MENU
SEARCH

小樽で行きたいおすすめ市場5選!北海道の海の幸がいっぱい!

エリア
小樽・ルスツ・ニセコ
投稿日
最終更新日:2019年7月17日

 

2.観光に便利な駅そば市場ならこちら!【三角市場】

次にご紹介するのは、小樽駅からすぐ近くにあり、JRでのアクセスが一番良い市場の「三角市場」です。

三角市場の外観【三角市場の外観】はこんな感じ。小樽駅に近い入り口が左側、その逆の入り口が右側です。見たとおり入り口は狭いのですが、小樽駅から来ると歩いた先に出てきますので、迷うことはありません。
「ズバリ安い!!」というのが力強いですね。また、右の写真、「三角」の数字が取れて「二」になっちゃってますが、まあ、ご愛嬌ということで。。

三角市場の中【三角市場の中】はこんな感じ。横幅2メートル程度の細い坂になっている細長い通路を挟んで両側にお店がならぶ、「うなぎの寝床」的なつくりの、全長約200メートル程度の市場です。小樽市内の他の市場とは異なり、毎日営業しているので安心ですね。

三角市場のイメージ
こちらの「三角市場」、場所が小樽駅近くで、観光客が比較的多い市場ということもあり、左右のお店の人が楽しく呼び込みするのも、「市場に来た感」をそそります♪
かにやうに、ほたて、お魚もろものなどの海産物、野菜、くだもの、日用品などのお店のほか、食堂も3軒程度あり、海鮮丼などを食べることができます。

ちなみに、北海道に来たなら、やっぱり食べたいのが【海鮮丼】!
三角市場の中にある「味処たけだ」。今回は立ち寄れませんでしたが、お店の入り口にあるメニューに、たくさんの海鮮丼がならんでました♪
お店のホームページの海鮮丼メニューがこちらです(味処たけだホームページより転記)。
味処たけだの海鮮丼

【営業情報】
三角市場 営業時間 07:00~17:00 定休日:無休
住所:小樽市稲穂3丁目10-16 TEL:0134-22-5488
駐車場:なし 近隣のパーキングに駐車
三角市場ホームページ:http://otaru-sankaku.com/

3.こじんまりと地元の雰囲気を味わえる度No.1ならこちら!【手宮市場】

さて次は、先に紹介した観光客が多い三角市場とはうってかわって、昔ながらの住宅地に建ち、地元の方に愛される落ち着いた雰囲気の市場、「手宮(てみや)市場」をご紹介します。

temiya-market-gaikan【手宮市場の外観】小樽の市場で一番古い歴史を持つ、大正6年に開設。建物は平成6年に新しくなったため古い面影は残っていませんが、昔ながらの雰囲気を感じることができます。
(写真左下)のかわいい看板が目印です。

手宮市場の中【手宮市場の中】はこんな感じ。真ん中の通路を挟んで左右にお店が約10軒。海産物はもちろんですが、乾物や日用品、おいしい小樽のかまぼこなど地元のお惣菜も買うことができます。また市場を出てすぐに
野菜・くだもの屋もありました(写真右下)。

手宮市場のイメージ

こちらは訪問したのは朝10時ごろ、近所のおっちゃんやおじいちゃんといった、地元の方が約8割、といった感じ。のんびりとした市場の風景、という雰囲気でした。

なお、手宮市場の情報については、手宮市場にお店をもつ「カネシン新保商店」さんのページが詳しいです。
http://otaru-shinbo.com/temiya_market/

※手宮市場は2018年3月31日をもって、営業を終了しました。

【営業情報】
手宮市場 営業時間 10:00~18:00 定休日:日曜日
住所:小樽市錦町9-3  TEL:0134-34-2588
駐車場:なし (周辺にちょっとだけ駐車して買い物をされているようです)




次のページ 4.車でのアクセスのよさ&お店の数No.1ならこちら!【新南樽市場】

こちらの関連記事もどうぞ

  • さらさらパウダーに感動!ニセコビレッジスキーリゾートを選びたい理由
  • 港町、小樽の春を楽しみたい!おすすめの見どころ&イベント
  • 北海道と本州を結ぶフェリー航路(小樽・函館・室蘭編)
  • 立ち食い寿司で楽しい時間♪小樽 伊勢鮨駅中店に行ってきました!
  • キャットツアー大盛況!ニセコいわない国際スキー場の後は高島旅館へ♬
  • ドライブついでに立ち寄りたい!ニセコ周辺人気グルメスポット6選
  • 札幌からニセコへドライブ!見どころ&グルメポイント教えます♪
  • 地元ライターがそっとオススメする、札幌&小樽の隠れたスイーツの名店5選

姉妹サイトのご紹介(よかったら見てね)

沖縄の旅が100倍楽しくなる旅行サイト 九州の旅が100倍楽しくなる旅行サイト