日本にとってとても明るい話題にもなり、準備から観測まで日本人が一貫して携わったと言われています。

その偉業を讃える為に当初違う場所に記念碑が建てられていましたが、工事の障害になる不運もあり、平成15年に香深地区の厳島神社境内に移設。日食をイメージした新しい記念碑と共に雄大な利尻富士を毎日眺めています。

花もいいですが、最果ての地に日本が残した歴史を訪ねるのもいいですよね。

2-8.うにむき体験センター

rebun-unimuki-center
礼文島で食べ物と言えばやっぱりウニ!でも食べるだけじゃ物足りない方にオススメなのがこちら。

ウニむきセンターでは、実際にウニを剥く体験をすることができるんです。ウニの美味しさはトゲの中にある!美しいものにはトゲがあることを実際に体験してみましょう。剥いた後の黄金色に輝くウニを見ると美味しさが増しますよ!

ちなみに費用は1個500円。剥きたての極上のウニを食べられると思うと決して高くありません♪

<うにむき体験センター>
住所:礼文町大字香深村字キトウス
電話:0163-87-2506
営業:4~9月 9:00~17:00頃まで(事前にご確認ください)

2-9.うすゆきの湯

rebun-usuyuki-spa
礼文島きっての源泉かけ流し温泉があります。ジャグジーや貸切り風呂もある無色透明の温泉です。トレッキングで疲れた体を癒してほっこり温まりましょう。内湯、露天から見える利尻富士も圧巻です。

<礼文島温泉うすゆきの湯情報>
住所:礼文町香深村ベッシュ961-1
電話:0163-86-2345
時間:12時~22時まで
料金:600円

3.おすすめモデルコース

ドライブで礼文島を巡る、と言ってもどう走ればいいか意外と難しいものですよね。そこで無駄なく礼文島を縦断できるこんなコースはいかがでしょうか?

南部スタートで北部までの要所を立ち寄ります。

★香深港 ⇒ 北のカナリアパーク(9:00~なので時間に注意) ⇒ 高山植物園 ⇒ 澄海岬 ⇒ スコトン岬 ⇒ うすゆきの湯もしくは港近辺で食事
※途中余裕があれば、カナリアパークの後にメノウ原石が拾えるメノウ浜に立ち寄りもオススメです。
こちらの内容で、移動距離:約70km、移動時間:約1時間50分~2時間。観光の時間を含めると約3~4時間の行程です。

4.礼文島でトレッキング

礼文島のトレッキングコースは6つのルートがあります。桃岩展望台を取り入れたコースが最も親しまれています。今回は、礼文島に来たら押さえておきたいコースを3つご紹介したいと思います。

4-1.初心者の方も安心して楽しめる桃岩展望台コース

rebun-momoiwa
適度の高低差で植物を楽しめるコースになっています。主に有酸素運動でシェイプアップ効果も期待大です。花と緑に囲まれて快適にお散歩気分が味わえますよ。

4-2.要所を押さえた岬巡り

rebun-sukoton-cliffPhoto by (c)Tomo.Yun  http://www.yunphoto.net
スコトン岬からスタートして澄海岬経由で浜中へ行きます。
rebun-sukai-cliff2
ゴロタ岬に立ち寄れるは徒歩のみなので、美しい景観を観たい方は必見です。

4-3.ベテランさんも挑戦者さんも集まれ!8時間充実コース

スコトン岬からスタートして、礼文林道の分岐点までのロングコースです。海沿いや丘陵地帯などの地形を歩くことができます。
rebun-trail-course

5.礼文島で食べたいグルメ!

その1.食べずには帰れない「ウニ」

礼文島で食べるイチオシグルメはやっぱり「ウニ」ですよね。そこでウニ尽くしのどんぶりをご紹介します。
rebun-uni-don
礼文島の有名どころ!「酒壺のうに丼」を食べなくちゃ始まりません。

こちらのうに丼は通常サイズももちろんですが、何と「ジャンボうに丼」と食べ応えのあるボリュームを提供してくれます。さらにはうに1キロをそのまま乗せた「丼うに」も!(お値段は30,000円です)

おにぎりの上に乗ったうにが可愛らしい「うにぎり」も美味しいですよ。
<酒壺>
住所:礼文町香深会所前
電話:0163-86-1894
営業:4月下旬から9月までの11時~14時まで

その2.かなりイケる!「ホッケのちゃんちゃん焼き」

rebun-hokkePhoto by (c)Tomo.Yun  http://www.yunphoto.net
礼文島はウニだけ?いやいや、ウニだけじゃないんです。

意外と知られていないホッケのちゃんちゃん焼きとは、礼文島で水揚げされた肉厚ホッケに新鮮ネギを秘伝のタレを炉に乗せて焼いたものです。基本は尻尾から順番に混ぜ合わせて食べるんですが、さすがホッケちゃんちゃん焼発祥のお店だけあって激ウマです。ぜひお試しくださいね。
<炉ばたちどり>
住所:礼文町香深村香深
電話:0163-86-2130
営業:不定休(行く前は必ず確認をしましょう!)

   

6.礼文島に行くときに用意したいもの

礼文島は北海道より更に北の国。同じ日本でも気候が全く違います。
トレッキング目当てで行く方が多いので、多少の準備は必要です。そこで気温や服装、装備について簡単にまとめてみました!

6-1.気温について

気温はやはり北国。どれだけ寒いんだろう?

そうです、想像が付かない程夏も涼しいです。そこで東京と礼文島の1年の気温差をまとめました。
rebun-tempareture
こちらの図を見てわかる通り、東京と礼文島では、季節によっては10度も違います。

風が吹けば体感温度も変わるので寒く感じる日もあるはずです。行く季節によって上記の図を参考にしていただき、備えて頂けたらと思います。

6-2.服装について

rebun-cloth-image
夏もクーラーがいらない程涼しい礼文島ですが、トレッキングの場合は基本長そで、長ズボンがベターです。ジーパンなどではなく、伸び縮みする動きやすい服装で臨みましょう。

また、動いて暑い時に脱げるように長袖の下に半そでTシャツを肌着代わりに着るのもオススメですよ。

6-3.装備について

rebun-bag-image
装備は軽登山並の準備が欲しいところです。当然天候の変化によって雨も降りますので、急な雨に備えて雨合羽、タオルは必須です。靴は滑りにくいスニーカーや登山靴が望ましいです。高低差がある場所もストレスなく登れるようにしましょう。

あと意外と忘れがちなのが「水分」です。涼しいとはいえ一応「夏」です。しかも運動をしているので、こまめな休憩と水分補給が何より大切です。

rebun-green-image1(丘は日影がないので晴れた日は暑いです)

6-4.その他

その他礼文島がもっと楽しくなるアイテムが「礼文島専門の花本」です。

高山植物は礼文島でしか自生して咲かないものなど、珍しい植物が沢山あります。花本を片手に調べながらのトレッキングもまた楽しいんですよ。ちょっと大変!という方はカメラに気になる花を収めて、ご自宅に帰ってから調べる方法もモチロンありです。

rishirifuji-from-momoiwa(桃岩から望む利尻富士)

まとめ

礼文島はかしこく素早く回れば、半日程度での日帰りも可能ですが、せっかくなら1泊、またトレッキングや花好きの方なら2泊して制覇して欲しい場所です。なかなか来ることができない、季節限定だからこそ、普段の旅行よりも充実した時間を過ごしたいですよね。
この夏はぜひ礼文島で、お花畑や島の美しさをお楽しみください!

・一度は行きたい利尻島の見どころ完全版!【春~夏~秋版】
・日本最北端の街、稚内へ!観光で歴史と自然を楽しもう
・最北の地で、最高の朝カフェはいかが?稚内・朝カフェ西海岸909のススメ♪

↓↓北海道へ行きたくなった方はこちらもどうぞ↓↓ しろくまツアーバナー ↓↓北海道を楽しむ現地体験ツアーがいっぱい↓↓ bannar_hkd
Pocket

Comments

  1. 渡辺敏昭 says:

    突然すみません。
    礼文島を素適に紹介していただいてありがとうございます。
    貴サイトの礼文島紹介ページの「2-6.日食観測記念碑」の写真が間違えています。
    是非確かなものに差し替えていただきたく、よろしくお願いいたします。

    • ご指摘誠にありがとうございました!
      確認したところ、確かに誤っておりましたので、削除させていただきました。
      正しい写真につきましては、別途確保するようにいたしまして、後日更新させていただきます。
      今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Speak Your Mind

*

Copyright 北海道ラボ All rights reserved.